熱中症で無念の途中棄権…河本結が“悔しい”胸の内を明かす 「私がなるなんて思いませんでした」

「楽天スーパーレディース」2日目に熱中症のため途中棄権を余儀なくされたプロゴルファーの河本結(かわもと・ゆい)がインスタグラムのストーリーズを更新。自身の状態について報告しました。

「プレーできなくて悔しいです」

◆国内女子プロゴルフ<楽天スーパーレディース 7月27~30日 東急グランドオークゴルフクラブ(兵庫県) 6636ヤード・パー72>

 女子プロゴルファーの河本結がインスタグラムのストーリーズを更新。自身の状態について報告しました。

河本結は2日目の6ホール終了後に無念の途中棄権(写真は初日) 写真:Getty Images
河本結は2日目の6ホール終了後に無念の途中棄権(写真は初日) 写真:Getty Images

 きょうから決勝ラウンドが始まる国内女子ツアー「楽天スーパーレディース」。初日をイーブンパーで終えた河本でしたが、28日に行われた第2ラウンドの6ホール終了後に熱中症のため途中棄権。ファンからは心配の声が上がっていました。

 同日、河本はインスタグラムのストーリーズで「ご心配をおかけしております」と書き出し、「昨日(27日)の夜から吐き気とめまいがしてて…ゆっくり休んだのですが途中で吐き気と立ちくらみ、頭痛がひどくなり熱中症になってしまい棄権となりました」とコメント。

 前週「大東建託・いい部屋ネットレディス」では今季初のトップ10入り(8位)を果たし、自身も「こっから、いきます」と巻き返しを誓っていた中での棄権で、「状態が良かっただけに、プレーできなくて悔しいです。すみません」と悔しさをにじませた胸の内を明かしました。

 連日の猛暑による過酷な環境での戦いが続く今大会。投稿には点滴を打つ写真がアップされ、「私がなるなんて思いませんでした」とつづった河本は、最後に「たくさん水分とって、冷やして、皆さんも本当に気をつけてください」とファンへ呼びかけ、投稿を締めくくりました。

 なお、予選ラウンドを終え首位に立ったのは、トータル11アンダーをマークした鈴木愛と宮澤美咲。1打差の3位タイに吉田優利、桑木志帆、小祝さくらが続く展開になっています。

河本 結(かわもと・ゆい)

1998年8月29日生まれ、愛媛県出身。ツアーを席巻している「黄金世代」の一人。両親の影響で5歳からゴルフを始め、2018年にプロテスト合格。翌年の「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」でツアー初優勝を挙げる。弟はプロゴルファーの河本力。リコー所属。

【写真&動画】大会初日には“スーパーショット”を披露も…途中棄権を余儀なくされ点滴を打つ河本結の姿がアップされた実際の投稿

【画像】プロも熱中症対策! “氷のう”と共にプレーする菅沼菜々、西村優菜ら女子プロたちの姿

画像ギャラリー

日傘を差し氷のうを頭に乗せて暑さをしのぐ菅沼菜々 写真:Getty Images
菅沼菜々 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
尾関彩美悠 写真:Getty Images
ささきしょうこ 写真:Getty Images
脇元華 写真:Getty Images
女子プロが日傘を差しながらプレーする光景はおなじみになった 写真:Getty Images
河本結は2日目の6ホール終了後に無念の途中棄権(写真は初日) 写真:Getty Images
1 2

最新記事