松坂大輔が谷繁元信&宮本慎也らとの“ゴルフ”決戦を報告も「名球会の壁は高かった…」と悔しさあらわに | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

松坂大輔が谷繁元信&宮本慎也らとの“ゴルフ”決戦を報告も「名球会の壁は高かった…」と悔しさあらわに

e!Golf編集部

2024年1月30日

ニュース

元プロ野球選手の松坂大輔(まつざか・だいすけ)さんが自身のインスタグラムを更新。谷繁元信(たにしげ・もとのぶ)さん、宮本慎也(みやもと・しんや)さんら名球会メンバーとのオフショット写真を公開しました。

「名球会チームを倒す事もモチベーションにしてまた頑張ります」

 元プロ野球選手の松坂大輔さんが自身のインスタグラムを更新し、名球会メンバーとの“ゴルフ”オフショットを公開しました。

松坂大輔のインスタグラム(@matsu_dice18)より
松坂大輔のインスタグラム(@matsu_dice18)より

 1月28日にアップした投稿で松坂さんは「先日、ゴルフダイジェスト社主催のスクランブルゴルフ決勝がありました」と報告。

 松坂さん率いるチーム「Tokyo Black Soxx」は、昨年行われた関東予選を勝ち抜いての出場だったものの、8アンダーの20位で終戦し、「チームとしても個人的にも課題が浮き彫りとなった試合でした…」と悔しさをにじませた胸の内を明かしました。

 しかし、松坂さんは「4人で力を合わせて戦っていくこのスクランブル方式ですがメチャクチャ楽しかったです」と充実した時間を過ごした様子を伝え、「今年も予選を勝ち抜いて、来年の決勝大会にまた戻ってきたいと強く思いました」と次回大会への意気込みをコメント。

 また、「ラウンド終了後に一緒に写真を撮ってもらいましたが名球会の壁はやはり高かったです」と投稿には10アンダー・13位で決勝を終えた“名球会チーム”こと、谷繁元信さん、宮本慎也さん、野村謙二郎さん、和田一浩さんの4人を交えたオフショットが公開されています。

 そのほかにも、ラウンド中の姿を収めた写真やチームのメンバーとの4ショット、さらには豪快なティーショットを放つ自身のスイング動画をアップし、「名球会チームを倒す事もモチベーションにしてまた頑張ります」と改めて意気込みをつづった松坂さん。

 この投稿には吉田優利、古江彩佳らツアーを戦うプロゴルファーや元プロ野球選手・内川聖一さんから「いいね!」が届き、現役引退後も交流が続くプロ野球OBの姿に大きな注目が集まっています。

松坂 大輔(まつざか・だいすけ)

1980年9月13日生まれ、東京都出身。1998年夏の甲子園決勝でノーヒットノーランを達成し「平成の怪物」として注目を集め、横浜高校を全国制覇に導く。同年ドラフト1位で西武ライオンズに入団。ルーキーイヤーに最多勝、ベストナイン、新人王などのタイトルを獲得。06年のオフにボストン・レッドソックスへ移籍し、翌年にはチームの中心選手としてワールドシリーズ制覇に貢献。15年シーズンから日本球界に復帰し、20年に古巣・西武ライオンズへ加入。翌年に現役引退を表明。

【別カット&動画】「完全に4番バッター」 松坂大輔の“えげつない”ティーショット&ラウンド中の姿がアップされた実際の投稿

この記事の画像一覧へ(4枚)

画像ギャラリー

松坂大輔のインスタグラム(@matsu_dice18)より
松坂大輔のインスタグラム(@matsu_dice18)より
松坂大輔のインスタグラム(@matsu_dice18)より
松坂大輔のインスタグラム(@matsu_dice18)より
1 2

最新記事