キャスコの“アカパタ”新作はシャフトがフェースに直接挿さってる!? 「Red9/9DELTA-FACE」10月6日発売

キャスコは真っすぐ構えて真っすぐ打てる“アカパタ”こと「Red9/9」パターシリーズから打感にこだわった新作「Red9/9DELTA-FACE」を10月6日(金)に発売することを発表しました。

打感を手に感じられる新開発「DELTA-FACE」

 キャスコは真っすぐ構えて真っすぐ打てる“アカパタ”こと「Red9/9」パターシリーズから打感にこだわった新作「Red9/9DELTA-FACE」を10月6日(金)に発売することを発表しました。

キャスコ「DELTA-FACE(デルタフェース)」パター 左から「丸マレット」(Red9/9 DF-017)「角マレット」(Red9/9 DF-016)
キャスコ「DELTA-FACE(デルタフェース)」パター 左から「丸マレット」(Red9/9 DF-017)「角マレット」(Red9/9 DF-016)

 この新作ではフェースとネックが一体となった「DELTA-FACE(デルタフェース)」を新開発。シャフトが直接フェースに刺さっているため、ホーゼルがあるよりもフィーリングが直接伝わりやすい仕様となっています。ブレードの厚みも前モデルより薄くなり、より打感を感じやすくなったとしています。

 このパターのコンセプトである「真っすぐ構えて真っすぐ打てる」を進化させ、イエローのトップラインとターゲットラインを施し、より視覚的に構えや方向性を安定させるように設計。また、シャフトをフェースの中心に刺すことで見下ろすとフェースと目線が直角になり、打ち出し方向が合わせやすくなっています。

 また、打感をよりダイレクトに感じやすいよう、「Red9/9」シリーズで初めてスチールシャフトを採用。シャフトメーカーKBS初のパター専用シャフト「KBS CT TOUR PUTTER」は、ヘッドのブレを防ぎ、安定したストロークを実現するといいます。

 ヘッド形状は「角マレット」(Red9/9 DF-016)と「丸マレット」(Red9/9 DF-017)の2種類。長さ、ロフトは共通でそれぞれ34インチと1.5度。価格は各7万400円(税込み)となっています

「真っすぐ構えて真っすぐ打てる」を進化! パター「Red9/9DELTA-FACE」をさまざまな角度から

画像ギャラリー

左から「丸マレット」(Red9/9 DF-017)、「角マレット」(Red9/9 DF-016)
「丸マレット」(Red9/9 DF-017)
「丸マレット」(Red9/9 DF-017)
「丸マレット」(Red9/9 DF-017)
「丸マレット」(Red9/9 DF-017)
「丸マレット」(Red9/9 DF-017)
「角マレット」(Red9/9 DF-016)
「角マレット」(Red9/9 DF-016)
「角マレット」(Red9/9 DF-016)
「角マレット」(Red9/9 DF-016)
「角マレット」(Red9/9 DF-016)
キャスコ「DELTA-FACE(デルタフェース)」パター 左から「丸マレット」(Red9/9 DF-017)「角マレット」(Red9/9 DF-016)

最新記事