最新の高弾道飛び系アイアンは“ズルい”ほどスゴイ!? ピン「i530」&「G730」が合うゴルファーとは?

2024年4月4日に発売されたピン「i530」「G730」アイアン。発表会に参加した筒康博コーチは「プロたちには使って欲しくないと思うほど、ズル過ぎるアイアン」と大絶賛。一体どんなゴルファーに合うモデルなのでしょうか。

前作を越えた「i530」はボール初速アップ&最適スピン

「前作を越えなければ発売しない」がこだわりの人気ブランド・ピンから4月4日に発売されたのが「i530」「G730」という2機種のアイアン。発売に先駆けて行われた試打&発表会に参加してきました。

高弾道なのに飛び系なアイアン、ピン「i530」&「G730」はズル過ぎる性能になっている
高弾道なのに飛び系なアイアン、ピン「i530」&「G730」はズル過ぎる性能になっている

 前作「i525」「G710」も非常に高い打出角と初速性能で「ズルい」アイアンでしたが、新アイアン「i530」「G730」はそれ以上でした。契約プロの永野竜太郎&塚田好宣プロによるデモンストレーションでは、「7番アイアンで180ヤード超連発」というスゴイ性能でした。

「飛び系ツアーアイアン」というキャッチコピーの「i530」ですが、本来「飛び系」と「ツアー」は相反する言葉です。

「矛盾する性能が本当に1つになっているのか?」というと、試打した限りではシャープなルックスとソリッドな打感、そしてグリーンを上から狙える「落下角度」が普通のヘッドスピードである僕が打っても得られるアイアンになっていました。

永野&塚田プロのデモンストレーションでは、「i530」の7番アイアンで180ヤードを超えるナイスショットを連発
永野&塚田プロのデモンストレーションでは、「i530」の7番アイアンで180ヤードを超えるナイスショットを連発

「7番アイアンのロフト27.5度」というスペックだけで、「ただのぶっ飛び系アイアン」と思っていましたが見事に裏切られました。

 ハンドファーストインパクトを作れなくても、「プロのような高くて強い弾道が打てる」という意味で「飛び系なのにツアーアイアン」という表現が近いと思いました。

 特筆すべきは、シャフトスペックを工夫することで「スイングではなくクラブで飛距離と高さを得られる」アイアンになっているところ。飛距離不足を感じながらも操作性を失いたくないゴルファー向けのモデルに感じました。

ズルいほど高弾道でぶっ飛んでくれる「G730」

 中空構造だった前作「G710」からポケットキャビティーに変わった「G730」アイアンは、弾き感のある打感ながら厚みのある打音と「高打ち出し&高初速」の弾道がとにかく爽快でした。

ロフト26.5度とは思えないほど「高打出し&高初速」でグングン高さと飛距離が出る「G730」アイアン
ロフト26.5度とは思えないほど「高打出し&高初速」でグングン高さと飛距離が出る「G730」アイアン

 ヘッドスピードの速くない僕が打っても、弾道の高さが十分に出たショットが打てて、ミドルアイアンでも飛距離アップを実感できました。

 ドローやフェードの打ち分けといったシビアなコントロールをするなら「i530」に軍配が上がりますが、手にした番手の飛距離をキャリーで簡単に飛ばすなら「G730」アイアンがオススメです。

 芯を外しても「G430ドライバー」のような寛容性と直進性があるので、誰でもブレずに飛ばせる「ズル過ぎる」アイアンなので、飛距離が出るプロが使ったら絶対に飛び過ぎてしまいそうです。

 実際、プロによるデモンストレーションでも7番アイアンで200ヤードを軽く飛ばしていたので、軽量シャフトユーザーのアマチュアでも恩恵が受けられそうです。

自分の課題を把握したうえでのクラブ選びがオススメ

 人気の「G430」シリーズにも24年は新たに「G430 MAX 10K」「G430 MAX 10K HL」という2モデルのドライバーが追加され充実のラインアップになりましたが、「i530」「G730」が追加されたアイアンも更に充実。

 アイアンは「ただ飛ぶだけ」ではなく、「どんなプレースタイルでどんなプレーがしたいのか?」というニーズに合わせたモデルが発売。

 最新モデルだからというワケではなく、今のプレースタイルの「いいところと課題」をしっかり把握したうえでフィッティングや試打すれば、「自分が使うべきモデル」に早く出会えると思います。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン&コミュニティー「FITTING」編集長やFMラジオ番組内で自らコーナーも担当している。

【写真】ピンの新作飛び系アイアン「G730」と「i530」をさまざまな角度から

画像ギャラリー

ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン G730 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
ピン i530 アイアン
高弾道なのに飛び系なアイアン、ピン「i530」&「G730」はズル過ぎる性能になっている
永野&塚田プロのデモンストレーションでは、「i530」の7番アイアンで180ヤードを超えるナイスショットを連発
ロフト26.5度とは思えないほど「高打出し&高初速」でグングン高さと飛距離が出る「G730」アイアン
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
右手で左腕の前腕を握って左手打ち。ダウンスイングで左手の前腕をねじることを意識しよう。腕がスムーズにターンすれば球がつかまり、飛距離が伸びる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる
左腕を外側にねじらずにダウンスイングすると、インパクトからフォローにかけて左ヒジが引けてしまう。この形は様々なエラーが起こる原因になる

最新記事