朝イチのドライバーを成功させる“首”の動かし方とは

「朝イチのドライバーショット」はどんなレベルのゴルファーでも緊張する一打。しかも、その成否が一日のラウンドに大きな影響を与えることも多いです。そこで、朝イチのドライバーショットで失敗しない方法をツアープロコーチ・大西翔太に聞きました。

アドレスで“キリンの首”をイメージしよう

 朝イチのティショットを失敗する原因は圧倒的に“リキみ”にあります。後続の組に見られているという意識や、いいスタートを切りたいという気持ちが緊張感を生み、それがリキみにつながるようです。

 多くの人はリキむと下半身よりも上半身に力が入ります。その状態からテークバックに移ると、手元と体の同調がなくなり、手だけでクラブを上げがちです。しかも、ダウンスイングでは上半身が目標方向に突っ込むので、まともにボールをヒットできません。

 インパクトでフェースが開いていればスライスが出るし、それを嫌がって無理に手首を返すとチーピンが出るのが一般的ですが、ダフリやチョロといったミスもすべてリキみが原因だと考えましょう。

 リキまないように構えるためには、アドレスに入る前に深呼吸を繰り返したり、畑岡奈紗プロのようにその場でジャンプすることがお勧めです。そうすることで、上がっていた重心が下がり、上半身をリラックスして構えることができるからです。

アドレスではキリンのように首を長くすることをイメージする

 それでもリキむという人は、キリンの首をイメージしましょう。上半身に力が入る人は、両肩が上がり、カメのように首がすくんだ形になっています。両肩を下げると、自然に首は長くなります。同時に、重心が下がり、リラックスできるので、スムーズにバックスイングに移れます。

 上半身がリキんでいなければ、手元と体が同調するので、手だけでクラブを上げることがなくなり、バックスイングでは胸が目標の反対を向くようにしっかりと捻転できます。それがダウンスイングに移るときの間を作り、インパクトのタイミングも合うので、ナイスショットにつながります。

両肩を下げて首を長くして構えると、バックスイングでは上半身を十分に捻転できる

両足の股関節にクラブを当てて上半身を曲げると背骨は真っすぐになる

 朝イチドライバーショットを成功させるためにも、ラウンド前の練習は必ず行いましょう。最低でも10球はドライバーでボールを打ち、その日の球筋が右に曲がりやすいのか、左に曲がりやすいのかを把握します。

 右に曲がる球が多ければ、スタートホールではフェアウェイの左サイドを目標とし、左に曲がる球が多ければ、フェアウェイの右サイドを目標にします。無理に真っすぐ飛ばす必要はありません。結果的に、フェアウェイにボールを落とすことができればよしとしましょう。

 また、ラウンド前の練習では、上半身の前傾角度が変わらないように意識しながらボールを打つことをお勧めします。そのためには背骨が前後左右に傾かないように気をつけましょう。背骨にクラブを当て、それを中心に体を回すと背骨が傾きにくくなります。

背骨にクラブを当て、それを中心に体を回転すると前傾姿勢が崩れにくくなる

 基本的に背骨は真っすぐな状態にしておくことを心がけて下さい。年配の方は背骨が丸まりやすく、逆に若い世代は背骨が反ることが多く見受けられます。背骨を真っすぐにするコツとしては、股関節にクラブを当て、そこから上半身を曲げることです。

 背骨が曲がったままスイングすると、バックスイングで上体が沈み込んだり、ダウンスイングで上体が起き上がったりします。どちらもミート率が低下する原因となるので気をつけましょう。ラウンド前の練習から背骨を真っすぐにする意識付けをしておくと、ラウンド中もその状態をキープしやすくなります。あとは、本番でボールを打つ前に、何度か股関節から上体を曲げる動きを何回か繰り返しておきましょう。

股関節にクラブを当ててから前傾すると、背骨が真っすぐになる

大西翔太(おおにし・しょうた)

1992年6月20日、千葉県生まれ。
名門・水城高校ゴルフ部で活躍後、ティーチングの道へ進む。現在は、青木瀬令奈、渋澤莉絵留のツアープロコーチとして活躍。今季の宮里藍サントリーレディスオープンでは、青木のキャディを務めながら、彼女のツアー2勝目をサポートした。分かりやすいレッスンはアベレージゴルファーにも好評で、雑誌や書籍、映像メディアでも活躍。国内女子ツアーで活躍する大西葵は実の妹。弟の海翔は船橋カントリー倶楽部で研修生としてプロを目指している。

「朝イチドライバー」を成功させるためのすべてのテクニックを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1638-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1642-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1644-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1650-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1671-2-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1682-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1683-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1684-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSC_1704-2-150x150.jpg

最新記事