プロはだいたい白いボールを使ってるけどカラーボールの利点は? シニアツアーで「見やすい」と評判の色は?

ゴルフボールは白色だけでなく、さまざまなカラーバリエーションのボールが存在します。プロや上級者はほとんどが普通の白いボールを使っているイメージですが、カラーボールにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ボールが見えづらくなった年配ゴルファーにオススメ

 ゴルフボールといえば白色が一般的でしたが、近年はさまざまな色のカラーボールが販売されています。ゴルフを始めたばかりのビギナーのなかには、カラーボールにどのようなメリットがあるのか分からず、なんとなく毎回白色を選んでいる人も多いかもしれません。

最近は鮮やかな色のボールもたくさん出ています 写真:AC
最近は鮮やかな色のボールもたくさん出ています 写真:AC

 では、カラーボールには具体的にどのようなメリットが存在するのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは以下のように話します。

「若いゴルファーであれば、カラーボールだからといって特別メリットを感じることはないと思います。ただ、歳をとってくると、背景とボールを識別する目の力が衰えてくるので、ボールの行方が分かりづらくなってきます。年配のゴルファーにカラーボールはオススメかもしれません。実際に、シニアツアーに出場しているプロゴルファーでも、カラーボールを使用している選手が増えている印象です」

「たとえばカラーボールのなかにはオレンジやレッドなどがありますが、もっとも見やすいとシニアプロの間で評判なのがイエローです。私は白を使っていますが、イエローを使っている仲間のプロは『グリーンオンしたかどうか分かりやすい』『打球が見やすい』といっています」

 ボールの見やすさは季節によって変わるので一概にはいえませんが、年配のゴルファーにはイエローが見やすいようです。夏は芝の色が濃くなるのでグリーンボールは使わない、秋は葉の色が橙色や黄色っぽくなるのでオレンジやイエローボールは避けるなど対策をとることもできます。

 冬は芝が枯れて白茶け、白やイエローのボールが見えづらくなるので、あえて原色系のカラーボールを使用することもあります。

カラーボールを使いたくても好みの色と銘柄が合致しない場合も

 一方、梶川プロ自身はカラーボールを使わない理由について次のように明かします。

「これは個人的な感覚なのですが、カラーボールはややスピンがかかりづらいと感じるときがあります。コーティング材の違いかもしれませんが、スピンはアプローチをコントロールするために大切なので、高いレベルを目指しているゴルファーは実際に試打してみて白色のボールと距離感や打感のズレがないかチェックしてから使用するといいでしょう」

 メーカーに聞くと性能はまったく一緒だと説明されるのですが、梶川プロと同じような感想を抱くゴルファーが一定数いるのも事実。視覚的な印象によるものもあるかもしれませんが、人間が使う道具である以上、感覚に与える影響も侮れません。一般アマチュアであればそこまで気にする必要はないかもしれませんが、ボールにこだわりがあってカラーボールを使いたい人は一度打ち比べてみてはいかがでしょうか。

 ただし、カラーボールは白色に比べて商品展開が少ないので、自身が使用したい銘柄が販売されていない場合が多いことも性能にこだわるゴルファーには敬遠されがちな要素かもしれません。また、1年間を通して平均的に視認性が高いのも白色のボールの優位性でしょう。
 
 ほかにも、練習場では白のボールを使用していることから、ラウンドでカラーボールになると集中力やリズムを崩すという理由で避けるゴルファーもいるようです。

 好スコアを狙うためには、なるべくボールをロストしないことが必須なので、自身が見やすいと感じるボールを選ぶことも重要です。

【画像】「プロV1 RCT」は普通のV1と何が違う?/鮮やかな帯が見やすいテーラーメイド「ツアーレスポンス ストライプ」ボール

画像ギャラリー

打感などは普通のプロV1と変わらない「プロV1 RCT」
「ガーミン アプローチ R10」を使い「プロV1 RCT」の実力をチェックしました
通常のプロV1で測定するとスピン量が多めに測定される傾向があった
「V1 RCT」なら実測の数字が測定できるのでよりリアルなデータを得ることができる
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ ブルー/ピンク
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ ブルー/ピンク
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ マルチカラー
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ マルチカラー
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ
最近は鮮やかな色のボールもたくさん出ています 写真:AC

最新記事