3パットを激減させる ラウンド前パッティング練習法

スコアメークにおける一番の敵「3パット」。その原因は様々ありますが、アマチュアゴルファーの多くは「距離感の悪さ」が起因していることがほとんど。どんなにショットがよくても、パッティングが悪ければいいスコアは絶対に出せません。そこで、ラウンド前のパッティンググリーンで簡単にできる「距離感の作り方」を紹介します。

パッティングの基準作りが3パットを激減させる

 みなさんこんにちは、ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。100切りを目指しているゴルファーの弱点の一つがパッティングです。

 1ラウンドで40パット以上している人も多いのではないでしょうか。せっかくグリーンに乗っても、そこから3パット以上してはもったいないし、スコアメークできるはずがありません。

ラウンド前のパッティング練習がスコアメークでは重要になる

パット数が多くなってしまうことの原因の一つは距離感。ファーストパットの距離感が合わず、次のパットも入らないというパターンが多いのではないでしょうか。距離感さえ合っていれば、3パットは簡単に減らすことができるはずです。しかし、グリーンには傾斜があり、コースによってスピードも異なるため、なかなか距離感を合わせられないのです。

 そこで、朝の練習グリーンでできる、距離感を合わせる練習方法を紹介します。

 距離感が合わない人は、パッティングの基準を作りましょう。練習前に必ず歩測をして、パッティングの距離を把握することが大事です。そして、距離に対して自分の振り幅の基準を作るようにします。

きちんと歩測をして、転がる距離を把握することが大事

 基準の作り方ですが、練習グリーンのなるべく平らな場所を探し、何球かパッティングします。毎ストローク、同じスタンス幅とボールの位置にアドレスすることが大切です。

 まず、パターヘッドが右ツマ先に来るまでテークバックをしてボールを打ちます。フォローはテークバックと同じ大きさ、振り子のようなイメージでストロークしましょう。

 その打ち方で転がる距離をチェックします。歩測してみて、例えば5歩ぶんボールが転がれば、それが基準の距離感になります。

 何球か打ってみて、同じところまでボールが転がるかチェックしてください。もし距離がバラバラになるようであれば、振り幅が毎回違っている可能性があります。もしくはテンポが毎回違うか、インパクトでパンチが入ってしまっている可能性もあります。

 ストロークをチェックしながら、3球打ってもほぼ同じところで止まるようになるようにしましょう。

テークバックの上げる位置を決め、転がった距離をその日の基準にする

基準の距離感は3パターン作っておく

 基準の距離感ができたら、何パターンか振り幅を変えて、転がる距離をチェックしておくとよいと思います。テークバックを右足の内側までにしたときに何歩ぶん転がるか。右足の外側に靴一足ぶんテークバックしたらどれぐらい転がるかなどです。

 最低でも3パターンの基準を作っておくことをオススメします。

 ラウンドでは状況によってその基準を応用します。

 例えば、上りのパットで距離が5歩ぶんであれば、テークバックは右足のツマ先よりも少し大きくしなければいけないので、右足の外側くらいまでにする、といった感じです。こうすることで、大きな距離感のミスはなくなると思います。

大きめの振り幅など、3つの距離の基準をラウンド前に作っておく

同じテンポで打つことで距離の基準が活きてくる

 振り幅と同じぐらい大切なことはストロークのテンポです。毎回テンポが違うと、振り幅で距離感を合わせるのが難しくなります。

 テンポが一定にならない人は、頭の中で「イチ・ニ」とカウントしながら打つのもオススメします。普段の練習から、短い距離も長い距離でも同じテンポで打てるように練習しておきましょう。

 コースではパットの前に必ず歩測をして、どのくらいの振り幅がいいのか素振りをしてから打ちましょう。1~2メートルのパットでは必要ないかもしれませんが、それ以上のときは必ず歩測をしてから打ちましょう。

 そのときに注意したいのが、スロープレーにならないことです。歩測では他のプレーヤーのラインを踏んだり、ストロークの邪魔になったりしないように気をつけてください。自分の番になったときに、あわてて歩測をしてラインを読んで、なんてことにならないようにします。

 この基本の距離感の確認はラウンド前には必ずやるようにしましょう。

 コースによってグリーンの速さが違うので、同じように打っても歩測してみると1~2歩違うこともあります。その日のグリーンに合った距離感を確認しておくことが大事です。これをやっておけば確実に3パットは減ってくると思います。ぜひ試してみてください。

最新記事