勝者は試合後も大忙し…表彰式までの姿を追った松山英樹の慌ただしい“舞台裏”映像が大公開!

PGAツアーの公式インスタグラムが更新。「ジェネシス招待」で優勝を成し遂げた松山英樹(まつやま・ひでき)の試合後の姿を捉えたオフムービーが公開されました。

松山英樹は「ジェネシス招待」でアジア勢単独最多となる9勝目をマーク

◆米国男子プロゴルフ<ジェネシス招待 2月15~18日 リビエラCC(カリフォルニア州) 7322ヤード・パー71>

 PGAツアーの公式インスタグラムが更新。松山英樹のオフムービーが公開されました。

戦いを終えグータッチを交わす松山英樹(左)とキャディーの早藤将太(右) 写真:Getty Images
戦いを終えグータッチを交わす松山英樹(左)とキャディーの早藤将太(右) 写真:Getty Images

 現地時間18日に最終ラウンドが行われたタイガー・ウッズがホストを務める米国男子ツアー「ジェネシス招待」で通算17アンダーをマークし、アジア勢単独最多となる同ツアー9勝目を手にした松山。

 首位と6打差の7位タイで迎えた最終日は、9つのバーディーを奪う圧巻のプレーを披露。この華麗なる逆転劇にはタイガーも「6打差から逆転することは本当に特別」と評し、最大限の賛辞を送ったことでも注目を集めました。

 投稿には戦いを終えたばかりの松山の姿がアップされ、キャディーを務めた早藤将太らチームスタッフと喜びを分かち合う動画が公開。さらにはメディアの取材対応や写真撮影など試合後も慌ただしい時間を過ごす様子が伝えられ、投稿には表彰式のため再びホールに戻った松山を大勢のギャラリーが出迎える模様がアップされました。

 大きな拍手とともに「Hideki congratulation!」と歓声を受けながら姿を現し、大会スタッフに誘導されて会場の中央に。そして、勝者の証しでもある優勝トロフィーを手渡されると、ギャラリーの歓声に応えるようにトロフィーを高く掲げて笑みを浮かべた松山。

 その後は再びチームスタッフと合流し、ホッとした表情を浮かべる松山の様子が映し出され、表彰式を見届けたギャラリーとハイタッチを交わしながら会場を後にする姿が、およそ2分の動画に収められています。

 この投稿には宮里優作、木下稜介、上田桃子らツアーを戦う多くのプロゴルファーから「いいね!」が届いたほか、ファンからは「自分のことのようにうれしいです」「感動しました」「最高の笑顔が見られてうれしい」「優勝おめでとうございます」など、松山が成し遂げた快挙に日本のみならず世界中から祝福のコメントが届いています。

松山 英樹(まつやま・ひでき)

1992年2月25日生まれ、愛媛県出身。2013年にプロ転向し、同年は4勝を挙げてツアー初のルーキー賞金王に。14年から米ツアーを主戦場に戦い、21年のマスターズで日本人男子初の4大メジャー制覇を達成。同年は日本開催のZOZOチャンピオンシップを制した。24年ジェネシス招待でアジア勢単独最多となるPGAツアー9勝をマーク。日本ツアー8勝、PGAツアー9勝。レクサス所属。

【動画】取材&写真撮影の嵐…試合後も大忙しな松山英樹の“舞台裏”映像がアップされた実際の投稿 「感動しました」

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

戦いを終えグータッチを交わす松山英樹(左)とキャディーの早藤将太(右) 写真:Getty Images
1 2 3

最新記事