新型コロナ第7波はまだ続く!? お得な「4バッグ限定プラン」のゴルフ場予約は控えるべき?

これまでで最大の感染者数となっている第7波。ゴルフ場の予約も、突然のキャンセルが出る可能性を考慮した方が良さそうです。

全員が来場できるかどうか当日まで分からない

 先日ひさしぶりに自分でゴルフ場を予約する機会がありました。親戚の女性がゴルフを始め、妻も再開したので、筆者の父親も誘って4人でのラウンドをセッティングしたからです。

 このラウンドの目的は親族の親睦ゴルフなので、予約するゴルフ場は女性でも気楽にプレーできて(難易度がそれほど高くなく)、多少涼しくて、景色がよくて料理がおいしいことを優先して選びました。

日頃から感染症対策をしていても、突然の発熱は誰にでも起こる 写真:AC
日頃から感染症対策をしていても、突然の発熱は誰にでも起こる 写真:AC

 そのゴルフ場のプランで最も安いのは4B限定プランでした。4B限定プランとは1組4名(4バッグ)利用限定の特別プランです。すでにメンバーが4人そろっているのだから、このプランでいいかなと思ったのですが、「※備考欄必読」という表記があったので備考欄を読みました。

 すると「やむをえず当日4名様未満となった場合は、プラン適用外となります」、「3名様または2名様になった場合でも4名様分の料金がかかりますのでご了承くださいませ」という表記がありました。

 その表記を見てちょっと考え込んでしまいました。今のご時世、どんなに警戒していても新型コロナウイルスに感染するリスクは誰にでもあります。感染したら当然ですがゴルフに行くことができません。

 メンバーが4人そろっているからといって、必ずしも全員が来場できるかどうかは当日になってみないと分かりません。それなのに4B限定プランで予約をするのはリスクが大きすぎると判断し、3B割増なしプランで予約しました。

4B限定プランはコロナが収束するまでは難しい?

 ゴルフ場関係者と話をしていると、以前は1組4人でプレーするのが当たり前だったので、50組分のスタート枠を用意すると来場者は200人でした。

 ところが昨今は3サムや2サムの来場者が増えているので、50組のスタート枠を用意しても来場者が200人に到達することはほとんどないそうです。

 平均バッグ数は平日が3.1~3.2、土日祝でも3.4~3.5という話でしたから、平日155~160人、土日祝170~175人という計算になります。

 3サムや2サムで割増料金を取っているゴルフ場もありますが、3サムは割増なしで2サムは割増ありという料金体系が主流になっていますから、ゴルフ場の収入は以前と比べて減っています。

 だからといってスタート枠をこれ以上増やすことはできません。したがって、ゴルフ場サイドとしては1組4人でプレーしてくれる人たちを優遇することで、4バッグの組を増やしたいのでしょう。

 その気持ちは分かるのですが、「3名様または2名様になった場合でも4名様分の料金がかかりますのでご了承くださいませ」と言われても、そこまでのリスクを背負って4B限定プランを申し込むメリットがありません。

 筆者がゴルフ場を予約したのはプレー日の25日前でしたが、その時点で4B限定プランと3B割増なしプランの料金差は30円でした。

 この原稿を書くために表記内容をあらためて確認したプレー日20日前の時点では1030円の料金差が生じていましたが、その料金差があっても4B限定プランは利用者側のリスクが大きすぎると感じてしまいます。

 コロナ前だったら何の抵抗もなく4B限定プランを申し込んだかもしれませんが、コロナ禍で4B限定プランは抵抗があり過ぎます。

 せめて「新型コロナウイルス感染などのやむをえない事情の場合はプランを適用します」という感じにしてくれないと4B限定プランを申し込む人はほとんどいないのではないかと感じました。

この記事の画像一覧へ(5枚)

画像ギャラリー

人感センサー付きで人が乗っていないときはストップ
ルーフに取り付けられ、1座席に1台あるのがうれしい
風量は強・弱を切り替えられる
真夏は熱中症予防のためになるべくカートに乗るのが賢明。送風機付きならなおさらです
日頃から感染症対策をしていても、突然の発熱は誰にでも起こる 写真:AC

最新記事