速報試打! ツアー支給品ドライバー「パラダイム ツアー」と同「トリプルダイヤモンドS」 通常モデルと何が違う?

世界中のツアーで多くの勝利を挙げているキャロウェイの「パラダイムシリーズ」。プロにのみ支給されていたツアーバージョンをごく少数の数量限定で一般販売されることが発表されました。このレア物をいち早くコースで試打したゴルフライターの鶴原弘高氏がインプレッションをお届けします。

「パラダイム ツアー」は、痒いところに手が届く“スタンダードモデルの別バージョン”

 キャロウェイの「パラダイム」シリーズには通常販売モデルとして、「パラダイム ドライバー」(スタンダード)、「パラダイム トリプルダイヤモンド ドライバー」、「パラダイム マックス ファスト ドライバー」の3モデルが展開されています。そこにCALLAWAY EXCLUSIVEだけで取り扱われる数量限定モデルとして「パラダイム ツアー ドライバー」と「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」の2つが追加発売されることになりました。

 筆者はいち早くコースでこれらのモデルを試打する機会を得たので、各モデルのファーストインプレッションをお届けします。

左から「パラダイム ツアー ドライバー」と「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」
左から「パラダイム ツアー ドライバー」と「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」

「パラダイム ツアー ドライバー」は、ヘッド最後部に移動式ウェイト(ペリメーター ウェイティング)を備えたモデル。一見するとスタンダードモデルの「パラダイム ドライバー」とソックリですが、ソール前方にも交換式ウェイトを備えているのが大きな特徴です。前方のウェイト2グラムに加えて、後方の移動式ウェイトも1.5グラム増量(スタンダードモデルは13.5グラム、ツアーモデルは15グラム)されており、重量級ヘッドになっています。

 コースで構えてみると、ヘッドの形状や見え方はスタンダードモデルと変わらないように感じました。ツアープロ支給モデルの限定発売品だからといって、極端なオープンフェースになっているわけでもなく、アドレス視点ではフェース面がしっかりと見えます。「このモデルは、ソール前方にウェイトが追加されただけのモデルなのかな」と思えるようなレベルです。

「パラダイム ツアー ドライバー」のスタンダードモデルとの最も大きな違いはソール前方にもウェイトが配されている点
「パラダイム ツアー ドライバー」のスタンダードモデルとの最も大きな違いはソール前方にもウェイトが配されている点

 実際に試打してみても、ヘッドの基本性能は「パラダイム ドライバー」とほぼ同じに感じられました。高慣性モーメントのヘッド特性が生かされていて、弾道は直進性が強く、球が曲がりづらい。今回はコース上での簡易的な試打だったので弾道計測はできませんでしたが、打ち出し角やスピン量もスタンダードモデルと大差はなさそうでした。とはいうものの、この「パラダイム ツアー ドライバー」の存在価値は大いにあると感じました。その理由は、ユーザーであるゴルファーが別売のウェイトに取り替えることで、ヘッドをさらに浅重心化できる機能性を備えているからです。

 スタンダードモデルの「パラダイム ドライバー」は、ヘッド最後部の移動式ウェイトとそれを支えるレール部分によって、スイング中にヘッド後方側を重く感じるタイプのドライバーでもあります。曲げずに低スピンで飛ばしやすい弾道特性、移動式ウェイトによる調整機能は気に入っていますが、もう少しヘッド後方部を軽くしつつ、ヘッド重量は維持したいと感じていたゴルファーは一定数いたはず。「パラダイム ツアー ドライバー」なら、それが可能となります。

 後方部の移動式ウェイトを軽量のものに替えるだけでもいいし、ソール前方のウェイトをもっと重いものに替えてもいい。こうやって浅重心化することでヘッドを振り抜きやすくなるし、より強い弾道を手に入れることができるようにもなります。痒いところにまで手が届く調整機能を備えているのが、この「パラダイム ツアー ドライバー」といえるでしょう。ただし、「パラダイム ドライバー」に鉛テープをベッタリ貼って調整するという人には、それほど魅力がないモデルかもしれません(最近はあまり見かけませんが……)。

「パラダイム トリプルダイヤモンドS」は許容性を備えた好バランスの美形ヘッド

【写真29点】トーナメントプロが使っているまんま!「パラダイム」ツアーバージョンの詳細画像

画像ギャラリー

「パラダイム ツアー ドライバー」もAI FLASHフェース採用
「パラダイム ツアー ドライバー」のヘッドの形状や見え方はスタンダードモデルと変わらない
「パラダイム ツアー ドライバー」もスタンダードモデル同様、ヘッド最後部に移動式ウェイトを装着
「パラダイム ツアー ドライバー」のスタンダードモデルとの最も大きな違いはソール前方にもウェイトが配されている点
「パラダイム ツアー ドライバー」
「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」
「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」はヘッド体積420ccと小ぶりで、均整のとれた洋ナシ型のヘッド形状
「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」には交換式ウェイトが2つ搭載
「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」には交換式ウェイトが2つ搭載
「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」もAI FLASHフェース採用
ベンタスTRブラックを装着して試打
左から「パラダイム ツアー ドライバー」と「パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー」
ヒールに刻印された「TC」で始まるシリアルナンバーがツアー支給品の証
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンドS ドライバー
キャロウェイ パラダイム ツアー ドライバー
キャロウェイ パラダイム ツアー ドライバー
キャロウェイ パラダイム ツアー ドライバー
キャロウェイ パラダイム ツアー ドライバー
ヒールに刻印された「TC」で始まるシリアルナンバーがツアー支給品の証
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド ツアー FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド ツアー FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド ツアー FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド ツアー FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド T FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド T FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド T FW
キャロウェイ パラダイム トリプルダイヤモンド T FW
1 2

最新記事