ラウンド後に満タンで帰るゴルファー急増中 千葉県はなぜガソリンが安いのか?

クルマでゴルフ場に行く場合が多いだけに、ガソリン代の高騰に悲鳴を上げているゴルファーは多いのではないでしょうか? しかし、そんな人に福音となるのが、ゴルフ場銀座として知られる地域のガソリン価格が安いこと。なぜなのか、日本ゴルフジャーナリスト協会会長の小川朗氏が取材しました。

千葉県はガソリンの安さ全国6位 さて1位と最下位は?

 今週末、ゴルフに行ったら給油もしよう。

 資源エネルギー庁が4日に発表した全国のレギュラーガソリンの平均価格(1日時点、1リットルあたり)は、前週よりさらに1.4円跳ね上がり、168.7円となりました。

長距離をドライブする機会が多いゴルファーなら、少しでも安いガソリンを求めているはず 写真:清流舎

 コロナ禍から経済が回復に転じ石油の消費が伸びたことと、原油産出国で構成されるOPECプラスがコロナ禍の需要減に対応して行った協調減産政策を維持していることなどが原因と言われていますが、ガソリンの値上がりは、これで9週連続。自らドライブしてゴルフ場へと向かうゴルファーにとっても、ありがたくない現象と言えそうです。

 ところが、先日、都内から千葉へとゴルフに出かけたゴルファーのKさんは、まんざらでもない様子で「行って良かったよ」とニンマリ笑うのです。なぜかと思い尋ねてみると、「実はね~、得しちゃったんです」。Kさんは千葉の長柄町でゴルフをした後、高速に乗る前に給油。その額がとんでもなく安かったそうなのです。

 千葉と都内で、そんなに価格が違うのでしょうか。そこで石油に関するさまざまな情報を発信している「一般社団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」に聞いてみました。すると、確かに、千葉は全国でもトップクラスの“激安県”であることが判明しました。

「先週の段階で、価格の高い順で行きますと、千葉は全国で42番目です。ガソリンの価格が安い順では、茨城、埼玉、岩手、徳島、岡山、千葉の順になります」

 千葉のガソリン価格が安いのは、確かなようです。全国で最もゴルフ場が多い市である市原市にある、千葉よみうりカントリークラブの枝川五輪男総支配人も、それを実感している1人です。

「普段は県内で給油していますので、意識していないのですが、千葉から東京に出張して給油することになったとき、価格の違いを確かに感じますね」と話してくれました。

千葉が安いのは製油所が近いからだけではなかった!?

 千葉のガソリン価格が安い理由は、どこにあるのでしょうか。

 Kさんは「やっぱり、千葉には製油所があるからでしょう。輸送費が上乗せされないからじゃないですか?」と、自説を展開してくれました。

 前出の石油情報センターに価格を左右する要因を聞いてみると「確かに、それ(製油所からの距離)もあります。価格が安い県のトップである茨城や、5番目の岡山、6番目の千葉にも製油所がありますから。ただ、それだけではないですね。価格が安い県に共通するのは、競争が厳しいことです。千葉ではホームセンターに併設されたガソリンスタンドなどがけん引役となり、周辺がそれについて行かざるを得ないという状態となって、激しい価格競争が起こりました。それが今も続いています。埼玉、岩手、徳島には、製油所はありませんが、車社会の激戦地であることが共通しています」

 こうなるとガソリンの高い県も気になるところです。

「先週の段階で1位は長野県です。続いて鹿児島、長崎、山形、大分の順になっています。長野、山形、大分といったところは、他に比べて価格競争が激しくない県ですね。鹿児島と長崎は離島がありますので、(平均すると)価格がどうしても高くなってくるのだと思います」

 いずれにせよ、ガソリンの価格に地域格差があるのは確かなようです。今週末、茨城や埼玉などの激安県へゴルフに出かける方は、現地で満タンにすることで、お得感を実感できるかもしれません。

 また、ガソリン高への対策として、車を相乗りしてゴルフ場に行くのも一つの方法でしょう。

「最近は本当に、若い方々が増えてきました。コースに直接送り、プレー後にコースから返送できるレンタルクラブを利用して、コースにもレンタカーを利用して来られる方々が増えましたね」(前出の枝川総支配人)

 なるほど、クラブを載せなければ小さめのクルマでも乗車できる人数が増える。これなら、1人あたりのガソリン代、高速代が節約できます。

2~3週間後にはガソリン代が下がる観測も

 一方、緊急事態宣言が解除されてから、人の流れも着実にコロナ前の状況に近づいているようです。枝川総支配人は「アクアラインの上りの渋滞が始まるのが早くなってきています。すでに14時くらいから始まります。土日だけでなく、平日も混んできていますね」と実態を明かした上で「うちでは朝6時からと、午後11時からのスループレー枠を設けていますが、特におすすめなのが早朝の枠ですね」と、早朝スループレーを推奨します。

 朝早くコースについて、スイスイと18ホールプレー。帰路も渋滞が起きる前に、スイスイとアクアラインを通って帰宅する。そうしたストレスフリーのゴルフが好評を博しているようです。渋滞を避けられれば、当然、燃費も上がります。

「11月いっぱいはスループレーをやっています。ぜひ混雑しない時間にプレーして、ガソリンも入れて帰っていただくのがよろしいかと」(枝川総支配人)

 こうなると、気になるのは年末に向けてのガソリン価格。高止まりは、まだ続くのでしょうか。

「昨日今日(11月3、4日)は原油価格が下がってきています。ガソリン価格は基本的に原油価格に連動して2~3週間のタイムラグをもって反映されますので、昨日今日のレベルがこのまま続けば落ち着いてくる可能性はありますが、価格が揃ってこないと、まだ何とも言えない状態ですね」(前出・石油情報センター)

 まだまだ予断を許せない状態が続くとあって、週末はガソリン激安県で給油とプレー、と行くのが正解かもしれませんね。

【写真】吉田優利がゲットした燃費最高の愛車を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/11/yoshida_2021Golf5_GettyImages-1338402466-2-150x150.jpg

最新記事