練習場で「苦手克服」はしない方がいい!? ラウンドでナイスショットが打てる「練習マネジメント」とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

練習場で「苦手克服」はしない方がいい!? ラウンドでナイスショットが打てる「練習マネジメント」とは?

アマチュアが最も練習するクラブはドライバーだといわれています。しかし、苦手クラブを重点的に練習したり、うまくいかないシーンばかりを部分的に繰り返し行う「練習マネジメント」では、上達の近道とはいえないかもしれません。そこで、筒康博コーチに「練習マネジメント」について聞きました。

よいリズムが悪いクセを隠す!「苦手」「嫌い」ばかり練習しない

 アマチュアが練習時に最も熱を入れるのがドライバーだといわれています。ナイスショットすれば飛距離が出て気持ちいいクラブなのは間違いないですが、話を聞くとラウンドでのOBやミスショット克服のために練習をしている人が多くいます。

スコアメイクや上達に重要な「苦手の克服」が逆効果になる可能性もある
スコアメイクや上達に重要な「苦手の克服」が逆効果になる可能性もある

 ドライバーに限らず「苦手」「難しい」と感じている番手ばかりを克服するための練習は、嫌いな野菜ばかり無理に食べさせられるのと似たストレスを感じるものです。もし練習量の割にうまくなっていないと感じているなら、今までと「練習マネジメント」を変えてみてはいかがでしょうか。

 例えば「リズムよく打てる」「何も考えなくても打てる」といった好きな番手をしっかり打ってから、その流れやリズムのまま苦手なクラブを打つ練習もオススメです。

細かいフォームを意識せず、好きな番手で「いいリズム」のショットのイメージを持つことから始め、その後に苦手克服に取り組むべき
細かいフォームを意識せず、好きな番手で「いいリズム」のショットのイメージを持つことから始め、その後に苦手克服に取り組むべき

 大好物のハンバーグに嫌いな野菜を混ぜて食べるのと同じ考え方の練習ですが、ナイスショットとミスショットの境界線はクラブやスイングに対する過剰な意識による「リズム」や「力感」の喪失である場合もあります。

頑固なクセが改善できない時は「左打ち」が有効

 スイングを改善する中で、「やりたい動きや形」がうまくできないことは多々あります。そんな時、左打ちで同じことを考えてみると、意外に方向性やアイデアが浮かんでくる場合があります。(※ただし、クラブを振る場合は必ず広い空間のインドアレンジが条件)

改善したい動きがうまくいかなかったら、左打ちで考えてみるのもあり(※ただし、クラブを振る場合は広い空間のインドアで行うのが条件)
改善したい動きがうまくいかなかったら、左打ちで考えてみるのもあり(※ただし、クラブを振る場合は広い空間のインドアで行うのが条件)

 クラブを持たず、シャドースイングで左打ちをやってみるのも有効です。プロの左打ちは左右のバランスを整える目的がほとんどですが、アマチュアの場合は「左の方がキレイにスイングできている」人が意外に多くいます。

 練習もプレーもしてない左打ちの方が「右打ちよりよい」のなら、欲もリキみもない左打ちの動きを取り入れてみるのも練習の活性化に繋がります。

練習時から「コースのつもり」でマメに番手を変えてみる

 もし明日が久しぶりのラウンドなら、普段どおりに短い番手から長い番手の練習に取り組むよりも、「コースのつもり」でドライバーから打ち始める「練習マネジメント」もアリです。

ラウンド時のように、練習場でもティーショットを想定したドライバーから始めたりして、番手をこまめに替えるのもあり
ラウンド時のように、練習場でもティーショットを想定したドライバーから始めたりして、番手をこまめに替えるのもあり

 また、同じ番手ばかり打っていてもラウンドでは「練習終わりに出たナイスショット」は望めません。なぜならそのショットは「同じ番手で20球打った結果」でしかなく、当日のラウンド中に同じ状況は訪れないからです。

 ナイスショットが出なくても「コースのつもり」で番手をマメに替えて練習した方が、その番手の「1球目」を意識した練習ができます。

 自然に素振りやイメージ作りも丁寧になり、ミスしても次のショットに気持ちが切り替えやすくなります。また、番手選びをする際のマネジメントも「確率」を自然に考えるようになります。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【動画】アマチュアの手本になる!? 原英莉花が公開したラウンド終わりの“居残り練習” 実際の映像

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

スコアメイクや上達に重要な「苦手の克服」が逆効果になる可能性もある
細かいフォームを意識せず、好きな番手で「いいリズム」のショットのイメージを持つことから始め、その後に苦手克服に取り組むべき
改善したい動きがうまくいかなかったら、左打ちで考えてみるのもあり(※ただし、クラブを振る場合は広い空間のインドアで行うのが条件)
ラウンド時のように、練習場でもティーショットを想定したドライバーから始めたりして、番手をこまめに替えるのもあり
1 2

最新記事