星野陸也が約1カ月の休養へ…気胸による入院を告白も現在は退院済み 「早く試合に復帰できるよう頑張りたい」

DPワールド(欧州男子)ツアーを主戦場とするプロゴルファーの星野陸也(ほしの・りくや)が自身のインスタグラムを更新。「気胸」の治療のため約1カ月間の休養を発表しました。

「しばらく大会を欠場することになりそうです」

 男子プロゴルファーの星野陸也が自身のインスタグラムを更新。約1カ月間の休養を発表しました。

星野陸也のインスタグラム(@hoshinorikuya)より
星野陸也のインスタグラム(@hoshinorikuya)より

 5月2日にアップした投稿で「いつもあたたかい応援をしていただきありがとうございます」と書き出した星野は、「これから約1カ月前後、試合に出場することが難しいため、皆様に近況をご報告させていただきたいと思います」とコメント。

 続けて「4月中旬頃、肺の痛みと呼吸がしにくくなったことで検査したところ、『気胸』と診断されました」と告白し、さらに「そのため、病院で治療を受け約1週間程入院していました」「完治まで約1カ月前後はかかり、しばらく大会を欠場することになりそうです」と明かしました。

 なお現在はすでに退院し、私生活は問題なく送れていることも合わせて報告。今季は開幕から好調を維持していた中での離脱に「楽しみにしていた大会に出場できないのは残念でなりません」と悔しさをにじませた胸の内を明かすも、最後に「早く試合に復帰できるよう頑張りたいと思います!」と復帰に向けた前向きな思いをつづっています。

 星野は今年2月に行われた「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」で日本人4人目となる欧州ツアー優勝を達成。前週の「ISPS HANDA 欧州・日本 どっちが勝つかトーナメント!」が凱旋試合となる予定だったものの開幕3日前に欠場を発表し、ファンからは心配の声が上がっていました。

星野 陸也(ほしの・りくや)

1996年5月12日生まれ、茨城県出身。2016年にプロ転向後、チャレンジトーナメントやアジアンツアーでプレー。18年「フジサンケイクラシック」でツアー初優勝。21年に開催された東京五輪では38位の成績を収めた。22年「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」でツアー6勝目を達成。23年シーズンからはDPワールド(欧州男子)ツアーを主戦場としている。24年2月の「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」で欧州ツアー初優勝。

【動画】歓喜の瞬間をもう一度…欧州初V・星野陸也のウイニングパット&優勝を手繰り寄せた上がり3ホールをプレイバック これが実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

星野陸也のインスタグラム(@hoshinorikuya)より
1 2

最新記事