パターのラインを合わせやすい飛距離重視系がワン・ツー 2023年9月売れ筋高価格帯ボールベスト5 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

パターのラインを合わせやすい飛距離重視系がワン・ツー 2023年9月売れ筋高価格帯ボールベスト5

今、巷ではどんなアイテムが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今回は2023年9月の高価格帯(3000円以上)ボール売れ筋ランキングです。

有賀園ゴルフで2023年9月に売れた高価格帯ボールベスト5

 今、売れている1ダース3000円以上の高価格帯ボールはどのモデルなのか徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

第1位 ツアーレスポンス ストライプ ボール(テーラーメイド ゴルフ)

ツアーレスポンス ストライプ ボール(テーラーメイド ゴルフ)
ツアーレスポンス ストライプ ボール(テーラーメイド ゴルフ)

 浅いディンプルが最高到達点までのボールの減速が緩やかにし、軽く振ってもしっかり飛ばせる飛距離性能とグリーン周りのスピン性能を向上。グリーン上で視覚的にゴルファーをサポートし、ストローク精度の向上に貢献するストライプデザインが特徴です。2022年4月22日、2023年9月22日(新色)発売。ソフトツアーキャストウレタン 3ピース。オープン価格(実勢価格:5940円、税込み)

パッティングのラインが合わせやすいと評判

 ストライプの名のとおり、ラインが特徴のボールです。パッティングのラインが合わせやすいと評判になっています。

「あの線のやつ、ないの? テーラーメイドの」と購入に来られるお客様も多いですね。

 9月に4色1セットのマルチカラーと、ブルーピンクが追加で発売になり、これらが売り上げを牽引しています。プレゼント用に購入される人も多いですよ。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

⇒ 有賀園ゴルフで「ツアーレスポンス ストライプ ボール」を見る!

第2位 E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)

E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)
E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)

 ソフトでありながら反発力も非常に大きく、飛距離性能を大幅にアップ。グリーン周りのアプローチでは、大きなスピン量でボールをピタリと止めてくれます。3本のライン「トリプル・トラックテクノロジー」搭載で、グリーン上でのパフォーマンスも高めます。2023年2月10日発売。ハイブリッド カバー ウレタンコーティング 3ピース。オープン価格(実勢価格:6380円、税込み)

高い飛距離性能に加え3本線のトリプルトラックが人気を牽引

 ディスタンス系ボールで飛ぶという声も多いのですが、1位のストライプと同様に、パッティングでラインを合わせやすい「トリプルトラック」という三本線が入っていることも人気を牽引していると感じます。

 また、グリーン周りのアプローチではスピンが入るので、球を止めやすいという声もあり、進化した飛び系ボールという印象です。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

⇒ 有賀園ゴルフで「キャロウェイ E・R・C ソフト」を見る!

第3位 タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)

タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)
タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)

 コア内部から外側に向かって剛性を高めた新開発のコアと、弾力性が高く剛性に優れたケース層が、速いボール初速を生み出しバックスピン量を低減。ロングゲームでは飛距離性能を。グリーン周りではよりソフトな打感で、優れたスピンコントロール性能を発揮します。2023年2月3日発売。ウレタン・エラストマー・カバー3ピース。オープン価格(実勢価格:7150円、税込み)

柔らかな打感と高いスピン性能を求める人に愛され続けています

 トップ3の中では唯一のスピン系ボールですね。

 V1を使っている人は、ずっと使い続けているという印象ですが、「プロV1X」とどちらにしようか悩む方もそれなりに多く、少し硬めでしっかりした打感を求める人は「V1X」。

 とにかくソフトな打感を求める人は「V1」と、それぞれのフィーリングを重視して選ぶケースが目立ちます。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

⇒ 有賀園ゴルフで「タイトリストプロV1」を見る!を見る!

第4位 タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)

タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)
タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)

 インナーコアをより大きく進化させ、内部から外側に向かって剛性を高めた新開発のハイグラディエントコアと、弾力性が高く剛性に優れたケース層が、速いボール初速を生み出しバックスピン量を低減。ソフトで芯を感じる打感を可能にした4ピースボールです。2023年2月3日発売。ウレタン・エラストマー・カバー 4ピース。オープン価格(実勢価格:7150円、税込み)

⇒ 有賀園ゴルフで「タイトリストプロV1X」を見る!を見る!

第5位 TOUR B XS(ブリヂストンゴルフ)

TOUR B XS(ブリヂストンゴルフ)
TOUR B XS(ブリヂストンゴルフ)

「飛んで、止まる」というニーズに応えたアプローチスピン重視系ボール。ロングショットでは高初速と低スピンによる優れた飛距離性能を追求。アプローチショットでは、低初速の非常に高いスピン性能に加え、「乗り感」を進化させたバランスの良さが魅力です。2022年2月11日発売。リアクティブiQ・ウレタンカバー 3ピース。オープン価格(実勢価格:6930円、税込み)

「パッティングの方向性をよくしたい人が増えているのかも!?」(小室店長)

 マークダウン時以外はトップの座を譲らなかったタイトリスト「プロV1」が、はじめて3位に甘んじました。

 今回は1位、2位ともにディスタンス系ボールが売り上げを伸ばしましたね。ただ、今回感じたのは飛距離性能そのものよりも、パッティングでラインを合わせやすいボールに人気が集中したのかな? という部分です。

 首位を獲得したテーラーメイド ゴルフの「ツアーレスポンス ストライプ ボール」、2位の「E・R・C ソフト」ともに、はっきりと見やすいラインが特徴のボールです。

 売り場でも「パッティングのラインを合わせやすいボールありますか?」と聞かれることも増えてきたし、実際の売り上げをみても、グリーン上でパターのラインが合わせやすいボールに人気が集中していると感じました。

 パッティングに自信のない人は、スピン量や飛距離性能ではなく、方向を合わせやすいボールに焦点を合わせてきていると感じました。

 今まではボールのロゴだけで、合わせていたけど、ここまではっきりラインがあると、自信を持って合わせやすいし、アマチュアゴルファーにとっては、スロープレーの防止にもなると思います。

 距離感などは、経験の中で養うしかないですが、思ったところに打ちだせるか否かは、ラインを合わせることが大事だと思います。自信を持ってストロークできれば、転がりも違ってくると思うし、そういう意味でも、ラインがはっきりしているボールの人気が高くなっているのもわかる気がします。

 パッティングの方向性をアップしたいと思っているのであれば、1度試してみて欲しいと思えるボールです。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上総数で算出してもらいました。実勢価格は有賀園ゴルフでの最新販売価格です。
取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

【写真】1ダース3000円以下! 最新低価格帯ボール売れ筋ランキング

画像ギャラリー

2023年5月の売れ筋低価格帯ボールランキング第1位 ホンマD-1(本間ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋低価格帯ボールランキング第2位 ツアーステージ エクストラディスタンス(ブリヂストンゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋低価格帯ボールランキング第3位 タイトリスト トゥルーフィール(アクシネットジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋低価格帯ボールランキング第4位 スリクソン ディスタンス(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2023年5月の売れ筋低価格帯ボールランキング第5位 ディスタンス+ソフト(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
ツアーレスポンス ストライプ ボール(テーラーメイド ゴルフ)
E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)
タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)
タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)
TOUR B XS(ブリヂストンゴルフ)

最新記事