「日本の誇り」 松山英樹&小平智の“プライベート”ラウンドが実現! 「66」をマークした勝者はどっち? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「日本の誇り」 松山英樹&小平智の“プライベート”ラウンドが実現! 「66」をマークした勝者はどっち?

プロゴルファーの小平智が自身のインスタグラムを更新。松山英樹とのプライベートラウンドの模様を公開しました。

「試合のときとは違ってリラックスモード」

 プロゴルファーの小平智がインスタグラムを更新し、松山英樹とのプライベートショットを公開しました。

小平智のインスタグラム(@satoshi_kodaira_official)より
小平智のインスタグラム(@satoshi_kodaira_official)より

 9月29日にアップした投稿で「松山英樹プロとプライベートラウンド」と書き出した小平は、2枚の写真と3本の動画を公開。

 投稿には、晴れ渡る青空のもとでカメラに向かって満面の笑みを浮かべる松山との2ショット写真が公開され、「楽しみで前の日からワクワク」「試合のときとは違ってリラックスモードで楽しかった」と満喫した様子を伝えました。

 投稿にはその他にも、小平と松山のスイング動画がアップされ、豪快なショットを放つ2人の姿を収めた貴重な映像が公開。

 また、この日はストロークプレーでのラウンドだった模様で、68で回った松山に対し、小平は66をマーク。実際のスコアカードを写真で披露し、「勝ったぞ~」と喜びを伝え、最後に「いろいろ吸収して試合に生かす」とコメントを添えて投稿を締めくくっています。

 今季は米ツアーを主戦場に世界の舞台で戦った、小平と松山のほほ笑ましいプライベートでのラウンドが明かされたこの投稿に、タレントの武井壮さんから「すげー世界だなあ、PGAかっけえ」とコメントが届いたほか、ファンからは「ギャラリーになりたかった」「夢のような競演」「日本の誇り」などの声が寄せられました。

小平 智(こだいら・さとし)

1989年9月11日生まれ、東京都出身。2010年にアマチュアとして「JGTOチャレンジトーナメント」に出場し、片山晋呉以来2人目となるチャレンジツアーを制覇。同年プロデビュー。13年の「日本ゴルフツアー選手権」でプロ入り初優勝を飾る。18年マスターズに初出場。同年の「RBCヘリテージ」で米ツアー初優勝を遂げ、青木功、丸山茂樹、今田竜二、松山英樹に続いて日本男子で米ツアー5人目の優勝者になった。

【別カット&動画】小平智が明かした松山英樹との“プライベート”ラウンド スコアカード&スイング動画がアップされた実際の投稿

この記事の画像一覧へ(2枚)

画像ギャラリー

小平智のインスタグラム(@satoshi_kodaira_official)
小平智のインスタグラム(@satoshi_kodaira_official)
1 2

最新記事