練習場でもゴルフシューズを履くべき理由 スパイク以外でスニーカーとの決定的な違いとは?

歩きやすくスイングもしやすいシューズとはどんな条件を備えているものなのでしょうか。ゴルフコーチでスポーツシューフィッターの神谷幸宏氏は、双方を両立させるために重要なポイントがあると言います。そこには、練習場でもゴルフシューズを履くべき大きな理由がありました。

歩行とスイングに大きく影響する「ドロップ」

 スポーツタイプやカジュアルタイプ、さらに伝統的なクラシックタイプまで、さまざまなタイプが発売されているゴルフシューズ。どれも歩きやすく、スイングしやすい工夫がされていますが、ゴルフコーチでスポーツシューフィッターの神谷幸宏氏は、双方を両立させるために重要なポイントがあると言います。

ゴルフシューズはわずかにカカトが高い「ドロップ」が設けられているものが大半 写真:山上忠
ゴルフシューズはわずかにカカトが高い「ドロップ」が設けられているものが大半 写真:山上忠

 歩きやすくスイングもしやすいシューズとはどんな条件を備えているものなのか、ポイントになるのが「ドロップ」だそうです。ドロップとはカカトの高さとツマ先の高さの高低差のことで、数値が大きいほどカカト側が高くなります。

「カカト側が高い、ドロップの大きなシューズは筋肉をあまり使わなくても足が前に出しやすいので、歩きやすいシューズとなります。一方で、ゴルフスイングでは切り返しからインパクト、フォローにかけて、右足のツマ先から左足カカトへの体重移動が不可欠です。ドロップが大きすぎると、左足カカトへの体重移動がしにくくなってしまうことがあるんです」

 つまり、歩きやすさとスイングのしやすさは対極にあり、歩く時間が長いゴルフでは、歩きやすさとスイングしやすさのちょうどいい塩梅を取るのが難しいというわけです。練習場でドロップの少ないスニーカーで練習して調子が上がっても、コースでゴルフシューズを履いた時に調子を崩すなら、シューズの影響が出ている可能性があるかもしれません。

 そんなゴルファーは「普段からゴルフシューズを履いて練習することが大事なる」と神谷プロ。数字にすれば数ミリのことですが、それによって体重移動のしやすさは大きく変わってくるのです。「うまく回転ができずインパクト付近でスイングが詰まってしまう」、「スムーズに体重移動ができない」などと悩むゴルファーは、シューズを選ぶ際に気にしたいポイントとなりそうです。

シューズは重いほうが安定するのか?

【写真】シューズ選びで外せない手順と緩みにくい紐の通し方

画像ギャラリー

ドロップの大きさが足にしっくり来ていればしっかり体重移動ができる 写真:山上忠
逆にしっくりこないと、うまく回転できない 写真:山上忠
カカトのフィット感が大事。確かめるには手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
カカトのフィット感が大事。確かめるには手でシューズを動かしてみるといい。足とシューズが一緒に動くならフィットしている 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想 写真:山上忠
サイズが分かりにくかったらインソールを出して確認してみるといい。ツマ先に1センチの余裕があるのが理想 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
履いたら必ず立った状態で歩いたりスイングの形をつくったりして足に当たる部分がないかチェック 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
写真のようにシューホールの上2つを使って輪っかをつくり、紐の先を輪っかに通すようにすると、結ぶまでに緩まず調整もしやすい 写真:山上忠
ゴルフコーチ兼スポーツシューフィッターの神谷幸宏氏
ゴルフシューズはわずかにカカトが高い「ドロップ」が設けられているものが大半 写真:山上忠
スパイクモデル、スパイクレスモデルともに最近のシューズはソール全体に凹凸があるのが当たり前 写真:山上忠
1 2

最新記事