平らなマットで傾斜ショットの練習! 左足上がり&下がりは片足打ちドリルで対策できる

寒い時期はラウンドにほとんど行かないという人は、今のうちに基本動作の見直しや悪いクセを修正しておこう。今回のテーマは、「左足上がり&左足下がり」。フラットなマットの上でも、ひと工夫すれば傾斜打ちの練習が可能。レッスンプロの海老原秀聡コーチに効果的なドリルを教えてもらった。

左足立ちドリルで「左足下がり」対策! フィニッシュまで左ヒザの角度をキープ

 練習場ではうまく打てるのに、コースに行くとミスばかり……。そんなゴルファーは、傾斜に対応できていない可能性があります。

 ラウンドをしているとフラットなライはほとんどなく、アンジュレーションのある場所からショットしなければいけません。「傾斜地からのショットは普段練習できない」と思うかもしれませんが、フラットな練習場のマットの上でも対策できるんです。

左足下がりのライは、アドレスからフィニッシュまで左体重で振ることがカギ。左足立ちドリルで左ヒザの角度をキープしてスイング
左足下がりのライは、アドレスからフィニッシュまで左体重で振ることがカギ。左足立ちドリルで左ヒザの角度をキープしてスイング

 今回は、左足下がりと左足上がりに効果的なドリルを紹介しましょう。

 まず、左足下がりのライは、左足1本打ちで対策できます。右足を引いてツマ先立ちし、左足1本でアドレス。左体重のままスイングしましょう。

 いつもより左足寄りにボールをセットすると、インパクトしやすくなります。ポイントは、アドレスからフィニッシュまで左ヒザの角度をキープし続けること。

 フォローでヘッドを低く出すと、体が回りやすくなります。ラウンド中はこの意識で左足下がりのライに臨めば、ナイスショットが打てるはずです。

右足立ちドリルで「左足上がり」対策! 骨盤を正面に向けてフィニッシュ

 続いて、左足上がりに対応するドリルを紹介します。左足を引いてツマ先立ちし、右足に体重を乗せて構えてください。ボール位置はいつもより右足寄りです。

 アドレスの右足体重をキープし、右股関節の上で体を回すイメージでスイング。フィニッシュでも右足体重でいることが大切です。

左足上がりのライは、右足1本ドリルが効果的。アドレスからフィニッシュまで、右足体重でスイングする。骨盤を目標に正対させてフィニッシュをとるのがポイント
左足上がりのライは、右足1本ドリルが効果的。アドレスからフィニッシュまで、右足体重でスイングする。骨盤を目標に正対させてフィニッシュをとるのがポイント

「左足上がりのライはボールが上がりやすいし、簡単そう」と思う人もいるかもしれませんが、切り返しで左サイドに体重移動する動きが体に沁みついている人は、意外とこのライに苦手意識を持っているようです。

 右足1本打ちがうまくできない人は、まずフィニッシュの形を作ってみてください。骨盤をターゲットに正対させるぐらい腰を回し、体を目標に向けてフィニッシュをつくります。

 右足1本打ちをする時は、このフィニッシュを目指すと体がブレなくなります。実際のラウンドでは、左足をツマ先立ちする必要はありませんが、左足を少し引いて構えると、右足体重のまま体を回しやすくなるはずです。

取材協力・Golf & Fitness Point芝浦

【レッスン】海老原秀聡(えびはら・ひであき)

海老原秀聡(えびはら・ひであき)
海老原秀聡(えびはら・ひであき)

1990年生まれ、東京都出身。水城高校、中央学院大ゴルフ部出身。学生時代は「全国高等学校ゴルフ選手権団体」優勝(07年)、「関東学生ゴルフ選手権会長杯」準優勝(08年)、「全国大学ゴルフ対抗戦団体」3位(09年、10年)などの成績。卒業後は、12年の日本プロゴルフ協会資格認定テストに一発合格。現在は、「Golf & Fitness Point芝浦」でビギナーからアスリートまで幅広いゴルファーにレッスンを行いながら、様々なゴルフメディアでも活躍している。

【写真解説】平らな場所でもできる! 左足下がり&上がりを克服する片足立ちドリル

画像ギャラリー

左足下がりのライは、左足1本打ちで対策。右足を引いて左足体重でアドレスし、スイング中は、左ヒザの角度をキープしてフォローを低く出す
左足下がりのライは、左足1本打ちで対策。右足を引いて左足体重でアドレスし、スイング中は、左ヒザの角度をキープしてフォローを低く出す
左足下がりのライは、左足1本打ちで対策。右足を引いて左足体重でアドレスし、スイング中は、左ヒザの角度をキープしてフォローを低く出す
左足下がりのライは、左足1本打ちで対策。右足を引いて左足体重でアドレスし、スイング中は、左ヒザの角度をキープしてフォローを低く出す
フラットな場所でも左足上がりの対策ができる。右足1本で構えて右足体重のままスイング。フィニッシュで骨盤が目標に正対するぐらい体をしっかり回す
フラットな場所でも左足上がりの対策ができる。右足1本で構えて右足体重のままスイング。フィニッシュで骨盤が目標に正対するぐらい体をしっかり回す
フラットな場所でも左足上がりの対策ができる。右足1本で構えて右足体重のままスイング。フィニッシュで骨盤が目標に正対するぐらい体をしっかり回す
フラットな場所でも左足上がりの対策ができる。右足1本で構えて右足体重のままスイング。フィニッシュで骨盤が目標に正対するぐらい体をしっかり回す
左足下がりのライは、アドレスからフィニッシュまで左体重で振ることがカギ。左足立ちドリルで左ヒザの角度をキープしてスイング
左足上がりのライは、右足1本ドリルが効果的。アドレスからフィニッシュまで、右足体重でスイングする。骨盤を目標に正対させてフィニッシュをとるのがポイント
海老原秀聡(えびはら・ひであき)

最新記事