コブラ新製品「DARKSPEED」発表会に世界ドラコン王者 アドレナリンMAXの試打は何ヤード飛んだ? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

コブラ新製品「DARKSPEED」発表会に世界ドラコン王者 アドレナリンMAXの試打は何ヤード飛んだ?

プーマジャパンは、COBRAの新作ゴルフクラブ「DARKSPEED」シリーズの「LS」「X」「MAX」3モデルのドライバーとフェアウェイウッド、同シリーズのユーティリティー、アイアンの新製品発表会を開催しました。

“ゴルフは飛距離!” スピードを追求し続ける「DARKSPEED」

 プーマジャパンは1月31日、都内で新製品発表会を開催し、COBRA(コブラ)ブランドの新作ゴルフクラブ「DARKSPEED」シリーズのドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンをお披露目しました。ドライバーとフェアウェイウッドは、フェード系の「LS」、ドロー系の「MAX」、その中間の「X」の3モデルを展開。ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンそれぞれのウィメンズ用も同時に発売されます。

カイル・バークシャーによるデモンストレーションの様子
カイル・バークシャーによるデモンストレーションの様子

「コブラ」ブランドは、2023年4月に創立50周年を迎えました。ブランド創立以来、革新性にこだわってさまざまな”業界初”を作り続けてきた集大成が、スピードを追求した今回の「DARKSPEED」シリーズとのことです。

 発表会は新製品の紹介に加え、世界ドラコン王者のカイル・バークシャーとプーマアンバサダーの進藤大輔さんをゲストに迎えたトークセッション、さらに世界王者のスイングが生で見られるデモンストレーションで構成。あいさつに立った同社コブラプーマゴルフ事業部ゴルフ本部長の大藤真一氏は、「DARKSPEED」ドライバーのテクノロジーについて「高い慣性モーメントを維持しつつ、追求しているボールスピード、ヘッドスピードを最大化することによって飛距離を伸ばしていくというテクノロジーになっている」と説明しました。

 新製品の紹介で同社担当者は「アインシュタインの一般相対性理論によると光(のスピード)が一番速いが、その光を飲み込んでしまうのが暗闇。暗闇は光を超えるぐらいのスピード、速くて見えないという意味を込めて、テーマを『DARK』」にしたと「DARKSPEED」シリーズのテーマについて話しました。

 テクノロジー面では「エアロダイナミクス」「パワーシェルAI H.O.T フェース」「パワーブリッジ・ウェイティング」の“3大テクノロジー”に言及。まず、ヘッド形状の「エアロダイナミクス」について「フェースの中央部とバックフェース後方を上げることにより空気が後ろのほうに流れていくエアロ形状を採用した。空力上、上下対称が良いと言われており、前作以上に上下対称とする改良をおこない、さらに空気抵抗を軽減してヘッドスピードを最大化できるよう、空気の渦が出にくいシンプルなソール形状にした」と説明しました。

「パワーシェルAI H.O.T フェース」については「フェースの裏側を15カ所に分けてAI(人工知能)を駆使し、15カ所それぞれを最適な厚さに設計。そうすることで、芯を外した際にも飛距離の落ち幅が少ないフェース硬度になり、はじきの良いフェースになっている」と解説。

 続いて「パワーブリッジ・ウェイティング」について「空気抵抗を軽減する『エアロダイナミクスのテクノロジー』を採用したことでハイバックのヘッド形状となり、空力が良くなった半面、デメリットとして重心が上がってしまった。そのデメリットを解消するのが『パワーブリッジ・ウェイティング』で、ヘッド内部に配置するパワーブリッジウェイティングシステムを前作よりも低く、フェース寄りに配置することに成功し、フェースとソールそれぞれから浮いた状態で装着することで、低重心を実現した」と説明しました。

 この3大テクノロジーにより、ヘッドスピードを最大化して、速いボール初速と、すぐれた打感をもたらすことができるそうです。

飛距離記録「579ヤード」驚異の世界ドラコン王者のデモンストレーション

 579ヤードという驚異的な飛距離を記録したこともあるというスペシャルゲストの世界ドラコン王者カイル・バークシャーと、YouTubeでもおなじみの進藤大輔さんによるトークセッションでは、進藤さんが「(カイル・バークシャーのスイングが見られるということで)イベント本番前からアドレナリンが出っ放し」というくらい興奮していたと話し、カイル・バークシャーは、イベント前の練習中、6番アイアンでシミュレーションゴルフのネットを突き破ったと語りました。

「DARKSPEED」シリーズ発表会に登場したカイル・バークシャーと進藤大輔さん
「DARKSPEED」シリーズ発表会に登場したカイル・バークシャーと進藤大輔さん

 デモンストレーションではカイル・バークシャーが「DARKSPEED」のクラブで試打をおこない、8番アイアンで240ヤード、3番アイアンで313ヤード、3Wで355ヤード、コース用のドライバーで383ヤードと驚異的な飛距離を生むスイングを見せてくれました。

 デモンストレーション中、会場では驚きの声や歓声が上がり、カイル・バークシャーのスイングにくぎ付けとなっていました。

 ※ ※ ※

 今回発表された「DARKSPEED」シリーズは、2024年3月9日発売を予定しています。

製品概要(ドライバー)

【DARKSPEED LS ドライバー】

ツアーにインスパイアされた構いやすいシェイプで、低スピンによる抜群の飛距離性能と性格なショットを可能に

プロフィル: 超絶ハイスピード
ローンチ角: 低い
スピン: 低い
弾道: ニュートラルからフェード
慣性モーメント: 中
ロフト角: 8.0°, 9.0°, 10.5°

【DARKSPEED X ドライバー】

低スピンで速いボール初速を求めるプロからアマチュアまで幅広いゴルファーのために設計。大きな慣性モーメントで高い寛容性も両立し、高い飛距離性能に、ミスヒットでも寛容な安定性を実現。

プロフィル: 超絶二刀流
ローンチ角: 中
スピン: 低い
弾道: ニュートラル
慣性モーメント: 高い
ロフト角: 9.0°, 10.5°, 12.0°

【DARKSPEED MAX ドライバー】

スピン量を抑える低スピン設計による飛距離性能と、COBRA史上最大級の慣性モーメントにより、高い寛容性を実現。

プロフィル: 超絶ハイドロー MAXやさしさ
ローンチ角: 高い
スピン: 中
弾道: ニュートラルからドロー
慣性モーメント: 超高い
ロフト角: 9.0°, 10.5°, 12.0°

【動画】しかもフェードで!? これが世界ドラコン王の“500ヤード”ドライブです

【写真】世界ドラコン王者カイル・バークシャーも登場した、コブラ新製品DARKSPEED発表会の様子を見る

画像ギャラリー

コブラ新製品DARKSPEED発表会の様子
コブラ新製品DARKSPEED発表会の様子
コブラ新製品DARKSPEED発表会の様子
コブラ新製品DARKSPEED発表会の様子
コブラ新製品DARKSPEED発表会の様子
カイル・バークシャーによるデモンストレーションの様子
「DARKSPEED」シリーズ発表会に登場したカイル・バークシャーと進藤大輔さん
1 2

最新記事