パー5で「3打目は得意な距離を残す」なんてムリ!? コースマネジメントのワナとその対処法とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

パー5で「3打目は得意な距離を残す」なんてムリ!? コースマネジメントのワナとその対処法とは?

中上級者とビギナーや女性ゴルファーで意見が分かれるのが「パー5」の難易度とスコアメイク術。特に3打目で「得意な距離を残す」というセカンドショットのコースマネジメントは、中上級者にとっては当たり前でも簡単なことではありません。ビギナーや女性ゴルファーにとって最善なパー5のマネジメントはあるのでしょうか?

パー5のティーショットは「ロングホール」と考えないで打つべき

 日本ではパー5を「ロングホール」とも呼びますが、海外では「距離が長いホール」という意味で使われています。また、距離が短いパー3だけは「ショートホール」と呼ぶことはありますが、パー4をミドルホールとは呼びません。

日本独自の「ロングホール」の言葉の響きが、ビギナーや女性ゴルファーに「飛ばさなければいけない」とプレッシャーを与えてミスを誘発しているなら、パー5を「ロングホール」と思わないのがオススメです。

中上級者にとってはパー5の「3打目を得意な距離を残す」コースマネジメントは、ビギナーや女性ゴルファーにとっては危険な選択になることも
中上級者にとってはパー5の「3打目を得意な距離を残す」コースマネジメントは、ビギナーや女性ゴルファーにとっては危険な選択になることも

 パー5では3打目でグリーンを狙うことを考えると、実は毎ショットの飛距離はあまり必要ではないことが分かると思います。

 パー5では、むしろティーショットを飛ばす必要はないのです。例えば480ヤードのパー5だったとして、「3分の1」の飛距離である160ヤードを確実に越える飛距離が出ればチャンスはあるのです。

 これが中上級者にとって「パー5が一番やさしい理由」なのですが、ドライバーを軽く打ったからといって真っすぐ飛ぶ確実性も、フェースの芯に当たる可能性も少ないのが現実です。さらに、コンペなどではパー5をドラコンホールに設定していることも難しくさせている理由の一つかもしれません。

 ビギナーにとっては、パー5に限らず「ドライバーは打ってみないと分からない」のが現実。そこで、セカンドショットのマネジメントが重要になるのです。

残り距離の計算よりも「打てる所まで行けばOK」と考える

 パー5で「3打目の残り距離」を考えてセカンドショットが打てるなら、すでに80台でラウンドできる腕前のはずです。もしビギナーが「100切り」を目指すなら、パー5のセカンドショットは状況を見て「当たる自信がある番手で打つ」ことが現実的。

残り距離を考えるよりも「当たる自信がある番手」で打った方が失敗も精神的ショックも少ない
残り距離を考えるよりも「当たる自信がある番手」で打った方が失敗も精神的ショックも少ない

 ラフやバンカーなど「ボールに当てるのが難しい場所」から打たなければいけない場合なら、3打目の残り距離が長くなっても短い番手で打つしかありません。前方に池がなく前が開けていたなら、フェアウェイウッドでチャレンジしたりロフトが少ないユーティリティーもアリです。

 ただし「うまく打てる自信がない」のに距離だけを優先するのはNGです。左右にペナルティーがある場合は、最低限「どちらかには行かない自信がある」ぐらいを目安にしてセカンドショットに臨みましょう。

パー5の3打目は「ピンチにしない」ことが重要

【写真】パー5の2打目を楽にする! 最新ユーティリティー売れ筋ランキング(有賀園ゴルフ調べ)

画像ギャラリー

2023年3月の売れ筋ユーティリティー第1位 G430 ハイブリッド(ピンゴルフジャパン)
2023年3月の売れ筋ユーティリティー第2位 パラダイム ユーティリティ(キャロウェイゴルフ)
2023年3月の売れ筋ユーティリティー第3位 ステルス 2 レスキュー(テーラーメイド ゴルフ)
2023年3月の売れ筋ユーティリティー第4位 G430 HL ハイブリッド(ピンゴルフジャパン)
2023年3月の売れ筋ユーティリティー第5位 パラダイム マックスファスト ユーティリティ(キャロウェイゴルフ)
中上級者にとってはパー5の「3打目を得意な距離を残す」コースマネジメントは、ビギナーや女性ゴルファーにとっては危険な選択になることも
残り距離を考えるよりも「当たる自信がある番手」で打った方が失敗も精神的ショックも少ない
短い距離のパー5の3打目は、欲張ってピンを狙うよりも練習不足や苦手な場所に入って大トラブルならないよう細心の注意が必要
1 2

最新記事