真っすぐ当てようとするから木に当たる! 林の中からの一発脱出は「フォローの形」が最重要

ラウンドをしていると、「このライからどうやって打てばいいんだっけ?」と戸惑ってしまうシチュエーションがある。そこで、ちょっとイレギュラーな状況に遭遇した時の構え方や打ち方をツアープロの川崎志穂(かわさき・しほ)に教えてもらおう。今回のテーマは「「林の中からの脱出ショット」。

真っすぐ打ちたい時はフォローでヘッドを立てる

 ショットを左右に曲げてしまい、ボールは林の中へ。林から脱出する時に遭遇するのが、木の間を抜かなければいけないシチュエーションです。そんな時は、どうすれば木に当てずに打ち出せるのでしょうか。

トゥを立てるイメージでフォローを出す。ヘッドがナチュラルに動き、フェースがスクエアな状態でインパクトしやすくなる
トゥを立てるイメージでフォローを出す。ヘッドがナチュラルに動き、フェースがスクエアな状態でインパクトしやすくなる

 よく見かけるミスは、「フェースをスクエアにして真っすぐ打とう」という意識が強すぎて、インパクトで手元が前に出てしまうケースです。手元が飛球線側に流れると、ヘッドが前に出ずフェースをコントロールできなくなります。

 フェースを真っすぐにしてインパクトするには、フォローでクラブの先を立てるイメージがオススメです。

 インパクト前後でフェースがスムーズにターンしてヘッドが動き、スクエアフェースでインパクトしやすくなります。打つ前にボールの先にスパットを決め、スパットを目がけてヘッドを出すと、狙った所に飛ばしやすくなります。

ロングアイアンよりミドルアイアンがオススメ

 注意しなければいけないポイントは他にもあります。ボール位置は両足の真ん中よりやや右足寄りにセットしましょう。葉や枝に当たらない低い球を打つことができます。

両足のセンターよりやや右足寄りにボールをセットし、いつもどおりにスイングすれば低い球が打てる
両足のセンターよりやや右足寄りにボールをセットし、いつもどおりにスイングすれば低い球が打てる

 この時、気を付けたいのは、打ち込まないことです。右足寄りにボールをセットし、いつもどおりにスイングすれば、自然にダウンブローになって出球は低くなります。右足寄りに置いて打ち込むと、ヘッドが鋭角に入り過ぎて地面に刺さってしまいます。

 また、番手選びも重要です。低い球が打ちたいからといって、ロフトが立っているロングアイアンを選ぶと、打ち出しからボールが転がり、手前のラフに食われて止まってしまう可能性があります。

 打ちたい距離にもよりますが、7番アイアンあたりをチョイスすると、林からスムーズに脱出できるはずです。

取材協力・姉ヶ崎カントリー倶楽部(千葉県)

【レッスン】川崎志穂(かわさき・しほ)

1996年5月9日生まれ、千葉県出身。拓殖大学紅陵高卒業後、2017年はQT25位の資格でレギュラーツアーにフル参戦。同年は3度目の挑戦でプロテスト合格も果たす。170センチの長身を活かした飛距離が魅力。2017年シーズンはドライビングディスタンス8位(248.58ヤード)に入っている。ミツウロコグループホールディングス所属。

【連続写真解説】番手選びも重要! 川崎志穂流「林の中からスムーズ脱出」

画像ギャラリー

フェースを真っすぐにしてインパクトしようとすると、手元が流れてヘッドが動かず、フェース面を管理できない。フォローでトゥを立てるとヘッドがスムーズに動き、狙った所に打ち出しやすい
ロフトが立ちすぎていないクラブを選び、ボールを右足寄りにセット。打ち出したい方向のスパットを狙い、フォローでトゥを立ててスイングする
ロフトが立ちすぎていないクラブを選び、ボールを右足寄りにセット。打ち出したい方向のスパットを狙い、フォローでトゥを立ててスイングする
ロフトが立ちすぎていないクラブを選び、ボールを右足寄りにセット。打ち出したい方向のスパットを狙い、フォローでトゥを立ててスイングする
ロフトが立ちすぎていないクラブを選び、ボールを右足寄りにセット。打ち出したい方向のスパットを狙い、フォローでトゥを立ててスイングする
ロフトが立ちすぎていないクラブを選び、ボールを右足寄りにセット。打ち出したい方向のスパットを狙い、フォローでトゥを立ててスイングする
ロフトが立ちすぎていないクラブを選び、ボールを右足寄りにセット。打ち出したい方向のスパットを狙い、フォローでトゥを立ててスイングする
トゥを立てるイメージでフォローを出す。ヘッドがナチュラルに動き、フェースがスクエアな状態でインパクトしやすくなる
両足のセンターよりやや右足寄りにボールをセットし、いつもどおりにスイングすれば低い球が打てる

最新記事