全員で探したら打ち込まれる危険性も! 隣接ホールからの脱出で最低限覚えておきたこととは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

全員で探したら打ち込まれる危険性も! 隣接ホールからの脱出で最低限覚えておきたこととは?

ティーショットが大きく曲がって隣のホールへ。リカバリーショットを打つ際は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

最優先事項は「自分がプレーするホールに戻す」こと

 ゴルフ場によってローカルルールはあるものの、「あるがままにプレー」がゴルフの大原則。ですから、たとえボールが隣ホールに行ったとしても、プレーは続行となります。

 では隣ホールからリカバリーショットを打つ際には、どんなことに気をつければいいのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは話します。

隣のホールからのショットで最優先すべきは「自分のプレーするホールに戻る」こと。ムリは厳禁
隣のホールからのショットで最優先すべきは「自分のプレーするホールに戻る」こと。ムリは厳禁

「一般的なコースの場合、ホールとホールの間には木や林が設置されているので、上を越すか、下を通さなければなりません。そのため、通常のショットよりも考えることが多く、リキんで木に当たったりダフったりなど、ミスをするリスクが高くなります」

「このような場面で大切なのは『自分がプレーするホールに戻す』というマネジメントを最優先させること。少しでもボールをピンに近づけたい気持ちは分かりますが、時にはグリーンから遠ざかっても、リスクの少ないショットを選択することが必要です」

 経験の浅いゴルファーは、こうしたリカバリーショットを打つ際、どんなクラブを何本ぐらい持っていくべきか迷うこともあるでしょう。多くのクラブを持っていくゴルファーも見かけますが、梶川プロは以下のように話します。

「最も練習しているクラブを選択するのがオススメです。ビギナーの場合、基本的に7番アイアンもしくは8番アイアン、追加でピッチングウェッジの2本を持っていきます」

 隣ホールに打ち込んだときには、同伴者や他の組のプレーヤーに対して気をつけたいことがあります。ボールを打ち込んでしまった際は「ファー」と危険を知らせる掛け声、そして隣ホールに入るときには、そのホールをプレーする組が優先であることを覚えておきましょう。

「隣ホールをプレーするプレーヤーの邪魔にならないように配慮します。もし、ショットしようとしている人がひとりでもいれば、全員が打ち終わるまで、木の幹の後ろに隠れて待ちます。そして、入る際には帽子をとって挨拶をするのがマナーです」

 焦る気持ちを抑えて、しっかり状況判断することがミスを断ち切るポイントかもしれません。

同伴者のボールの行方をチェック!

 進行がスムーズになることはもちろん、慌てずにプレーするためにも、同伴競技者のボールの行方を見ることはクセ付けたいものです。

「打った結果が見えない状況も多いですし、木に当たってしまうことも多くあります。ボールがどこに着弾したか把握できなければ、探すのに時間がかかってしまいます」

「さらに同伴競技者全員が隣のホールや、ホールとホールの間に入ってしまうと、後ろの組からプレーヤーが見えなくなります。カートを後ろの組が見える位置に停止させておく、もしくは誰かが見える位置に立っているなどの対応をしましょう」

 隣のホールからのリカバリーショットは難易度が高いことはもちろん、後ろの組や隣のホールの組にも配慮しなければならないので、注意するべき点が数多くあります。

 そのため、ショットに自信のないビギナーは、プライベートのラウンドであれば仲間内のローカルルールとして「1打ペナルティー」扱いで、自分のホールに戻すようにしてもいいでしょう。

 前後の組との間隔を考慮しながら、臨機応変に対処すると、落ち着いてスムーズにラウンドすることができるでしょう。

【連続写真解説】林を楽々越えられる高くて強い球の打ち方

画像ギャラリー

アマチュアが頻繁に遭遇する「林越え」。アドレスでは軸を右に傾けずに真っすぐ構えることが大切
林越えショットは高さとキャリーが必要になる。フックグリップで握ることで強い球が打てる
インパクトはロフトを立てるイメージで。フェースにボールが乗り、打ち出し角をキープできる
木の上を見ながら構えると、右肩が下がったアドレスになりやすい。目線を上げずに構えよう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクト前後で顔が上がるのもトップのミスが出る一因。フォローまでボールを見ずにしっかり振り切ろう
インパクトでロフトが寝ると、高さは出せるが林を超える強い球にならない
隣のホールからのショットで最優先すべきは「自分のプレーするホールに戻る」こと。ムリは厳禁。

最新記事