ゴルフコースの意外な活用法! ゴルフ場で“ラウンドせずに練習だけ”はアリ?

ゴルフコースには、ラウンドに来た人が使用できる練習場が併設されていることが多いです。この練習場は、ラウンドせずに練習だけをすることは可能なのでしょうか。

ゴルフコースのメンバーであれば利用できることがある

 ゴルフコースにはクラブハウスの近くに練習場が併設されていることが多く、ラウンド前のウォーミングアップやプレー後の反省練習に利用できます。

ゴルフコースに併設された練習場は広くて気持ちが良い場所もある 写真:JGTOimages
ゴルフコースに併設された練習場は広くて気持ちが良い場所もある 写真:JGTOimages

 もし、自宅近くにゴルフコースがある場合、「プレーはしないけど、広い練習場でボールを打ちたい」と考える人もいるでしょう。実際はゴルフコースの練習場だけを利用することが可能なのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「ゴルフ場それぞれの運営スタイルによって変わってくるとは思いますが、メンバーシップ制度の強いコースでは会員特典の一種として、ラウンドを行わずに練習場の利用だけを許可しているケースがよくあります。ですので、そのゴルフ場のメンバーであれば、『前回プレーした時に少し不調だったのでおさらいをしたい』『新しいクラブを買ったから試し打ちをしたい』といった理由で気軽に立ち寄り、ついでに昼食を取って帰るといった過ごし方をする人もいるでしょう。メンバーならではのゴルフ場の楽しみ方の一つだと言えます」

 では、メンバーに入っていないコースでは、練習場のみを利用することができないのでしょうか。

「会員資格を持っていないビジターの場合は、練習場のみの利用を認めていないところがほとんどです。メンバー同伴であればビジターの練習場利用が可能なケースもありますが、ビジターとワイワイしながら練習をしていると、他の人から奇異な目で見られる可能性が高いです。周りに迷惑をかけないようにするためにも、エチケットやマナーとしてビジターを招き入れて利用するのは控えた方が良いでしょう」

 多くのゴルフコースでは、クラブハウスを通り抜けた先に練習場があります。外部から来た人が自由にクラブハウス内を行き来するとセキュリティ面が緩くなってしまうため、ビジターの練習場利用を受け入れていないコースが多いようです。

一般開放を行うゴルフコースもある

 ビジター利用に厳しいコースが多い一方で、飯島氏は、一部のゴルフ場では積極的にラウンドを行わない人にも練習場を提供していると話します。

「大型の練習場を併設したゴルフ場が見られますが、そういったところでは一般の人の利用も受けていることがあります。ラウンドをしに来た人は、チェックインからティーオフまでのわずかな時間しか練習場を利用せず、一度プレーを始めたらほぼ使われなくなります。設備の規模によっては、それだとコストと釣り合わなくなってしまうのです。そこで、せっかく大きな練習場を作ったのだから、ラウンド目的でない人も利用できるようにしようと、専用の受付カウンターなどを設置して、一般開放を行うゴルフ場も出ています」

 では、ゴルフコースの練習場のみを利用した際にかかる料金はどれくらいなのでしょう。飯島氏は以下のように話します。

「メンバー限定で練習場を開放しているゴルフ場では、無料で利用できるところもあります。一方で、一般開放を実施しているゴルフ場では、その地域にある他の練習場と比較して、おおよそ相場通りと考える価格に設定されますので、ゴルフ場の一部だからといって特段に高額というわけでもありません。アプローチ練習場や練習グリーンを利用できる場合は、『1日500円』といった値段設定がされていることもあります」

 いわゆる「打ちっぱなし」の練習場では、あえてボールが飛びにくい設計のレンジボールが使用されることがほとんどです。一方で、ゴルフコースの練習場ではコースボールを使っているケースもありますので、より実戦に近い感触を得ながら、練習できるのもメリットだと言えるでしょう。ゴルフコースだからこその本格的な設備がそろった環境で練習できれば、より効率的に上達できるかもしれません。

【写真】プレー後にも行きたくなる!? 魅力的なゴルフ場の練習施設

画像ギャラリー

ドライビングレンジの打席 写真:ザ・インペルアルCC
ゆったりとしたフェアウェイ、ティーグラウンドからグリーンやハザードが見渡せるレイアウトが特徴 写真:ザ・インペルアルCC
大相模ゴルフスポーツガーデンのドライビングレンジ。全長300ヤード! 写真:大相模ゴルフスポーツガーデン
東・中・西の3コースを有する大相模カントリークラブ 写真:大相模CC
高いアゴの練習にもなるバンカーがあるアプローチ練習場 写真:富士市原GC
チャレンジ精神を刺激する、ロバート・トレント・ジョーンズ設計のコース 写真:富士市原GC
ドライビングレンジとショートゲームエリア(手前)。本コースのようにメンテナンスが行き届いており、広くて開放感抜群 写真:ザ・インペルアルCC
大相模ゴルフスポーツガーデンのアプローチ練習場。のどかな雰囲気と景色も魅力的 写真:大相模ゴルフスポーツガーデン
「フラットで距離感を養いやすい」と評判のドライビングレンジ 写真:富士市原GC
ゴルフコースに併設された練習場は広くて気持ちが良い場所もある 写真:JGTOimages
両サイドにいくつものマウンドが連なるPGMマリアGLの9番ホール 写真:ゴルフ場提供
日本庭園を思わせるPGMマリアGLの18番ホールの白砂バンカー 写真:ゴルフ場提供
南国情緒を醸すPGMマリアGLのクラブハウス外観。最寄りの圏央道・木更津東ICから約5kmとアクセスも便利 写真:ゴルフ場提供
PGMマリアGLでは『大人のリゾートハウス』をテーマに、華やかさと落ち着きを兼ね備えたロビーがゴルファーを迎える 写真:ゴルフ場提供
超ロングバンカーが強烈な存在感を示す新・西山荘CCの6番ホール 写真:ゴルフ場提供
常連のプレーヤーが「火星のよう」と表現する新・西山荘CC13番ホール。難易度も他の星レベル!? 写真:ゴルフ場提供
コースだけでなく、クラブハウスも個性的な新・西山荘CC 写真:ゴルフ場提供
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
三角屋根が特徴のピートダイGCロイヤルCのクラブハウス。コースは栃木県の北西部に位置する 写真:ゴルフ場提供
設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
新・西山荘CC17番ホールの浮島グリーン。スリリングな興奮を味わおう 写真:ゴルフ場提供
ピートダイGCロイヤルC8番の浮島グリーン。コースは、ピート・ダイの設計理念がギュッと凝縮された造りになっている 写真:ゴルフ場提供
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
スマホ完全禁止のマスターズでは、外部と連絡をとる手段は公衆電話のみ
「禁止されている品目」として、大きく注意喚起されている
電子機器(携帯電話、ノートパソコン、タブレット、ポケットベル等)、ラジオ、テレビや音楽再生機器、旗、横断幕等、カメラ(静止画を個人的に使用するだけなら練習日は撮影可能)、足先の尖ったイス、折り畳みのひじ掛けイス、折り畳みでないイス、ベビーカー
飲食物、メタルスパイクシューズ、はしご、潜望鏡、セルフィー・スティック、約25センチ×25センチ×30センチ以上のリュックやバッグ

最新記事