アイアンの「顔がイイ」ってどういう意味? プロや上級者はどこを見てる? こだわるのはなぜ?

プロや上級者は、アイアン選びの理由として「顔がいいから」と答えることがあります。実はその理由には単なる見た目ではないプレーの質に大きな影響を及ぼす要素があります。大蔵ゴルフスタジオ(東京都世田谷区)の代表、市川雄一郎氏が解説します。

アイアンの「顔」、あなたの選択基準はどこにありますか?

 アイアン選びの際、いわゆる「顔」、すなわちクラブヘッドの見た目は思いのほか重要です。ゴルファーによって好みの顔のタイプはさまざま。大蔵ゴルフスタジオ(東京都世田谷区)の代表、市川雄一郎氏とともに、アイアンの顔へのこだわりと、それがショットにどのように影響するかを掘り下げてみましょう。

構えた時にアイアンヘッドのどこを見るかはゴルファーによって異なる
構えた時にアイアンヘッドのどこを見るかはゴルファーによって異なる

※ ※ ※

 アイアンの「顔」とは、構えたときのクラブヘッドの見た目を指します。この「顔」へのこだわりはプレーヤーによって異なります。ネック部分を基準にする人、リーディングエッジを重視する人、トップラインやトップブレードに注目する人、そしてスコアラインを見て構える人などさまざまです。最も多いのはトップラインやトップブレードに注目するゴルファーですが、これは異性の好みと同じで、人によって目が行く場所は異なります。

 ネックで構える人は多くの場合、ボールをネック側に置いて構える傾向があります。これは特に、重心距離が短い昔のアイアンでゴルフを覚えた人に多い特徴です。リーディングエッジで構える人は、ターゲットに対して正確に合わせようとする傾向があり、しばしばハンドレート気味に構えます。スコアラインで構える人は、開き気味でヘッドを構える傾向にあります。

プロや上級者ほど「顔」の見え方に非常にこだわる

 プロや上級者は、アイアンの「顔」の見え方に非常にこだわります。これは、ショットの一貫性を保つために非常に重要なのです。逆に、アベレージゴルファーはこの点にあまりこだわらない方が多いです。

 アイアンの顔へのこだわりは、正解があるわけではなく、むしろ個々のゴルファーの「クセ」として捉えることができます。重要なのは、自分が最も構えやすいと感じるポイントを見つけ、それを日によって変えないことです。一貫性があり、自分にとって快適な「顔」の見え方を見つけることがそのゴルファーの構え方となり、常に安定したショットを生み出すための第一歩となります。

 アイアンの顔へのこだわりは、ゴルファーの個性を表す重要な要素です。構える際に、ネック、リーディングエッジ、トップライン、スコアラインのどこを見てもOK。正解はありません。大切なのは、自分にとって構える際に見る最適な場所を見つけ、それを常に変えずに一貫してプレーすることです。アドレスの再現性といっても良いでしょう。あなたはアイアンの「顔」のどの部分に惚れたのか、次の練習やラウンドの際にあらためて確かめてみてください。

【解説】市川雄一郎

大蔵ゴルフスタジオ代表の市川雄一郎氏
大蔵ゴルフスタジオ代表の市川雄一郎氏

GDOにて多くのゴルフメーカー、パーツメーカー、プロゴルファーを取材し、ゴルファーへ最新の情報を発信する仕事にかかわる。すべてのゴルファーに合うクラブを作りたい。その思いで2011年に大蔵ゴルフスタジオ町田をオープン。2016年大蔵ゴルフスタジオ世田谷をオープン。さらに2020年には大蔵ゴルフスタジオハワイをオープンしている。大蔵ゴルフスタジオ公式HP/www.ogs-p.jp/

【画像11点】これが注目の「Qiアイアン」と2月の最新売れ筋アイアンの“顔”です

画像ギャラリー

テーラーメイド Qiアイアン
テーラーメイド Qiアイアン
テーラーメイド Qiアイアン
テーラーメイド Qiアイアン
テーラーメイド Qiアイアン
テーラーメイド Qiアイアン
ゼクシオ 13 アイアン(ダンロップ)
スリクソンZX5 MkII アイアン(ダンロップ)
P790アイアン 2023(テーラーメイド ゴルフ)
G430 アイアン(ピンゴルフジャパン)
ゼクシオ エックス アイアン(ダンロップ)
構えた時にアイアンヘッドのどこを見るかはゴルファーによって異なる
大蔵ゴルフスタジオ代表の市川雄一郎氏

最新記事