スコッティ・キャメロンから“マレットラインの完成形” NEW「ファントム」パター3月29日発売

アクシネット ジャパン インクは、タイトリストから新しいスコッティ・キャメロン「PHANTOM(ファントム)」パターを3月29日より発売すると発表しました(一部モデルは2024年夏季発売予定)。

卓越したクラフトマンシップとパフォーマンス

 アクシネット ジャパン インクは、タイトリストから新しいスコッティ・キャメロン「PHANTOM(ファントム)」パターを3月29日より発売すると発表しました(一部モデルは2024年夏季発売予定)。

タイトリスト 「PHANTOM(ファントム)」
タイトリスト 「PHANTOM(ファントム)」

 世界のトッププレーヤーから信頼され、ツアーで数々の優勝に貢献してきた「スコッティ・キャメロン」パター。今回の新作「ファントム」は、ツアーで年々人気が高まっている「スコッティ・キャメロン」のマレットライン、「ファントム」シリーズの3代目となります。新作では名称から実験的な意味のあった「X」がなくなりました。これはマレットラインの完成形として大きな進化を遂げたことを意味しているといいます。

 新作の特徴は主に3つ。1つは進化したアライメントデザイン。ツアープレーヤーのフィードバックに基づき、ターゲットラインへ確実にセットアップできるとしています。「スリードット」「デュアルライン」「デュアルパーパス」「アロー」のアライメントデザインをヘッドサイズに合わせて効果的に配置するだけでなく、ヘッドそのものの輪郭、段差をつけることで生み出されるライン、各部の配色、ネックの向き、傾きなど、アドレス時に視認できるすべてをアライメントに繋がる要素と捉え、そのすべてがターゲットラインを指し示すようにデザインされています。

 2つ目は繊細なタッチを生み出すサウンドとフィール。すべてのモデルで「デュアルミルド」フェーステクノロジーを採用。ディープミルの軟らかさとミッドミルの安定したボールの転がりを両立しています。また、剛性を高めたソールプレートとマルチマテリアル構造による重量配分によってインパクト時の振動吸収率が10%向上。繊細な距離感とスピードを可能にするためのサウンドとフィールを備えています。

 3つ目はフィット感を極めたフルコンタクトグリップ。人間工学を研究して生み出された「フルコンタクト パドルスタイルグリップ」は、ツアーで人気のグリップである既存商品の「Baby T」を現代風にアレンジ。楕円形デザインを強調した独自の形状により、手のひらとの密着性を高めるとともに、フロントのフラット面を際立たせることで、よりスクエアなセットアップをサポートするとしています。

 今回発売されるモデルは「ファントム」5、5.5、5s、7、7.5、9、9.5、11、11.5の全9種類。価格はすべてオープン、ロフト角は3.5度、ライ角は70度です。11、11.5は2024年夏季発売予定で、7.5と11.5はレフティの展開もあるとしています。

【写真】“マレットラインの完成形”タイトリスト「ファントム」パターのバリエーションをチェックする

画像ギャラリー

タイトリスト 「PHANTOM 5」
タイトリスト 「PHANTOM 5」
タイトリスト 「PHANTOM 5」
タイトリスト 「PHANTOM 5.5」
タイトリスト 「PHANTOM 5.5」
タイトリスト 「PHANTOM 5.5」
タイトリスト 「PHANTOM 5s」
タイトリスト 「PHANTOM 5s」
タイトリスト 「PHANTOM 5s」
タイトリスト 「PHANTOM 7」
タイトリスト 「PHANTOM 7」
タイトリスト 「PHANTOM 7」
タイトリスト 「PHANTOM 7.5」
タイトリスト 「PHANTOM 7.5」
タイトリスト 「PHANTOM 7.5」
タイトリスト 「PHANTOM 9」
タイトリスト 「PHANTOM 9」
タイトリスト 「PHANTOM 9」
タイトリスト 「PHANTOM 9.5」
タイトリスト 「PHANTOM 9.5」
タイトリスト 「PHANTOM 9.5」
タイトリスト 「PHANTOM 11」
タイトリスト 「PHANTOM 11」
タイトリスト 「PHANTOM 11」
タイトリスト 「PHANTOM 11.5」
タイトリスト 「PHANTOM 11.5」
タイトリスト 「PHANTOM 11.5」
タイトリスト 「PHANTOM(ファントム)」

最新記事