男女ツアーで勝利を重ねる話題のドライバー! スリクソン「ZX MkII」3機種をプロ2人が徹底試打

「日本一ダンロップギアを愛する」PGAティーチングプロ横山健司と、様々なメディアで数多くの試打&計測を行っている筒康博コーチが新発売スリクソン「ZX MkII」ドライバー3機種「ZX5」「ZX5 LS」「ZX7」を試打しました。

「上がる」「曲がらない」のに初速は◎だった「ZX MkII」ドライバー

 自ら、歴代スリクソンシリーズを愛用している、ヨコヤマゴルフスクール代表・横山健司ティーチングプロと数多くのギアを試打&計測しつくしている、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチ。

 この2人が11月19日の発売前から“女子プロツアー4連勝”や“松山英樹選手が即投入”など話題の「スリクソン ZX MkII」ドライバーの3機種「ZX5 MkII」「ZX5 MkII LS」「ZX7 MkII」を試打しました。

発売前から女子プロ4連勝など話題が多いスリクソン「ZX MkII」ドライバーは、フルチタン採用以外にも数々のブラッシュアップが(左:横山プロ、右:筒コーチ)
発売前から女子プロ4連勝など話題が多いスリクソン「ZX MkII」ドライバーは、フルチタン採用以外にも数々のブラッシュアップが(左:横山プロ、右:筒コーチ)

 まずは「ZX5」ドライバー。前作と比較して、フルチタンヘッド採用による圧倒的なフィーリングと打球音の向上を強調する横山プロ。

「前作よりも打感も打球音も好きですね。やっぱりカーボンクラウン(前作)よりフルチタンの今作の方がインパクトのフィーリングが伝わる気がしますね。古い人間なのかな〜」

「それと、ヘッドの投影面積が大きくなって安心感があります。自分の好みに対しては大きすぎるけど、うちの生徒さんとかいいんじゃない?」(横山)

 普段はロフト10度を使用する筒コーチは、低いティーアップのレンジボール試打にも関わらず“打ち出し角”が得やすいと同意。

「僕は普段ドライバーのティーアップはボールの半分以上は上に出しますが、今回のようにわずかしかヘッドからボールが出ていない高さでも、打ち出し角がしっかり出ます。ロフト9.5度とは感じないくらい、構えた時にボールが上がるイメージが作れます」(筒)

 加えて、横山プロ&筒コーチが強調したのは「初速感&直進性」の高さでした。

「純正Diamanaシャフトだから自分には軽くて柔らかすぎるけど、インパクトのエネルギーが初速に出ている感じは“間違いなく前作以上”ですね。いつも同じ環境で打っているから肌で感じます」(横山)

「いや、いつも同じ環境下で打ち比べているプロの感覚は、一番飛んだ一発で比べるより価値はあると思いますよ」(筒)

「ZX7」より「ZX5 LS」の方がロースピン

【写真】「スリクソン ZX5 MkII」フルラインアップと女子プロのインプレッション

画像ギャラリー

「スリクソン ZX5 Mk IIドライバー」(左)と低スピンタイプの「スリクソン ZX5 Mk II LSドライバー」
「スリクソン ZX7 Mk II」のドライバーとアイアン
「スリクソン ZX Mk II」のフェアウェイウッドとハイブリッド
「スリクソン ZX5 Mk II アイアン」と「スリクソン ZX Mk II ユーティリティアイアン」
「スリクソン ZX4 Mk II アイアン」
住友生命Vitalityレディス 東海クラシック優勝・尾関彩美悠は「スリクソンZX5」の後継機種「思い切ってウッド系をシャフトまで全部新しくしたのですが、それがすごい良かった。もともと私はドローヒッターで左へのミスが多かったのですが、それが収まって曲がりが減った感じです」 写真:Getty Images
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン優勝・山下美夢有は「スリクソンZX5」の後継機種「練習からトラックマンで測っていてデータとかを見ていたのですが、一番データが良かったので、今週から使おうと思いました。コースでも前のドライバー(スリクソンZX5)と新しいドライバーで2球打ってトータル的に見ていたのですが、新しいほうがミート率も良くて、風にも強かったので、今週から使おうと思いました」 写真:Getty Images
日本女子オープン優勝・勝みなみは「スリクソンZX7」の後継機種「先週の試合から使い始めましたが、飛距離が5ヤードくらい伸びたような感じがします。最終日も風が強かったのですが、飛距離も出ていましたし、ランも出ていたので、有利な感じがしました」 写真:Getty Images
以前は「ZX5」を使っていた小祝さくらだが、新モデルでは「ZX7」の後継機種を使用している模様「すごく良いドライバーです。形が良くて、構えたときの見た目が気に入っています。素材も変わっていて、カッコ良くなっていますし、飛距離もちょっと伸びたと思います。フェアウェイウッドも飛びます」 写真:Getty Images
発売前から女子プロ4連勝など話題が多いスリクソン「ZX MkII」ドライバーは、フルチタン採用以外にも数々のブラッシュアップが(左:横山プロ、右:筒コーチ)
ヘッドスピードが速い横山プロも速くない筒コーチも、スリクソン「ZX5 MkII」ドライバー(9.5度)の弾道は、ともに“高打ち出し&最適スピン”で曲がらない高初速を実感
「ZX5 LS」「ZX7」どちらも、強弾道ショットが非常に打ちやすい。ほんの少し「ZX5 LS」の方がスピンが少なく「ZX7」の操作性が高い印象
1 2

最新記事