歩くだけでもクッタクタ! ギネスも認定の世界最長コースは何ヤード?

世界一距離の長いコースは、どのくらいの距離か知ってますか? ギネスにも認定されているゴルフコースは思わずため息が出るほどです。

世界一距離の長いゴルフコースは8548ヤード

 ラウンドするゴルフ場を選ぶとき、総ヤーデージは気にしていますか?

 日本のゴルフ場の平均は全長6700ヤード程度。1ラウンドすると6km強を100回ほどスイングしながら歩くわけなので、ゴルフが健康づくりに向いているというのもうなずけます。

日本一のモンスターコース「ザ・ロイヤルゴルフクラブ」(茨城・鉾田市) 写真:ザ・ロイヤルゴルフクラブ

 ギネス記録に認定されている世界最長のゴルフコースは、中国の麗江にあるJADE DRAGON SNOW MOUNTAIN GOLF CLUB。国土の広さもあってゴルフ場の規模も飛び抜けており、総ヤーデージは8548ヤードです。

 日本の平均より1800ヤード以上長いにもかかわらず、パーは72。最長ホールは18番の711ヤード(パー5)で、グリーンにオンするまでに何打かかることやらと、ため息の出るような超ロングホールも有しています。しかも、コースがある場所は標高3000mを超えているので、1ラウンドすれば息が上がってしまうかもしれません。

 しかし世界的に見てこのゴルフ場だけが常識外れな距離というわけでもありません。

 たとえば、松山英樹選手が優勝したマスターズが開催されるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(米ジョージア州)は、全長7445ヤード。全米オープンや全米プロ、全英オープンなど海外メジャーの開催コースも、軒並み7000ヤードを超えています。

705ヤードを誇るザ・ロイヤルGCの16番(パー5) 写真:ザ・ロイヤルゴルフクラブ

 2017年には、8000ヤードを超えるコースが日本にも誕生しました。2018年と2019年に国内男子ツアーのミズノオープンが開催されたザ・ロイヤルゴルフクラブ(茨城県鉾田市)は、全長8143ヤードで日本最長。最も長いホールは、705ヤードの16番(パー5)です。

 ぜひ一度、世界基準のモンスターコースでラウンドしてみてはいかがでしょうか。

【写真】パー3で271ヤード!グリーン手前には美しいビーチバンカーを構えるザ・ロイヤルGCの17番

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/ザ・ロイヤルGCビューティ(トップページ用)_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/ザ・ロイヤルGC全景_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/ザ・ロイヤルGC16番_resize-150x150.jpg

最新記事