パターのリシャフトはアマチュアでも効果あるの!? 「ディアマナパター P105」試打で感じたこととは?

三菱ケミカル「ディアマナ パター」シャフトに新たなラインナップ「P105」シリーズが追加されました。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチが、昨年の「ZOZOチャンピオンシップ」優勝時にコリン・モリカワ選手が使用していた「P105 Flex1.0」シャフトを装着したパターを試打、インプレッションしてくれました。

コリン・モリカワ愛用パターシャフト「ディアマナパター P105」

 ヘッドは色々な形状を試してみても、パッティング向上のためにパターシャフト探しをしている人は少ないと思います。しかし、シャフトによってパターそのものの振り心地やボールの転がりは劇的に変わるものです。

三菱ケミカル「ディアマナパター」シャフトに、新たに追加された「P105」シリーズ
三菱ケミカル「ディアマナパター」シャフトに、新たに追加された「P105」シリーズ

 三菱ケミカル「ディアマナパター」シャフトに、昨年「ZOZOチャンピオンシップ」の優勝時にコリン・モリカワ選手が使用していた「P105」シリーズが追加されました。モリカワ選手と同じスペックである「Flex1.0」が装着されたテーラーメイドの試打パターを打つ機会があったので、既に発売されていた「P135」シリーズと比較試打してみたいと思います。

 近年のパターは全体的にヘッド重量が重いモデルが主流です。ドライバーからアイアンまでのクラブは軽量化の動きがあるのに対して、パターの重量はアップする傾向がみられます。

 それに伴いパターシャフトも重量があるモデルが人気で、グリップエンドに30グラムのウエートが入っているオデッセイオリジナルの「ストロークラボ」やカスタムシャフトでは「STABILITY」など、「重いのでゆっくりストロークしやすい」という振り心地を狙ったモデルが多くなっています。

テーラーメイドのパターヘッドに装着された、三菱ケミカル「ディアマナパター P105 Flex1.0」を試打。コリン・モリカワ選手はどうしてこのシャフトを選んだのか
テーラーメイドのパターヘッドに装着された、三菱ケミカル「ディアマナパター P105 Flex1.0」を試打。コリン・モリカワ選手はどうしてこのシャフトを選んだのか

 また、設計自由度が大きいカーボンとスチールの複合素材シャフトが各社から発売になり、こだわりのあるゴルファーの支持を得ています。

 三菱ケミカル「ディアマナパター P135」もスチールよりも重めでしたが、今回発売された「P105」シリーズはやや軽めの重量になっています。

ブレード型パターなら「重さ」よりも「しなり」が重要

 テーラーメイド「トラス」パターは、女子ツアー中心に圧倒的な支持を得ているミスヒットに寛容なモデル。今回はテーラーメイド「TPコレクション ハイドロブラスト ジュノ TB1ツアートラスヒール」に装着されたディアマナパター「P135 Flex1.0」「P135 Flex2.0」「P105 Flex1.0」の3種類を試打しました。ブレード型に分類できる「ジュノ TB1」だとシャフトの存在感が「パターの重さ」としてダイレクト伝わるので、シャフトでボールを転がしているような感覚でストロークできました。

三菱ケミカル「ディアマナパター P105 Flex1.0」シャフトは、従来のスチールシャフトに比べ若干振動数を抑えた設計
三菱ケミカル「ディアマナパター P105 Flex1.0」シャフトは、従来のスチールシャフトに比べ若干振動数を抑えた設計

 一般的なパターに装着されているスチールシャフトは約100グラムが主流。最初に試した「ディアマナ パター P135」はシャフト単体で135グラムあり、かなりヘビー。

「Flex1.0」と「Flex2.0」の硬さの違いは打ち比べると感じますが、どちらもシャフトの重さがヘッドの動きを制御してストロークのテンポをゆっくりにしてくれました。

 一方「P105 Flex1.0」は全くの別物。ミドルパットでも「しなり」によるタイミングを作れるので、ヘッドの重さを感じながら気持ちよく「操作している」感覚でした。

 ブレード型ヘッドや重くないパターヘッドなら、シャフト重量を抑えた「P105」の方が「自分のストロークで打っている」というフィーリングが出しやすく、改めてパターシャフトで距離感やライン取りが変わることを実感できました。

ヘッドを替えずにパターをブラッシュアップできる

【写真】ディアマナパターを試したい! 2023年11月の中古パターランキング

画像ギャラリー

2023年11月の中古パターランキング第1位 SIGMA 2 ANSER Platinum(ピンゴルフジャパン) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第2位 スパイダーGT ブラック TM2(テーラーメイド ゴルフ) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第3位 VAULT2.0 PIPER C Stealth(ピンゴルフジャパン) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第4位 スパイダーGT ブラック TM1(テーラーメイド ゴルフ) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第5位 TPコレクション ハイドロブラスト ジュノ TB1.5(テーラーメイド ゴルフ) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第6位 TPコレクション ハイドロブラスト バンドン TM1(テーラーメイド ゴルフ) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第7位 TPコレクション ハイドロブラスト デルモンテ TB1(テーラーメイド ゴルフ) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第8位 スコッティ・キャメロン セレクト ニューポート2 2014(アクシネットジャパン) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第9位 VAULT2.0 PIPER C Platinum(ピンゴルフジャパン) ゴルフドゥ調べ
2023年11月の中古パターランキング第10位 スパイダーX COPPER/WHITE スモールスラント(テーラーメイド ゴルフ) ゴルフドゥ調べ
三菱ケミカル「ディアマナパター」シャフトに、新たに追加された「P105」シリーズ
テーラーメイドのパターヘッドに装着された、三菱ケミカル「ディアマナパター P105 Flex1.0」を試打。コリン・モリカワ選手はどうしてこのシャフトを選んだのか
三菱ケミカル「ディアマナパター P105 Flex1.0」シャフトは、従来のスチールシャフトに比べ若干振動数を抑えた設計
高い寛容性と直進性で人気の「TPコレクション ハイドロブラストJUNO TB1ツアートラスヒール」で試打
1 2

最新記事