「飽きたらチェンジ」は意外とアリ!? ドライバーの「買い換え時期」はいつがいいの?

2023年、話題の新ドライバー発表が一段落し、いよいよ発売を迎えます。一方、昨年モデルは「マークダウン」で大幅値下げに。そこで、最新モデルを買い換えるのが正解なのか? それともお得なマークダウンを狙うべきなのか? ゴルファー目線でドライバー購入時期について筒コーチに聞きました。

2022年は大ヒットモデルが多かった!?

 毎年、新しいモデルが発売される中で「ドライバーの替え時はいつがよいのか」について考えたいと思います。ゴルファーは「他人のことは冷静に見られる」一方で、「自分のことになると見栄や主観が邪魔する」という傾向もあります。

 ちなみに、昨年のドライバーの売り上げでは、テーラーメイド「ステルス」、キャロウェイ「ローグST」、ダンロップ「ゼクシオ」に続き、後半に発売されたピン「G430」、タイトリスト「TSR」などが上位でした。

2022年に続き、23年も話題のドライバーが目白押し。一体いつがドライバーのベストな買い替え時期なのでしょうか?
2022年に続き、23年も話題のドライバーが目白押し。一体いつがドライバーのベストな買い替え時期なのでしょうか?

 昨年売れたドライバーでも、特筆すべきことが2つありました。ひとつは、長年ロングセラーモデルとして君臨しているダンロップ「ゼクシオ」が、新しいモデルが乱立する中でも順調に売れ続けたことです。もうひとつは、発売から2年経つピン「G425 MAX」もモデル末期にも関わらず売れていたことです。

 このデータから、日本人ゴルファーのドライバー購入に対するマインドを、一般アマチュアの声をもとに推論してみました。

「新しい=よい」というギア熱意系ゴルファーには年初がベター

 昨年、ダントツの話題になったのがテーラーメイド「ステルス」ドライバー。今までのドライバーとは一線を画す、新機軸のカーボンウッドは発売直後から爆発的人気になりました。

 2023年には、さらに寛容性を高めた「ステルス2」を発表、注目モデルになっています。

最新モデルが発表される年初から春までの時期なら、マークダウンされた前作と打ち比べて購入できる
最新モデルが発表される年初から春までの時期なら、マークダウンされた前作と打ち比べて購入できる

 一方、年間をとおしてグングン売上が伸びていったのはキャロウェイ「ローグST」シリーズでした。特に、年初から年末までトップグループを牽引した「ローグST MAX」は、クチコミで購入した人や、マークダウンしたタイミングで購入した人が僕の周りにもたくさんいました。

 2023年に発表された新シリーズ「パラダイム」も、年初のPGAツアーで破竹の3連勝と結果を出していて、注目せざるを得ないムードになっています。

 他にも注目モデルはたくさんあります。前作ピン「G425」の人気が落ちないまま、22年には「G430」シリーズが発売されました。同様にタイトリストからも「TSi」が人気を維持したまま、ブラッシュアップされた「TSR」シリーズが発売されています。

 最新モデルやマークダウンモデルを購入するゴルファーの「買い替え」タイミングは、主に年初から春までに集中します。ギア情報にアンテナを張っている熱意系ゴルファーなら、この時期に既存のモデルと新発売モデルを同時に比べることができるので、ベターなタイミングといえると思います。

まだ使えるのにドライバーを買い換える必要はあるの?

【画像】マークダウンになっているモデルも! 2022年に売れたドライバーランキング(有賀園ゴルフ調べ)

画像ギャラリー

2022年に売れたドライバー第1位 ステルス ドライバー (テーラーメイド ゴルフ)
2022年に売れたドライバー第2位 ローグST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)
2022年に売れたドライバー第3位 ゼクシオ 12 ドライバー(ダンロップ)
2022年に売れたドライバー第4位 G425 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン)
2022年に売れたドライバー第5位 ステルスHD ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2022年に売れたドライバー第6位 ステルスPLUS ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2022年に売れたドライバー第7位 ローグST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)
2022年に続き、23年も話題のドライバーが目白押し。一体いつがドライバーのベストな買い替え時期なのでしょうか?
最新モデルが発表される年初から春までの時期なら、マークダウンされた前作と打ち比べて購入できる
新しいドライバーに買い替えると、練習やラウンドが増える人も。モチベーションの向上などゴルファーを「活性化」してくれる
1 2

最新記事