超デカヘッドのゴルフ練習器具を目にするけど… 大きな形状のゴルフギアにはどんな効果があるの? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

超デカヘッドのゴルフ練習器具を目にするけど… 大きな形状のゴルフギアにはどんな効果があるの?

メジャー優勝を支えたパターや練習器具、ボールなどギアの歴史の中には「でっかくなっちゃった」ものがいくつかあります。これらのアイテムには、どんな目的や効果があるのでしょうか? スイングへの影響などを筒康博コーチに聞きました。

マスターズ最年長優勝を支えたマグレガー「レスポンスZT」

 巨大なトゥ&ヒールバランスのマグレガー「レスポンスZT」パター。練習用クラブではなく、1986年のマスターズで最年長優勝を果たしたジャック・ニクラス選手が使用していたメジャー優勝モデルのパターです。

「BIG」なアイアンやボール、パターはどんな目的や効果を狙ったアイテムなのでしょうか?
「BIG」なアイアンやボール、パターはどんな目的や効果を狙ったアイテムなのでしょうか?

 トッププロが「こんな素人みたいなパター使うの?」と思うかも知れませんが、当時は「大MOI(慣性モーメント)」や「ネオマレット」などのパターカテゴリーはなかった時代。現代のマレットパターに通じる、テクノロジーの始祖と呼べるメジャー制覇モデルでした。

 現代ではピン「PLDパター」をはじめ、ヘッドを大きくしなくても重量配分やテクノロジーの進化もあり、コンパクトなサイズのヘッドでも同等以上の性能を出せるモデルが登場しています。

 ここまでパターヘッドが大きいと、ボールがとても小さく見えてしまうデメリットがありますが、長いブレードのおかげでフェース向きを真っすぐターゲットに向けやすいというメリットもありました。

カップが大きく感じられるようになる「BIG」ボール

 昔はプロの使用球が「スモール」と「ラージ」の2種類あったのをご存知ですか? その後は現在の「ラージ」に統一され、ルールでボールサイズが定められたのですが、「スモール」は物理的にカップが大きく感じられるメリットがありました。

パター練習用「BIGボール」で打った後に普通サイズのボールを打つと、カップがものすごく大きく感じ方向性がアップする
パター練習用「BIGボール」で打った後に普通サイズのボールを打つと、カップがものすごく大きく感じ方向性がアップする

 その理屈を逆手に取ったのが練習用の「BIGボール」です。このボールでパッティングすると、カップがいつもより小さく感じられ、真っすぐ転がすことも難しくなります。

 しかし、「BIGボール」で練習した後にいつものボールでパッティングすると、ボールの芯を捉えやすくなりカップも大きく感じられるのです。ボールが大きいことで「中心」が高くなりパターヘッドの芯とボールの芯をコンタクトする感覚が磨かれるというパター練習用ボールなのです。

アイアンなのにドライバーがうまくなる!? TRI-ONE「アイメソッド」アイアン

【写真】話題の素振り系練習器具「フレループ」と「うねり棒」

画像ギャラリー

左がフレループで右がうねり棒。構えてみるとうねり棒のほうが短いことが分かる
上がうねり棒で下がフレループ
「フレループ」は正しいプレーンで振れると気持ちよく振り切れますが、プレーンから外れると違和感がある
「うねり棒」は肩をタテに回しながらテークバックして、切り返し後はクラブが自然に少し倒れてからインパクトを迎える感覚が分かる
手元が浮いてしまったり、切り返し後にクラブが寝過ぎたりすると違和感がある「フレループ」
「うねり棒」は両端を持って振ることで肩のタテ回転を意識しやすくなる練習もできる
「BIG」なアイアンやボール、パターはどんな目的や効果を狙ったアイテムなのでしょうか?
パター練習用「BIGボール」で打った後に普通サイズのボールを打つと、カップがものすごく大きく感じ方向性がアップする
TRI-ONE「アイメソッド」アイアンは、ドライバー並みの重心距離とフェースコントロールを習得できる練習クラブ
1 2

最新記事