はくだけでスイングの軸ができる!? 皮膚の感覚センサーに作用する機能性下着「デリットテック」の効果とは?

トップアスリートも使用する、今話題の機能性下着がドクターイーストの「デリットテック」です。皮膚の感覚センサーに働きかけて、骨盤周りの眠れる筋肉を呼び起こすという独自の「低筋圧理論」によって、快適な運動をサポートしてくれると言います。今回は、着用することでゴルフスイングにどんな影響があるのか、多くのツアープロを指導する植村啓太コーチに試してもらいました。

内側の凹凸が皮膚に触れることで奥にある筋肉が動く

 化粧品や健康食品の販売を手がけるドクターイーストが展開する機能性下着が「デリットテック」です。理学療法士と共同開発したアイテムで、「締め付けない体幹サポート」という独自のコンセプトが受けて、トップアスリートを中心に使用者が年々増えています。

骨盤底筋など、着用するだけで骨盤周りの重要な筋肉が動くようになるという機能性下着「デリットテック」を試す植村コーチ
骨盤底筋など、着用するだけで骨盤周りの重要な筋肉が動くようになるという機能性下着「デリットテック」を試す植村コーチ

 人間は日常生活を送る中で、気付かないうちに体にゆがみが生じてきます。それを放置すると、体が本来持つパフォーマンスを発揮できないばかりか、腰痛や肩こりを引き起こす可能性もあります。そこで活躍するのが、骨盤の動きをサポートする機能性下着です。

 一般的に機能性下着というと、体の一部を締め付けることで筋肉の動きをサポートする「着圧(コンプレッション)」を生かしたモノが多いです。一方で「デリットテック」は体を締め付けるのではなく、皮膚に備わっている感覚センサーに働きかけることで、奥にある筋肉が動き出すという独自の「低筋圧理論」を基に設計されています。しっかり機能を持たせながら、締め付けがない分、快適なはき心地を実現したことが特徴となっています。

「デリットテック」の内側を見てみると、部分ごとに細かな凹凸が付けられています。この凹凸が骨盤底筋といった重要な部分の皮膚に触れることで、奥にある筋肉が反応して動き出すというわけです。この説明だけを聞くと効果について懐疑的に感じる人もいるかもしれませんが、メーカー担当者は次のように話します。

「例えば、靴の中に小石が入ったり、腕に蚊が止まったりすると気付きますよね? どちらも質量的には小さく、体に触れる面積も小さいですが、人の皮膚はそれを敏感に察知し体が反応してくれます。人の感覚センサーはそれほど優秀なものですから、適切な体の位置に刺激を与えることで筋肉を反応させて、サポートしながら動かすことが可能なのです。しかもただ動くだけでなく、はくだけで負荷の軽い筋力トレーニングを行っているような状態になりますので、着用を続けることで体全体が大きく変わっていきます」(メーカー担当者)

トッププロを指導する植村啓太コーチが「デリットテック」を体感

 そんな「デリットテック」の効果を、今回はアマチュアからトッププロまでさまざまなレベルのゴルファーを指導する植村啓太コーチにテストしてもらいました。着用することで骨盤にどんな変化が起き、そしてゴルフスイングにどんな影響があるのでしょうか。

「GCクワッド」を使ってドライバーの飛距離を計測。着用前は270ヤード前後だった飛距離が、一気に280ヤード近くまでアップ。「体の痛みがなくなって、すごく振れる感じがします」と植村コーチ
「GCクワッド」を使ってドライバーの飛距離を計測。着用前は270ヤード前後だった飛距離が、一気に280ヤード近くまでアップ。「体の痛みがなくなって、すごく振れる感じがします」と植村コーチ

「デリットテック」を着用した植村コーチは開口一番、「うわ、全然違う!」と驚きの表情を見せました。

「正直、肌に触れるだけで効果が出ると聞いて疑っていましたが、はいた瞬間から明らかな違いを感じました。締め付けられているわけではないのに、お尻がクッと上がって、バランス良く立てています。今までに感じたことのない不思議な感覚ですよ。歩いていて、足が軽いですし、すごく振れそうな気がします」(植村コーチ)

骨盤が使えるようになってスイングの軸ができる

 植村コーチは、ゴルフのスイングにおける股関節の重要性について、以下のように話します。

「スイングにおいて、骨盤や股関節はボールを飛ばすためにすごく重要なパーツです。なぜなら、股関節を使うことで下半身をドッシリと安定させながら、上体を深くねじって飛ばしのパワーをためることができるからです。股関節が使えないと、それをカバーするようにヒザを使って体を回したり、上体を傾けて無理やりクラブを上げたりと悪い動きが出てしまいます。ボールが飛ばないばかりか、体に大きな負担がかかって、痛みにつながる可能性もあります。股関節を使えるかどうかで、スイングは大きく変わるのです」(植村コーチ)

股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある

 このように高い重要性を持つ股関節ですが、レッスンにおいて指導が難しいポイントでもあるようです。

「レッスンをしていて、骨盤を前傾させた良い姿勢をつくってあげても、1球打ったら元の姿勢に戻ってしまうことがすごく多いです。骨盤は意識するだけで常に良いポジションに置けるものではなく、整体やトレーニングで正しく動くようにしてあげる必要があるからです」(植村コーチ)

 最近ではスイングコーチの他に、トレーナーや整体師といった体のスペシャリストが常駐するゴルフスタジオも増えています。股関節を使えるようになるには、ゴルフのレッスンとは違ったアプローチも必要になるからです。

「整体やトレーニングを続けるには労力もコストもかかります。一方で『デリットテック』は、はくだけで自然に骨盤が良いポジションに入って、姿勢がピッとしてくれますから、使わない手はないですね。骨盤が良いポジションに入り、股関節が動くようになれば、スイングの軸ができて、どんどん振れるようになっていきます。レッスンを受けるにしても、より効果が出やすくなりますし、上達が飛躍的に速くなるはずです」(植村コーチ)

e!golfスタッフ「T」が試すと姿勢にも明らかな変化が

 今回の取材では、現場に同行したe!golfスタッフの「T」にも「デリットテック」を着用してもらいました。着用の前後で姿勢を比べてみると、明らかな違いが出ていました。

写真左が着用前で、右が着用後。猫背気味でアゴが前に出ていたが、背筋が伸びた良い姿勢に変化した
写真左が着用前で、右が着用後。猫背気味でアゴが前に出ていたが、背筋が伸びた良い姿勢に変化した

「たしかに骨盤をクッと持ち上げられているような感覚がありますけど、ここまで姿勢が変わっていたのは驚きでした。ストレートネック気味で肩こりもひどいのですが、すでに楽になった気がします」(e!golfスタッフ「T」)

 さらに、ドライバーを打つと驚きの数字が飛び出しました。

「いつもは、打ち初めは230ヤードくらいの飛距離ですので、まさか最初から250ヤードを超えるとは思いませんでした。『デリットテック』をはいてからは、体を動かしやすくなって、スイングしていても軸が揺れない感じはしていました。ここまでクラブをしっかり振れると、すごく気持ちいいですね」(e!golfスタッフ「T」)

「デリットテック」はゴルフの上達を目指す上で試してみる価値のあるアイテムだ

 e!golfスタッフ「T」の変化について、植村コーチは以下のように分析します。

今回「デリットテック」の効果を体感した e!golfスタッフ「T」(左)と植村啓太コーチ(右)
今回「デリットテック」の効果を体感した e!golfスタッフ「T」(左)と植村啓太コーチ(右)

「飛距離や方向性、スコアなど、ゴルフに関する悩みは多々ありますが、みんなが最初にぶつかる問題は『ボールに当たらない』なんです。Tさんも同じ悩みを抱えているように見えましたが『デリットテック』をはき、スイングの軸ができたことで、明らかに振りやすくなったようです。軸が安定すれば自然にボールに当たるようになりますし、それができたら、次はフェースを真っすぐ当てるようなコントロールを覚えることができるでしょう。最後にスピードを上げていけば、飛んで曲がらないショットを身に付けることができます。軸が安定する感覚を覚えれば、上達速度に違いが出ることは間違いありません」

 ゴルフの大切な基礎になる股関節が、はくだけで使えるようになる「デリットテック」。もちろん効果には個人差がありますが、これからゴルフを始める人や上達できずに悩んでいる人にとっては、試してみる価値のあるアイテムだと言えます。長く着用し続けることで、日常生活も快適に過ごせて、より良いゴルフライフを送れるのではないでしょうか。

取材協力:PREMIUM Golf Studio(東京都渋谷区)

【画像】うわ、全然違う…!「デリットテック」の商品画像と体感した様子を見る(31枚)

画像ギャラリー

骨盤底筋など、着用するだけで骨盤周りの重要な筋肉が動くようになるという機能性下着「デリットテック」
骨盤底筋に触れる位置に施された「デリットテック」内側の凹凸。素材の開発に2年以上を要したキモとなる部分
骨盤底筋に触れる位置に施された「デリットテック」内側の凹凸。素材の開発に2年以上を要したキモとなる部分
「デリットテック」には男性用(写真左)と女性用(写真右)の2タイプ。サイズはきつめよりも、ピッタリか、ゆったりめのモノを選ぶと効果が出やすいと言う
骨盤底筋など、着用するだけで骨盤周りの重要な筋肉が動くようになるという機能性下着「デリットテック」
中西直人など、多くのトップ選手を指導する植村啓太コーチ。最新のスイング理論や体の構造に精通している
中西直人など、多くのトップ選手を指導する植村啓太コーチ。最新のスイング理論や体の構造に精通している
「締め付けられているわけではないのに、お尻がクッと上がって、バランス良く立てています」と植村コーチは言う
「締め付けられているわけではないのに、お尻がクッと上がって、バランス良く立てています」と植村コーチは言う
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
明らかな体の変化を感じて驚く植村コーチ。着用前は股関節周りに痛みがあったようだが、着用後は「足が楽に上がる」と言う
明らかな体の変化を感じて驚く植村コーチ。着用前は股関節周りに痛みがあったようだが、着用後は「足が楽に上がる」と言う
明らかな体の変化を感じて驚く植村コーチ。着用前は股関節周りに痛みがあったようだが、着用後は「足が楽に上がる」と言う
「GCクワッド」を使った計測で、トータル250ヤードオーバーを記録したe!golfスタッフ「T」
「GCクワッド」を使った計測で、トータル250ヤードオーバーを記録したe!golfスタッフ「T」
「GCクワッド」を使った計測で、トータル250ヤードオーバーを記録したe!golfスタッフ「T」
明らかな体の変化を感じて驚く植村コーチ。着用前は股関節周りに痛みがあったようだが、着用後は「足が楽に上がる」と言う
「GCクワッド」を使ってドライバーの飛距離を計測。着用前は270ヤード前後だった飛距離が、一気に280ヤード近くまでアップ。「体の痛みがなくなって、すごく振れる感じがします」と植村コーチ
軸ができることで深く捻転できて、インパクトの再現性も高くなる。「デリットテック」にはスイングの根本を変える可能性があるようだ
今回「デリットテック」の効果を体感した e!golfスタッフ「T」(左)と植村啓太コーチ(右)
今回「デリットテック」の効果を体感した e!golfスタッフ「T」(左)と植村啓太コーチ(右)
写真左が着用前で、右が着用後。猫背気味でアゴが前に出ていたが、背筋が伸びた良い姿勢に変化した
股関節が使えないとヒザや肩が動いて、軸が左右にブレてしまう。そのため、飛距離と方向性を損なうばかりか、体に負担がかかってけがにつながる恐れもある
「GCクワッド」を使ってドライバーの飛距離を計測。着用前は270ヤード前後だった飛距離が、一気に280ヤード近くまでアップ。「体の痛みがなくなって、すごく振れる感じがします」と植村コーチ
骨盤底筋など、着用するだけで骨盤周りの重要な筋肉が動くようになるという機能性下着「デリットテック」を試す植村コーチ

最新記事