めちゃ飛ぶって本当ですか!? プロギア「RS JUST」ドライバーを試打して分かった「すごさ」と「弱点」

7月の発売以来、「とにかく飛ぶ」と評判のプロギア「RS JUST」ドライバー。そこで、ゴルフイラストレーターの野村タケオさんに1ラウンドじっくり試打してもらいました。

「高初速エリア」拡大! プロギア「RS JUST」を徹底試打

 みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。毎年のように新しいドライバーが発売されますが、やはり人気なのは圧倒的に海外ブランドのものです。ゴルフ場で見ていても、外ブラのドライバーを使っている人が多いですよね。

 海外のトッププロの使用率も高いし、広告なんかもよく見かけるから使ってみたい気になります。たしかに性能もとてもいいしね。

デザインはシンプルながら様々な技術が詰め込まれている最新「RS JUST」ドライバー
デザインはシンプルながら様々な技術が詰め込まれている最新「RS JUST」ドライバー

 じゃあ、日本のブランドのドライバーはイマイチなのか、そんなことはないはずです。今回は、個人的にとても気になっていたプロギアの「RS JUST」シリーズのドライバーをコースで打ってみました。さて、本当にギリギリの飛びだったのでしょうか。

 プロギアの新しい「RS JUST」シリーズの売りは「4点集中フェース」。これはフェースセンター、重心点、最大たわみ点、最高CT点の4点をフェース上で集中させるというもの。

 その結果、実際に打つエリアと最大出力エリアが重なり、ボール初速が上がるということなんですね。また、フェース上下のたわみを最大化したり、フェース内部のホーゼルとフェースの接合面積を削減するなどして、たわみエリアを大きくして高初速エリアを最大化させているそうです。

クラウン部分はカーボン素材が透けていて「カッコいい」と野村さん
クラウン部分はカーボン素材が透けていて「カッコいい」と野村さん

「RS JUST」シリーズには前作同様に3種類のヘッドがあります。

 スタンダードな「RS」、つかまりのいい「RS D」、つかまりを抑えた「RS F」。今回僕が試打したのはスタンダードモデルの「RS」。ロフトは9.5度でシャフトは純正の「Diamana FOR PRGR BLACK」のSです。シャフト重量は57グラムでトルク4.8とのことです。このセッティングでクラブ重量が310グラムというスペックです。

 構えてみると、とてもいい顔しています。後ろに長かったりもせず、左を向いていることもなく、とても構えやすい。クラウン部分はカーボン素材が透けて見えていてカッコいいです。フェースは少し右を向いている感じがするので、僕はカチャカチャで少し左を向けたくなりますね。

 ソールデザインはシンプル。悪くはないのですが、新鮮味のあるデザインとは言えないですね。個人的には「もう少し頑張ってほしかったかな~」と思いました。

 ソール後方にあるウエートは8グラムのものがついていますが、別売りのものに変更することでクラブバランスを調整することができます。

派手な仕掛けはないが、確実に前作を超えるドライバー

【写真】国産ブランドも健闘!?最新ドライバー売り上げランキング(有賀園ゴルフ調べ)

画像ギャラリー

2022年11月の第1位 G430 ドライバー(ピンゴルフジャパン)
2022年11月の第2位 G430 LSTドライバー(ピンゴルフジャパン)
2022年11月の第3位 スリクソン ZX5 MkII ドライバー(ダンロップ)
2022年11月の第4位 ステルス グローレ ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2022年11月の第5位 ステルス グローレ プラス ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
デザインはシンプルながら様々な技術が詰め込まれている最新「RS JUST」ドライバー
クラウン部分はカーボン素材が透けていて「カッコいい」と野村さん
シンプルなソールデザイン。スピン量は少なめで高さもしっかり出せるヘッドに仕上がっていた
1 2

最新記事