「飽きたらチェンジ」は意外とアリ!? ドライバーの「買い換え時期」はいつがいいの?

2023年、話題の新ドライバー発表が一段落し、いよいよ発売を迎えます。一方、昨年モデルは「マークダウン」で大幅値下げに。そこで、最新モデルを買い換えるのが正解なのか? それともお得なマークダウンを狙うべきなのか? ゴルファー目線でドライバー購入時期について筒コーチに聞きました。

まだ使えるのにドライバーを買い換える必要はあるの?

 コースを回るためにクラブをそろえなければいけないビギナーでもないのに、毎年のように新発売されるドライバーを買い換える必要があるのか?「タイミングが分からない」というゴルファーもたくさんいるはずです。

 日本人には「弘法筆を選ばず」という言葉があり、「道具は使いこなすもの」の考えが根強くあります。一方で、合理的な考えを持った強い選手ほど、道具にこだわる傾向があり、それはゴルフに限ったことではありません。

新しいドライバーに買い替えると、練習やラウンドが増える人も。モチベーションの向上などゴルファーを「活性化」してくれる
新しいドライバーに買い替えると、練習やラウンドが増える人も。モチベーションの向上などゴルファーを「活性化」してくれる

 基本的なゴルファーマインドとして、購入時には最高だったクラブでも、ラウンドを経て「ミスの記憶」が蓄積され、「安定と停滞」へと気持ちが移って行きます。また、人間である以上、「飽き」の感情も否定することはできません。

 使い慣れたクラブを思いどおりに使いこなせるようになり、「これ以上ゴルフの向上はないかも」というマインドになったとき、あるいは「うまくいかないのはクラブのせいかも」という疑問が頭をよぎったときが、「買い替えを考えるサイン」と考えてはいかがでしょうか。

「もっとうまくなって、クラブの良し悪しがハッキリ分かるようになってから」と考えるゴルファーもいます。しかし僕は、「うまくいかないなら、クラブやスイングを見直すべき」と思っています。ゴルフは道具の影響が大きいスポーツなので、「道具を活用する」または「道具に頼る」のもアリなはずです。

 そして、クラブを買い替えると多くのゴルファーに「ある出来事」が起きます。新しいクラブを「もっとうまく使いこなしたい」、「いいショットを打ちたい」といったポジティブな気持ちでコースや練習場に足が向き、うまくいかない理由や対策を考えるようになります。「ゴルファー自身の活性化」が起こるのです。

 大人になってもワクワクしたり、仮にうまくいかなくてガッカリすることもゴルファーだから味わえる楽しさではないでしょうか。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【画像】マークダウンになっているモデルも! 2022年に売れたドライバーランキング(有賀園ゴルフ調べ)

画像ギャラリー

2022年に売れたドライバー第1位 ステルス ドライバー (テーラーメイド ゴルフ)
2022年に売れたドライバー第2位 ローグST MAXドライバー(キャロウェイゴルフ)
2022年に売れたドライバー第3位 ゼクシオ 12 ドライバー(ダンロップ)
2022年に売れたドライバー第4位 G425 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン)
2022年に売れたドライバー第5位 ステルスHD ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2022年に売れたドライバー第6位 ステルスPLUS ドライバー(テーラーメイド ゴルフ)
2022年に売れたドライバー第7位 ローグST MAX D ドライバー(キャロウェイゴルフ)
2022年に続き、23年も話題のドライバーが目白押し。一体いつがドライバーのベストな買い替え時期なのでしょうか?
最新モデルが発表される年初から春までの時期なら、マークダウンされた前作と打ち比べて購入できる
新しいドライバーに買い替えると、練習やラウンドが増える人も。モチベーションの向上などゴルファーを「活性化」してくれる
1 2

最新記事