首位発進・岩井明愛の“衝撃”2オンに驚嘆の声…「いや、完璧なショットでした」と実況アナも驚き隠せず

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式X(旧ツイッター)が更新。岩井明愛(いわい・あきえ)が「KKT杯バンテリンレディスオープン」初日の9番パー5で放ったスーパーショットが動画で公開されました。

「ん!? 届いた!?」「失礼しました」

◆国内女子プロゴルフ<KKT杯バンテリンレディスオープン 4月12〜14日 熊本空港カントリークラブ(熊本県)6523ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。岩井明愛の“スーパーショット”動画がアップされました。

見事2オンに成功した岩井明愛(写真は2023年) 写真:Getty Images
見事2オンに成功した岩井明愛(写真は2023年) 写真:Getty Images

 12日に開幕した国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディスオープン」。ディフェンディングチャンピオンでもある岩井が、初日の9番パー5の第2打で放ったショットに注目が集まっています。

 ここまで2つのバーディーを奪取し、順調にスコアを伸ばして迎えた9番ホール。岩井が力強いスイングで放ったセカンドショットは高い放物線を描き、バンカーを悠々と越えてグリーンに到達。Xでは「ディフェンディングチャンピオン岩井明愛が見事なショットで2オンに成功」というコメントと共に、実際の映像が公開されました。

 岩井が放ったボールはぐんぐんと飛距離を伸ばし、その勢いにギャラリーからは「おお〜」と驚嘆の声が。

 また、「おそらく2つ目のバンカーを越そうと思ってると思うんですけど…」と話していた解説者も、ボールの勢いを目の当たりにすると「ん!? 届いた!?」と目を疑い、「失礼しました」と岩井の“想像以上”の飛距離に驚きを見せていました。

 さらに「いや、完璧なショットでした」と実況アナウンサーが称賛を送ると、カメラはスーパーショットを放った直後にもかかわらず、落ち着いた様子でコースを歩く岩井にズームイン。ディフェンディングチャンピオンの余裕を感じさせる頼もしい姿を収め、動画は締めくくられています。

 このホールでは惜しくもイーグル奪取とならなかったものの、手堅く2パットで沈めてバーディーを奪取。また、後半の13、16番でも見事バーディーを奪い、5アンダーの首位タイで初日の戦いを終えました。

 これ以上ない好スタートを切った岩井。大会連覇に向けた残り2日間の戦いにも注目が集まります。

岩井 明愛(いわい・あきえ)

2002年7月5日生まれ、埼玉県出身。21年のプロテストに合格。今季は「KKT杯バンテリンレディス」でレギュラーツアー初優勝を挙げた。妹・千怜との双子優勝は国内女子ツアー初の快挙。「RKB×三井松島レディス」では、山下美夢有と千怜の3人によるプレーオフに。ツアー史上初の双子でのプレーオフを実現した。「住友生命Vitalityレディス東海クラシック」と「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で2週連続完全優勝を達成している。Honda所属。

【動画】「ん!? 届いた!?」「失礼しました」と解説者も“予想外”の飛距離に度肝を抜かれた岩井明愛のスーパーショット! これが実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

見事2オンに成功した岩井明愛(写真は2023年) 写真:Getty Images
1 2

最新記事