最高なゴルフ夏休みを約束! 行って欲しい注目ゴルフリゾート4選 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

最高なゴルフ夏休みを約束! 行って欲しい注目ゴルフリゾート4選

今年の夏はスペシャルなゴルフ旅行に行きたい! と考えている人も多いはず。そこで今回は、心ゆくまでゴルフ三昧ができるゴルフリゾートを厳選してご紹介。安心で楽しい旅にするためにも、「新しい旅のエチケット」(国土交通省)もチェックしてくださいね。

オールインクルーシブプランがお得! 木の温もりあふれるゴルフリゾートTHE RAYSUM(群馬県安中市)

 約2年間にわたる大規模改修工事を行い、今年4月にグランドオープンしたTHE RAYSUM(ザ・レーサム)。

 とびきりスタイリッシュなクラブハウスがゴルファーの間で話題になっていますが、それも納得の変貌ぶり。日本ゴルフツアー機構とジャパンゴルフツアー選手会が一体となって開催する新規大会「For The Players By The Players」(10月6日~9日)の会場になることもあり、注目度は増すばかりです。

「中はどうなっているの?」と思わず入りたくなる球体サウナと天然温泉の露天風呂 写真提供:THE RAYSUM

 コースは池、ティーイングエリア、バンカーの位置や形状を変え、20カ所のコレクションエリアを造成。高い戦略性を誇りつつ、幅広いレベルのプレーヤーが楽しめるレイアウトになりました。コースメンテナンスにも力を入れており、一面緑のじゅうたんに覆われたような芝密度と美しい景観など、最上のプレー環境を提供しています。

 300ヤードのドライビングレンジや、パー4ホールほどの広さで本コースと同じセッティングのアプローチエリアもあり、腕磨きには最高の環境が整っています。

 クラブハウス内は、木をモチーフにした温もりあるインテリアで統一されています。フレンチダイニングの「MAISON(メゾン)」、オープンスタイルのカフェテリアのほか、居心地のいいホテル、SPA「馨花(けいか)」など、どこも特別な時間を過ごすにふさわしい空間です。

 中でも注目は、大浴場。天然温泉の露天風呂、内湯に加え、“ととのえ親方”と呼ばれるプロサウナーの松尾大氏が監修した「球体サウナ」など2種類のサウナがあります。天然温泉の泉質は、美肌と疲労回復に効果の高いNa塩化物泉。

 ゴルフや練習といったアクティブなシーンから、身も心も解放するリラックスシーンまで、パーフェクトな1日が過ごせるTHE RAYSUM。

 プレーと宿泊、練習場コイン、食事、ドリンク、朝食時には正真正銘のシャンパン「MOET&CHANDON」も楽しめるオールインクルーシブプラン(下記)は必見です。

10月に行われる新規ジャパンゴルフツアー「For The Players By The Players」舞台に 写真提供:THE RAYSUM

THE RAYSUM(ザ・レーサム)

住所:群馬県安中市安中5853
セルフプレー料金(昼食限定食付):平日2万1800円、土日祝日2万9800円
宿泊料金(2名1室利用)/1泊軽朝食付き6000円~
オールインクルーシブプラン料金(~9月30日・2名1室利用・2Bの場合は平日+2200円、日祝+3300円)/1泊3食1ラウンド4~5万円 ※客室ミニバーのドリンクサービス、コース内売店茶屋のソフトドリンク フリーフロー、ラウンド前のカフェでのドリンク フリーフロー、ランチ&ディナー時にはアルコールを含むドリンクフリーフロー、滞在中の練習場コインサービス

名門コースの脇で1日2組限定のラグジュアリーグランピング! 室蘭ゴルフ倶楽部(北海道室蘭市)

 北海道中南部、室蘭市にある室蘭ゴルフ倶楽部は、大正4(1915)年開場。設計は、日本を代表するゴルフコース設計家・井上誠一氏です。

 北海道の豊かな自然を活かした美しさの中に高い戦略性が秘められており、特に傾斜のきつい砲台型グリーンは難易度高。攻略には、正確なショットと高度なアプローチのテクニックが求められます。

ホールは柏の樹林でセパレート。春夏は東風、秋は北西風と、四季折々で攻略法が異なるのも面白さのひとつ 写真提供:室蘭ゴルフ倶楽部

 そんな北海道屈指の難コースの脇に昨年6月、ラグジュアリーなグランピング施設「室蘭グランピング」がオープンしました。

 1日2組限定で、各棟はメインドームとセカンドドーム、ウッドテラスの3エリアからなります。シモンズ製マットレスのベッド、広々した水回り、トイレ、シャワー、備品など必要な物が備わっているので、ホテルライクに過ごすことができます。

 ゴルフ場を利用した人は6:30から18:00まで、ドライビングレンジやアプローチエリアも自由に利用可能です。

 夕食は、シェフのこだわりを詰め込んだコース仕立てのフレンチBBQ「大地のグリエ」。朝食は、4種類の焼き立てパンに地元の食材を自由に、好きなだけサンドする「グランピングサンド」を用意。

 1日2組限定というプライベート空間で、非日常の時間を満喫しましょう。

「室蘭グランピング」のドームテント「Villa Suite」の中 写真提供:室蘭ゴルフ倶楽部

室蘭ゴルフ倶楽部

住所:北海道室蘭市崎守町293-1
キャディ付きプレー料金:平日1万1900円、土日祝1万4800円
グランピング宿泊料金(2名1棟利用)/1泊朝夕食付き3万1350円~

ペットと宿泊可! 全日スループレー&フェアウェイ乗り入れOKのオーソルヴェール軽井沢倶楽部(長野県北佐久郡)

この記事の画像一覧へ(15枚)

画像ギャラリー

クラブハウスに入ると、正面に広がっているカフェテリア 写真提供:THE RAYSUM
THE RAYSUMのレストラン「MAISON」で供される料理の一例 写真提供:THE RAYSUM
夕食はプライベートテラスで、コース仕立てのフレンチBBQを(写真はイメージ) 写真提供:室蘭ゴルフ倶楽部
朝食の「グランピングサンド」には、登別ホエー豚のポトフが付く 写真提供:室蘭ゴルフ倶楽部
ワーキングスペース「THE WORK」の利用料は半日1000~、1日2000円~ 写真提供:オーソルヴェール軽井沢倶楽部
ランチメニューの一例「信州サーモン味噌焼き」。これにガーデンサラダが付く 写真提供:オーソルヴェール軽井沢倶楽部
「NEMUフォレストヴィラ」宿泊者限定のディナーBBQ「NEMU Style ぐりる」の一例 提供:NEMU RESORT
「中はどうなっているの?」と思わず入りたくなる球体サウナと天然温泉の露天風呂 写真提供:THE RAYSUM
10月に行われる新規ジャパンゴルフツアー「For The Players By The Players」舞台に 写真提供:THE RAYSUM
ホールは柏の樹林でセパレート。春夏は東風、秋は北西風と、四季折々で攻略法が異なるのも面白さのひとつ 写真提供:室蘭ゴルフ倶楽部
「室蘭グランピング」のドームテント「Villa Suite」の中 写真提供:室蘭ゴルフ倶楽部
浅間山を正面に、クラブハウスに向かって打ち下ろしていく18番ホール 写真提供:オーソルヴェール軽井沢倶楽部
シックなインテリアのレジデンスホテル 写真提供:オーソルヴェール軽井沢倶楽部
コース改造により、より輝きを増したNEMU GOLF CLUB 写真提供:NEMU RESORT
「NEMUフォレストヴィラ」 提供:NEMU RESORT
1 2

最新記事