「靴」「クラブ」「枯葉」「携帯電話」の中でルール違反はどれ!? ボールマーカーは何をどう置くのが正しい?

グリーンオンしたら、たいていの人がマークしてボールを拾い上げますが、あまり深く考えず何気なく行っている場合が多いのでは? ルール上、ボールマーカーにはどのような規定があるのでしょうか。

マーカーが地面から離れなければ回転は可能

 先週開催のPGAツアー競技「バルスパー選手権」で、2日目までトップタイに位置したケヴィン・ストリールマン(45歳、ツアー通算2勝)。間もなくシニアツアー入りする大ベテランの健闘にメディアは注目。そのなかで彼が使用するちょっとユニークなボールマーカーにもスポットライトが当てられました。

コインやコイン状の物以外も実はボールマーカーとして使うことができる 写真:AC
コインやコイン状の物以外も実はボールマーカーとして使うことができる 写真:AC

 ストリールマンが、好調だったパッティングの一因と明かしたボールマーカー。形状はゴルフ場の備品のボールマーカーのように、裏に鋲(スパイク)が付いています。ただし、金属製でポーカーチップほどの大きさ。表面にはアライメントで利用する直線のラインが引かれており、裏面のスパイクの長さは1インチ(約2.5センチ)もあって、地中深くに刺さる構造になっています。 

 ストリールマンはこのスパイクを最後まで押し込まず、やや浮かせた状態でマーク。そして、拾い上げたボールをリプレースする前に、そのアライメントラインをパッティングのラインに合わせます(スパイクを軸に回転させる)。こうすることで、彼はボールのアライメントをスムーズに行えるというのです(ボールマーカーのアライメントラインに、ボールのアライメントラインを合わせているようです)。

 同じプロセスを通常のボールマーカーで行う場合は、マーカーをグリーンから離す=動かすことになりますから、そのときは先にボールをリプレースしなければなりません。

 ストリールマンのボールマーカーはスパイクで位置が固定されていますから、無罰で回転することができるのです。ルールに反していないことは、全米ゴルフ協会(USGA)に確認済みとのことです。今後、このボールマーカーに興味を示すプレーヤーは現れるのでしょうか。ちょっと注目です。

ボールマーカーの定義は「人工物」 大きさは明示されていない

 ところで、ルール上、ボールマーカーにはどのような規定があるのでしょう。

 まず、ルールブックの「定義」には「拾い上げる球の箇所をマークするために使用する人工物(例えば、ティー、コイン、ボールマーカーとして作られた物や別の小さい用具)」とだけ書かれています。

 つまり、ボールマーカーの要件は「マークに使う人工物」ということ。その後に「例えば」と挙げられるのは例示であり、規定ではありません。

 ですから、USGAがSNSなどにリリースするルール動画では、自然物の枯葉でマークすることはできませんが、プレーヤーが脱いだシューズや帽子、グローブ、携帯電話、タオルといった「用具」もボールマーカーとして使用できると紹介されています。

 実際に、1970年代を中心に欧州ツアー(現・DPワールドツアー)で通算9勝を挙げたブライアン・バーンズには、缶ビールを飲みながらラウンドしたときに、その缶をボールマーカーとして使ったというエピソードがあります。

 ただし、こうした大きなモノは、ボールをリプレースする際に、正確に元の位置に戻すことが難しくなるので、USGAは推奨しないと語られています。例えば、グローブの親指の先でマークしたのに、リプレースは人差し指の先に行った、といったミスが起きがちというのです。

 もちろん、こうしたモノは同伴プレーヤーの目障りになるといった、マナー上からも勧められません。

 また、ルールブックでは「マーク」は次のように「定義」されています。

「次のいずれかの方法によって止まっている球の箇所を示すこと。
・ボールマーカーを球の直後、または球のすぐ近くに置くこと。
・クラブを球の直後、または球のすぐ近くの地面の上に留めておくこと」

 ですから、例えばパッティングのアドレス後、ボールの汚れが気になったときはボールマーカーを使わず、パターのヘッドの先をボールのすぐ脇にセットし、固定しながらボールを拾い上げてさっと拭くことも可能なのです。

 なお、先に挙げたシューズですが、脱げばボールマーカーになりますが、履いたまま、ツマ先をボールの位置に合わせて「マーク」とすることはできません。

【動画】欲しい! これが米ツアーで話題のストリールマン“オリジナルマーカー”現物と使い方です

【図解】後方線上ドロップの正しい処置と2023年ルール改訂3つの変更点をおさらい

画像ギャラリー

球がレッドペナルティーエリアにあることが分かっているか、事実上確実で、プレー ヤーが救済を受けたい場合、プレーヤーには3つの選択肢がある。それぞれ1罰打で、 プレーヤーは次のことができる。 (1)直前のストロークを行った場所に基づき救済エリアから球をプレーすることによっ てストロークと距離の救済を受ける。 (2)ホールとX点を結んだ後方線上のペナルティーエリアの外に球をドロップすること によって後方線上の救済を受ける。 (3)ラテラル救済を受ける(レッドペナルティーエリアに限る)。救済を受けるための基点 はX点で、球は2クラブレングスでX点よりホールに近づかない救済エリアの中にド ロップし、その中からプレーしなければならない。(ゴルフ規則 17.1dより抜粋)
1.後方線上の救済は「線の上」にドロップしなければならなくなった
2.救済後、風でボールが再び池に入ったら「無罰でリプレース」
3.間違ってインプレーでない球をリプレースしてパットした「2罰打→1罰打」
コインやコイン状の物以外も実はボールマーカーとして使うことができる 写真:AC
1 2 3 4 5

最新記事