これからの季節は絶対覚えておきたい! ベアグラウンドからのフェアウェイウッド“超簡単”脱出術

あるホールで急にトリやダブルパーを叩きスコアが崩れる……、そんな経験は誰にでもあります。大叩きする原因の一つは、トラブルからリカバリー失敗です。そこで、ティーチングプロの勝又優美に、様々なリカバリーショットの打ち方を教えてもらった。今回のテーマは「ベアグラウンドからのアプローチ」。

小さい振り幅で球を飛ばせるフェアウェイウッドがオススメ

 冬のゴルフは芝が枯れているエリアにボールが止まってしまうケースが多いですよね。さらに、グリーン周りには、硬い地面が露出しているところもあります。

 そんなベアグラウンドからのアプローチでは、「いつもどおりウェッジを使って寄せよう」と考えるのは危険です。ソールが地面に弾かれてトップしやすくなりますし、トップを嫌がってボールを右に置き、上からガツンとクラブを入れると、ザックリしてしまう可能性もあります。

薄芝やベアグラウンドからのアプローチは、転がしが使える状況であれば、フェアウェイウッドが有効。小さな振り幅で打てるので、ミスの可能性を減らせる
薄芝やベアグラウンドからのアプローチは、転がしが使える状況であれば、フェアウェイウッドが有効。小さな振り幅で打てるので、ミスの可能性を減らせる

 このシチュエーションで上からヘッドを入れる打ち方を選択すると、インパクトの強さを調整できず、距離を合わせるのも難しくなります。

 ボールを上げなければいけない状況でなければ、ベアグラウンドからのアプローチはフェアウェイウッドでの転がしがベターです。

スタンスを狭めてクラブを短く持ってアドレス

 フェアウェイウッドを使うメリットは、ボールを強く弾いてくれるため、小さい振り幅でスイングできること。スイングが小さくなるほど打点がブレにくくなるので、ミスヒットの可能性を減らすことができます。また、ソール幅が広いのでクラブが滑ってくれて、ダフリにくいというメリットもあります。

フェアウェイウッドを使うアプローチは、クラブを短く持ち、スタンスを狭くしてアドレスする。スイングがブレにくくなりミート率が上がる
フェアウェイウッドを使うアプローチは、クラブを短く持ち、スタンスを狭くしてアドレスする。スイングがブレにくくなりミート率が上がる

 フェアウェイウッドでアプローチする際のポイントは、クラブを短く持ち、腕の三角形をキープしてバックスイングすること。

 小さい振り幅でボールを飛ばせるといっても、手先だけでヒョイとクラブを上げると、ヘッド軌道がブレやすくなります。アドレスの段階から両ワキを軽く締め、手首を使わずに体の回転でクラブを上げましょう。

グリップエンドを常に体に向けておく

【連続写真解説】ベアグラウンドでもミスしない! FWを使ったアプローチ術

画像ギャラリー

スタンスを狭め、クラブを短く持ってアドレス。両ワキを軽く締め、腕の三角形をキープして、体の回転でスイングする
スタンスを狭め、クラブを短く持ってアドレス。両ワキを軽く締め、腕の三角形をキープして、体の回転でスイングする
スタンスを狭め、クラブを短く持ってアドレス。両ワキを軽く締め、腕の三角形をキープして、体の回転でスイングする
スタンスを狭め、クラブを短く持ってアドレス。両ワキを軽く締め、腕の三角形をキープして、体の回転でスイングする
スタンスを狭め、クラブを短く持ってアドレス。両ワキを軽く締め、腕の三角形をキープして、体の回転でスイングする
スタンスを狭め、クラブを短く持ってアドレス。両ワキを軽く締め、腕の三角形をキープして、体の回転でスイングする
薄芝やベアグラウンドからのアプローチは、転がしが使える状況であれば、フェアウェイウッドが有効。小さな振り幅で打てるので、ミスの可能性を減らせる
フェアウェイウッドを使うアプローチは、クラブを短く持ち、スタンスを狭くしてアドレスする。スイングがブレにくくなりミート率が上がる
ダウンスイング以降も、手先を使ってスイングするのはNG。アドレスからフォローまで、グリップエンドを体に向けておくと、手打ちを防止できる
1 2

最新記事