どうやって決まったの!? 「ドライバー」や「ウェッジ」「パター」などのクラブ名称の由来とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

どうやって決まったの!? 「ドライバー」や「ウェッジ」「パター」などのクラブ名称の由来とは?

当たり前のように呼んでいるクラブの名称ですが、改めて考えてみるとそれぞれどのような理由から付けられていったのでしょうか。

見た目で決まったものもある

 主にティーショットで使用し、最もボールを遠くまで飛ばすことができる「ドライバー」や、グリーン周りのアプローチショットなどで活躍する「ウェッジ」、そしてグリーン上で手にする「パター」など、ゴルフクラブにはそれぞれ固有の名称が付けられています。

 普段ラウンドする際には、各クラブを区別するためにこれらの名称を使いますが、「なぜこんな名称が付けられたのか」と由来まで考えたことのある人は少ないことでしょう。

当たり前過ぎて考えなかった「ドライバー」や「ウェッジ」の由来とは?
当たり前過ぎて考えなかった「ドライバー」や「ウェッジ」の由来とは?

 そこで、ゴルフクラブの名称はどのような経緯で付けられたのか、ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)に聞きました。

「まずウッド系ですが、その名の通りかつてヘッドが柿の木でできていたためこう呼ばれてきました。ドライバーは、一番ボールを飛ばせるので『運ぶ』を意味する『drive』が語源。2番ウッドのブラッシーは芝に落ちたボールを直接打つので、ソールが芝と擦れて摩耗しないように真鍮盤(ブラス)が取り付けられていた名残りです」

「3番ウッドはスプーンですが、昔はフェースがカトラリーのスプーンのようにヘコんでおり、ボールを高く上げられるような作りをしていたためです。4番のバフィはスコットランドの言葉で『平手打ち』を指す『sclaff』を一般的な英語で表した時に『buff』となるのが由来になっています」

 続けて、アイアンについても次のように話します。

「アイアンは、ウッドとは違って初期からヘッドに鉄を使用していたためこう呼ばれています。今なら5番や7番などと番号で分けるのが基本ですが、ちゃんとアイアンにも愛称が付けられていました。例えば5番アイアンは『マッシー』といいますが、スマートな形をしているので『洒落た男性』を意味する『マッシャー』とする説と、こん棒をフランス語で言った際の『マシー』とする説のどちらかが由来とされています。また、7番アイアンを『ベニー』と呼ぶケースも稀にありましたが、基本的にはマッシーとニブリックを軸として名称が付けられ、ソールの部分に刻印されているものも存在します」

 他にも「潰れた鼻」という言葉が語源の「ニブリック」という名前も使われていました。しかし、地域や年代によって、9番アイアンのことだったり、ピッチングウェッジを指していたりと、どのクラブをどんな名前で呼んでいたかには、微妙な違いがあるようです。

愛着が持てるようにと付けられたニックネーム

 ウェッジはロフト角が寝ていて「楔(くさび)」の形をしているため、そしてパターはスコットランドの言葉で「置く」を意味する「putt」から来ています。

 数あるゴルフクラブの中でも比較的新しいカテゴリーのユーティリティーは、ウッドとアイアンの中間に位置することから、欧米では「ハイブリッド」や、困った状況からでも助けてくれるので「レスキュー」とも呼ばれています。

日本では「ユーティリティー」と呼ばれるクラブも地域によっては「ハイブリッド」や「レスキュー」と呼ばれている
日本では「ユーティリティー」と呼ばれるクラブも地域によっては「ハイブリッド」や「レスキュー」と呼ばれている

 ゴルフ黎明期には、様々な種類のクラブが作られ試行錯誤が重ねられていました。兵庫県にある廣野ゴルフ倶楽部には、ゴルフの歴史が学べる「JGAゴルフミュージアム」が併設されており、クラブに関する規制がまだなかった頃に作られた面白いクラブが所蔵されています。

 小さな溝のような窪みにはまったボールが打てるように、幅が狭くなっているアイアンや、水切りショットをしやすくするために、フェースの真ん中に穴が開いているクラブがその一例です。当時は、競技というよりは遊びとしての要素が大きかったので、それぞれが好きなようにオリジナルクラブを開発していたのでしょう。

 時代や地域を問わず、人々はものに親しみを持てるようにキャラクター化したりニックネームをつけたりしてきました。ゴルフクラブも同様に個別で名称を付けることによって、長く使っていくうちに段々と密接な関係を築けるようにしたのかもしれません。

【写真17枚】フルセットで100万超えのクラブとは!? 「マジェスティ プレステジオ13」の詳細画像

画像ギャラリー

「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー メンズブラック(27万5000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー メンズブラック(27万5000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー メンズゴールド(27万5000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー メンズゴールド(27万5000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」フェアウェイウッド メンズブラック(18万7000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」フェアウェイウッド メンズブラック(18万7000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」フェアウェイウッド
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ハイブリッド メンズブラック(11万5500円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ハイブリッド メンズブラック(11万5500円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ハイブリッド
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」アイアン メンズブラック(1本・8万2500円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」アイアン メンズブラック(1本・8万2500円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」アイアン
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー レディース(27万5000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」ドライバー レディース(27万5000円、税込み)
「MAJESTY PRESTIGIO 13(マジェスティ プレステジオ サーティーン)」
当たり前過ぎて考えなかった「ドライバー」や「ウェッジ」の由来とは?
日本では「ユーティリティー」と呼ばれるクラブも地域によっては「ハイブリッド」や「レスキュー」と呼ばれている

最新記事