強く振っちゃダメ! ラフからのアプローチは “ゆっくり大きく”で寄せる

スコアメイクのカギを握るのはアプローチ。ティーショットとセカンドショットがうまくいって順調にグリーン近くに来たとしても、アプローチから何打も費やしてしまっては、スコアはまとまりません。ツアープロの岸部桃子を姉に持つ、ティーチングプロの岸部華子にアプローチを教えてもらいました。今回のテーマは「ラフからの打ち方」です。

腹筋を使ってゆっくり大きくスイングしよう

 ラフからのアプローチで大切なのは、芝の抵抗とどう向き合うか。芝に負けないように速く、強く振ると、逆に抵抗を大きく受け、極端に飛ばなかったりフェース面をコントロールできなくなります。

 まずアドレスでは、フェースを開いて構えることが大切です。ラフが深いほどフェースの開き具合を大きくすることで、芝の抵抗を受けにくくなります。

ラフが深いほど、フェースの開き具合を大きくする。ラフの抵抗に負けないように、しっかりグリップするのもポイント
ラフが深いほど、フェースの開き具合を大きくする。ラフの抵抗に負けないように、しっかりグリップするのもポイント

 また、インパクトで当たり負けしないように、最初からしっかりグリップしておくこともポイントです。

 スイングのイメージは、「速く・強く」ではなく、「ゆっくり・大きく」。

 ヘッドを加速させるのではなく、ヘッドを等速で動かすと芝が絡みにくくなります。等速で振るコツは、腹筋を使うこと。アドレスから腹筋に力を入れお腹から始動すると、ゆっくり振りやすくなるはずです。

インパクトで止めずに最後まで振り切る

 また、ヘッドを上から「ドン!」と落とすインパクトは、ヘッドスピードにバラつきが出て、距離や方向が合わなくなる原因になります。この打ち方は打点もブレやすくなるので注意しましょう。

インパクトでヘッドを止めると、距離感や方向性が狂いやすい。ゆっくり大きなスイングで、フィニッシュまで振り切る
インパクトでヘッドを止めると、距離感や方向性が狂いやすい。ゆっくり大きなスイングで、フィニッシュまで振り切る

 ヘッドは狙いを定めて上から落とすのではなく、アバウトにヨコから入れるイメージがベター。「ゆっくり・大きく」のスイングと相性がよく、インパクトが安定するはずです。

 ラフからのショットは弾道イメージもポイントです。ボールとフェースの間に芝が挟まったインパクトになるため、スピンが入りにくくランが出やすくなるからです。

 フェアウェイからのアプローチよりもランが出ることを考慮すると、距離感を合わせやすくなりますよ。

取材協力・CLUB HOUSE(千葉県千葉市)

【指導】岸部華子(きしべ・はなこ)

1995年生まれ、福島県出身。父親の影響で6歳からゴルフをスタート。当時からツアープロの姉・桃子とともに練習に励み、07年に『東北ジュニアゴルフ選手権 女子11歳以下の部』で優勝するなど活躍。中学時代は陸上部に所属していたが、東日本国際大学付属昌平高校でゴルフ部に入部。卒業後は、21年にLPGAティーチングA級を取得。現在は、ジュニア時代から師事していた横田英治が主宰する『クラブハウス』に所属。インストラクターとして活動しながら、姉のツアーキャディも務める。

【連続写真解説】ラフからのアプローチは速く振らない! 距離感も出る「ゆっくり・大きく」スイング

画像ギャラリー

アドレスの段階から腹筋に力を入れ、お腹の力でスイング。大きくゆっくりヘッドを動かすことが成功の秘訣
アドレスの段階から腹筋に力を入れ、お腹の力でスイング。大きくゆっくりヘッドを動かすことが成功の秘訣
アドレスの段階から腹筋に力を入れ、お腹の力でスイング。大きくゆっくりヘッドを動かすことが成功の秘訣
アドレスの段階から腹筋に力を入れ、お腹の力でスイング。大きくゆっくりヘッドを動かすことが成功の秘訣
しっかりクラブを握り、フェースを開いてアドレス。お腹の力をつかってヘッドを等速で動かそう。フィニッシュまで振り切るとインパクトが安定する
しっかりクラブを握り、フェースを開いてアドレス。お腹の力をつかってヘッドを等速で動かそう。フィニッシュまで振り切るとインパクトが安定する
しっかりクラブを握り、フェースを開いてアドレス。お腹の力をつかってヘッドを等速で動かそう。フィニッシュまで振り切るとインパクトが安定する
しっかりクラブを握り、フェースを開いてアドレス。お腹の力をつかってヘッドを等速で動かそう。フィニッシュまで振り切るとインパクトが安定する
しっかりクラブを握り、フェースを開いてアドレス。お腹の力をつかってヘッドを等速で動かそう。フィニッシュまで振り切るとインパクトが安定する
しっかりクラブを握り、フェースを開いてアドレス。お腹の力をつかってヘッドを等速で動かそう。フィニッシュまで振り切るとインパクトが安定する
ラフが深いほど、フェースの開き具合を大きくする。ラフの抵抗に負けないように、しっかりグリップするのもポイント
インパクトでヘッドを止めると、距離感や方向性が狂いやすい。ゆっくり大きなスイングで、フィニッシュまで振り切る

最新記事