スライスが出なくなるバックスイングの上げ方【練習しても上達しないビギナー向け】

最近のドライバーはスライスが出にくいという割には、相変わらず右に曲がる人は多いようです。やはり、スイングが変わらなければスライスは治らないのでしょう。問題はスイングのどこを修正するかです。そこで、高久あずさプロがスライスしないバックスイングのやり方を教えてくれました!

クラブが水平になる位置で両手を腰よりも低くキープする

 スライスが出る原因はスイング軌道にあります。アウトサイドインの軌道でカット打ちになっているから、ボールにスライス回転がかかり、右へ大きく曲がってしまうのです。しかも、インパクトではクラブフェースが開き、ロフトが大きくなっているため、飛距離も出ません。

スティックやクラブを置いて、目標の右に向かってスイングするのがスライス撲滅のキモ

 なんとか右に曲がる度合を抑えようと、目標に対して体のラインをスクエアに合わせ、カット打ちにならないようにしても、その程度では絶対にスライスを修正できません。

 スライスしない打ち方をすることを第一に考えましょう。

 スライスする動きとは、バックスイングでの両手の位置にあります。トップで左腕が折れ、両手が頭に近いところにあると、ダウンスイングではクラブの入射角がきつくなり、カット打ちになります。

 逆に、スライスをしない人のトップを見ると、しっかりと左腕が伸び、両手は体から遠いところにあります。その結果、緩やかな角度でクラブが下り、カット打ちになりません。

スライスが出にくい人は両手が腰の高さで収まっている

 バックスイングでは両手を体から遠いところに上げることを心がけましょう。そのためには、クラブが水平になる位置で両手がどこにあるのかをチェックします。

 トップで両手が体に近づく人は腰よりも高い位置にあり、トップで両手が近づかない人は腰と同じ高さにあるからです。

 アドレスのときから、両手を腰の高さに抑えようと意識すると、ヘッドを飛球線に対して真っすぐ長く引くようになり、結果的に両手が体に近づかないトップをつくることができます。

わざとフックを打つ練習がスライス撲滅の近道

 練習場でスライスを修正するには、ボールを右に打ち出した後、左に曲がる球を打ちましょう。

 そのために練習場では左側の打席を選ぶべきです。ボールを右に打ち出すために、目標よりも右を向いて構えたいのですが、右側の打席だと左足が打席から出てしまうからです。

 スライスに悩む人はボールをつかまえる感覚がありません。目標よりも右を向いて構えるのはボールをつかまえる感覚を身につけるためです。

 目標に対してスクエアスタンスに構えてから、右足を半足ぶん下げてクローズスタンスに変えます。そのままスタンスの向きに沿ってクラブを上げて下ろしましょう。

目標の右を向いて構えたら、スタンスの向きに沿ってクラブを上げて下ろす

 ボールを目標の右に打ち出しても左に曲がらない人はボールがつかまっていません。さらに半足分右足を下げて構えましょう。

 体の右サイドが広いほどインパクトでフェースを返しやすいのでボールをつかまえることができます。体が先行せず、胸が正面を向いたタイミングでインパクトを迎えるイメージです。まずは、30ヤード先の看板を狙うつもりで小さなスイングから始めましょう。
 
 極端に左に曲がるようになったら、右足を下げる度合を小さくして調整しましょう。

 小さなスイングでボールがつかまるようになったら、徐々にスイングを大きくしていき、最終的にフルショットしたときに、ボールを右に打ち出して左へ曲るのが目標になります。

取材協力・エースゴルフクラブ千葉校

高久あずさ(たかく・あずさ)
1995年3月10日、福島県生まれ。
東北福祉大時代は関東女子学生に優勝し、同大学の団体戦優勝にも貢献する。当初はツアープロを目指したが、19年からレッスンの世界に身を置いている。TPIlevel1を取得。その人の悩みを解消し、ショットの正確性を身につけること、ショートゲームを上達させることに重点を置く。普段はやさしい笑顔を見せるが、レッスンとなると厳しい表情になる一面も。妹のみなみは21年の女子プロテストに合格している。

スライスが出なくなるバックスイングの上げ方を写真で確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2029/01/W3586-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/01/W3588-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/01/W3595-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/01/W3652-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/01/W3640-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/01/W3583-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/01/W3654-2-150x150.jpg

最新記事