「目にあまる時は注意すべき?」 ゴルフルールのベストな伝え方とは

ゴルフの腕前だけではなく、ゴルフを社交として活用したいゴルファーのためのコミュニケーションスキルを、ベストスコア81の銀座のママ・かずこが伝授いたします。

その場では厳密に適用しなくても本当の処置を教えてあげる

 ゴルフの腕前を磨くスクールはありますが、ここはさまざまな人とハッピーなゴルフをするためのコミュニケーション術を磨くところ。夜の人間交差点「銀座」で生き抜いたわたくし、かずこが伝授いたします。

ティーイングエリアの範囲も意外と正確には知らなかったりします 写真:AC
ティーイングエリアの範囲も意外と正確には知らなかったりします 写真:AC

 最近、「ゴルフ人口は増えたけど、ルールを知らない人が多い」なんて話をよく聞きます。

 確かに、ビギナーに限らず、ゴルフはそこそこの腕前なのに、最低限のルールさえ知らない人は残念ながら少なくないと感じます。

 改めて言うほどのことでもないけれど、審判のいないゴルフはプレーヤーひとりひとりの良心で成り立つスポーツです。「一緒にプレーをする人のためにも、ルールをきちんと覚えなさい」。私はこれからゴルフを始める人には、まず、このことをアドバイスするようにしているの。

 また、「この人、ルールを知らないんだな」という同伴者がいた時は、できるだけその都度教えてあげることにしているわ。

 例えば、ビギナーの人にとってはどう見ても大叩きしそうな場面で、進行上「打ちやすい場所に出していいよ」と言うこともあるけれど、後できちんと正確な処置の仕方も教えてあげる。

 本当のことを知らないままでは、いつまでたってもビギナーを脱せませんからね。

 ただし、ラウンド中は言い方には注意を払います。

 例を挙げると、ティーショットで、いつも少し“デベソ”してしまう人の場合。

「出てますよ」「また出てますよ」などとぶっきらぼうに上から目線で注意すると、その他の同伴者を「ホントに欲張りだな」「せこいやつだな」という否定的な気持ちに導いてしまいがち。

 言われた本人も、自分が悪いとはいえ人前で指摘されれば面白くないでしょう。気まずい空気が流れ、なんとなくその日1日、全員のゴルフが楽しくなくなってしまうかも。

 私ならこんなとき「ティーマークより前で打つと、誤所からのプレーとしてペナルティーになってしまうので、ティーマークより少し後ろ側に置くように意識するといいかもしれませんね」などと、ルール目線で注意するようにしています。

 正当な理由で柔らかく言われると、怒られたという気分にはならず、素直に「ありがとう」という気持ちになると思うんです。

ルールは面倒なばかりじゃなく自分を助けてくれるもの

【写真】バンカーのならし方、レーキの置き方、きちんと初心者に教えられる?

画像ギャラリー

レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
ティーイングエリアの範囲も意外と正確には知らなかったりします 写真:AC
カート道からの救済は初心者が迷う処置の1つ 写真:AC
1 2

最新記事