無料から100万円オーバーまで!? ゴルフ場の“年会費”は今後も値上がるのか? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

無料から100万円オーバーまで!? ゴルフ場の“年会費”は今後も値上がるのか?

ゴルフ会員権を購入してメンバーになると、入会した月からほとんどのゴルフ場で支払うことになる「年会費」。物価の上昇と同様、近年は値上げに踏み切るコースが増えてきました。今後も上昇傾向が続くのでしょうか? 専門家に聞いてみました。

メンバー重視の証? 年々上昇傾向にある「年会費」

 ゴルフ会員権を購入してメンバーとなったその月から、ほとんどのゴルフ場で請求される「年会費」。

 年会費のかかるゴルフ場のメンバーになると、初年度は年会費を12カ月で割った金額×コース入会月~該当月ぶんを入会時に支払うことになります。2年目以降はそのコースの年度末に請求書が届くので、年度初めに一括で支払うのが通例となっています(※ゴルフ場によって年度末、年度初めは異なります)。

近年ゴルフ場の維持管理コストが上昇し、年会費の値上げに踏み切るゴルフ場が増えてきた 写真:AC
近年ゴルフ場の維持管理コストが上昇し、年会費の値上げに踏み切るゴルフ場が増えてきた 写真:AC

 では、プレーの有無に関わらず、メンバーになると大抵のゴルフ場で毎年請求されることになる年会費は、どのようなことに使われているのでしょうか。

 会員制のゴルフクラブにとって、メンバーから徴収する年会費は貴重な収入源です。

 メンバーから集められた年会費は、一般的にはコースや練習場の整備、クラブハウスを始めとした設備の改修などに充てられます。会員のプレー環境をよりよく整えるための資金として、長期的な計画に基づいて使用されるわけです。

 クラブ運営の未来を左右することにもなり得るのが「年会費」ですが、実はゴルフ場によって、その金額はさまざま。“名門”と呼ばれるゴルフ場ほど、年会費も高額なのでしょうか?

「いやいや、そんなことはありませんよ。名門コースでも年会費を良心的な価格設定にしているゴルフ場もあります」と語るのは、四半世紀に渡りゴルフ会員権の売買を専門に行ってきた加賀屋ゴルフ代表の前田信吾さん。

「年会費を高く設定するか安く設定するかは、経営者側の考え方によるでしょうから、一概にどちらがよいとはいえないでしょう。でもここ数年はゴルフ場の維持管理コスト自体が高騰しているので、全体的に年会費も上昇傾向にあると思います」

「またメンバーシップコースとしては、メンバーを最優先してビジターの入場を制限することで、ゴルフ場の格式を維持したいという思いがあるのかもしれません。でもそうすると売り上げ自体は減ってしまう可能性があるので、『そのぶんはメンバーからの年会費でカバーせざるを得ない』と考えるゴルフ場があってもおかしくないと思います」

“年会費無料”のコースもあれば年間100万円かかるコースも!

【写真】恐怖の浮島グリーン! 設計家ピート・ダイのすごさが分かる日本のコース3選

画像ギャラリー

両サイドにいくつものマウンドが連なるPGMマリアGLの9番ホール 写真:ゴルフ場提供
日本庭園を思わせるPGMマリアGLの18番ホールの白砂バンカー 写真:ゴルフ場提供
南国情緒を醸すPGMマリアGLのクラブハウス外観。最寄りの圏央道・木更津東ICから約5kmとアクセスも便利 写真:ゴルフ場提供
PGMマリアGLでは『大人のリゾートハウス』をテーマに、華やかさと落ち着きを兼ね備えたロビーがゴルファーを迎える 写真:ゴルフ場提供
超ロングバンカーが強烈な存在感を示す新・西山荘CCの6番ホール 写真:ゴルフ場提供
常連のプレーヤーが「火星のよう」と表現する新・西山荘CC13番ホール。難易度も他の星レベル!? 写真:ゴルフ場提供
コースだけでなく、クラブハウスも個性的な新・西山荘CC 写真:ゴルフ場提供
距離感を合わせるのが難しいピートダイGCロイヤルCの12番ホール。アゲンストの風も難易度を上げる 写真:ゴルフ場提供
三角屋根が特徴のピートダイGCロイヤルCのクラブハウス。コースは栃木県の北西部に位置する 写真:ゴルフ場提供
設計コンセプトの集大成ともいえる、PGMマリアGLの17番ホールの浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
新・西山荘CC17番ホールの浮島グリーン。スリリングな興奮を味わおう 写真:ゴルフ場提供
ピートダイGCロイヤルC8番の浮島グリーン。コースは、ピート・ダイの設計理念がギュッと凝縮された造りになっている 写真:ゴルフ場提供
近年ゴルフ場の維持管理コストが上昇し、年会費の値上げに踏み切るゴルフ場が増えてきた 写真:AC
年会費が1万3200円と格安な名門・磯子CCの14番。「アクセスもホスピタリティも最高です」と前田氏 写真提供:加賀屋ゴルフ
“年会費無料”の常陽CC。「グリーンが小さくて難しいけどいいコース」と前田氏 写真提供:加賀屋ゴルフ
1 2 3

最新記事