悲願の1勝…菅沼菜々がもがき苦しんだ日々を振り返り心情を吐露 「もう勝てないのかなって何度も」

プロゴルファーの菅沼菜々(すがぬま・なな)が自身のインスタグラムを更新。ツアー初優勝を手にした「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の戦いを振り返りました。

「諦めずに頑張ってきてよかったです」

◆国内女子プロゴルフ<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 8月11~13日 軽井沢72ゴルフ北コース(長野県) 6702ヤード・パー72>

 女子プロゴルファーの菅沼菜々が自身のインスタグラムを更新。戦いを終えた現在の心境を明かしました。

悲願のツアー初優勝を手にした菅沼菜々 写真:Getty Images
悲願のツアー初優勝を手にした菅沼菜々 写真:Getty Images

 8月11日から13日まで開催された国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。通算16アンダーで並んだ神谷そらとの2ホールにわたるプレーオフを制し、菅沼が待望のツアー初優勝を飾りました。

 最後のパットを沈め、勝利が決まった瞬間に右手を高く掲げて満面の笑みを浮かべた菅沼。優勝を争った神谷とは、互いに健闘をたたえ合う場面も映し出されていました。

 試合後に投稿したインスタグラムでは「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント初優勝することができました!」と報告。続けて「苦しい場面もありましたが今日は大好きなアイドルになりきって、笑顔でやりきりました!笑」とプレーオフにまでもつれる死闘となった最終日の戦いを振り返りました。

 一方で、「なかなか勝てなくて、本当に悔しくてもう勝てないのかなって何度も思ったりもしました」と心情を吐露。昨季はトップ10入りを15回記録しながらもツアー優勝には届かなかった菅沼。

 今季もここまで勝ちきれない戦いが続いていたものの、ツアー通算122試合目での悲願達成に「諦めずに頑張ってきてよかったです」と喜びを伝え、「たくさんのご声援本当にありがとうございました」とファンへ感謝のメッセージをつづりました。

 最後に「この一勝をバネにもっともっと活躍して、自称アイドル風ゴルファー頑張ります!笑」とおちゃめにコメント。菅沼らしいチャーミングな意気込みを語って締めくくられたこの投稿に、ファンからは「優勝おめでとうございます」「感動をありがとう」「本当に待ってました」「完璧なアイドルです」「なーちゃんが主役の1日でした」など祝福の声が多数寄せられています。

菅沼 菜々(すがぬま・なな)

2000年2月10日生まれ、東京都出身。18年プロテスト合格。20-21年シーズンは賞金ランキング47位で初のシードを獲得。22年シーズンは、メルセデス・ランキング8位と躍進。23年「NEC軽井沢72ゴルフ」では、神谷そらとのプレーオフを制して悲願の初優勝を挙げる。あいおいニッセイ同和損保所属。

【動画】同学年の稲見萌寧も祝福…! 悲願のツアー初優勝を成し遂げた菅沼菜々“勝利の瞬間”をプレイバック 実際の映像

【画像】プロも熱中症対策! “氷のう”と共にプレーする菅沼菜々、尾関彩美悠ら女子プロたちの姿

画像ギャラリー

氷のうと日傘を駆使して暑さをしのぐ菅沼菜々 写真:Getty Images
菅沼菜々 写真:Getty Images
尾関彩美悠 写真:Getty Images
西村優菜 写真:Getty Images
ささきしょうこ 写真:Getty Images
脇元華 写真:Getty Images
女子プロが日傘を差しながらプレーする光景はおなじみになった 写真:Getty Images
悲願のツアー初優勝を手にした菅沼菜々 写真:Getty Images
1 2

最新記事