アン・シネ「前半1トリ・1ダボ・2ボギー」跳ねのけ予選通過! 18番バーディーでへたり込む姿に拍手喝采

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。アン・シネが最終18番ホールで予選通過を決めるシーンの動画がアップされました。

決まった後には目頭を押さえるほどの緊張感

◆国内女子プロゴルフ メジャー第1戦<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 5月2〜5日 茨城ゴルフ倶楽部 東コース(茨城県) 6665ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。アン・シネが最終18番ホールで予選通過を決めるシーンの動画がアップされました。

18番バーディーパットをねじ込み、ギリギリで予選通過を決めたアン・シネ 写真:Getty Images
18番バーディーパットをねじ込み、ギリギリで予選通過を決めたアン・シネ 写真:Getty Images

 国内メジャー今季第1戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」2日目をイーブンパー25位タイからスタートしたアン・シネですが、4番でダブルボギーとつまずくと、続く5番、6番でも連続ボギーを喫してしまいます。きわめつきは9番パー5のトリプルボギー。ハーフを終わって「43」の大叩きとなってしまいました。

 一気に予選通過圏外に沈んだアン・シネでしたが、本人はまったく諦めていませんでした。

 14番まではパーを並べますが、15番バーディーで1つ取り返すと続く16番でもバーディーと盛り返します。

 しかし、17番はパーとして最終18番パー5を迎えた時点で予想カットラインに1打及ばない5オーバーでした。

 動画はアン・シネが予選通過のために何としても沈めねばならないバーディーパットに臨む場面をとらえています。

 ギャラリーが固唾をのんで見守るなか、約5メートルを確かなストロークで転がすアン・シネ。ボールがカップに吸い込まれるのを確信するやヒザから崩れ落ち、手をついてへたり込んでしまいました。

 極度の緊張から解放された表れか、立ち上がった後には目頭を押さえるような仕草も見られました。絶望的な状況を跳ねのけた見事なカムバックに、ギャラリーからは万雷の拍手が送られていました。

アン・シネ

1990年12月18日生まれ、韓国出身の女子プロゴルファー。2017年に日本ツアー初参戦すると、抜群の美貌とスタイルで注目を集め「セクシークイーン」の愛称で、日本の女子ゴルフ界に旋風を巻き起こした。

【動画】アン・シネが絶望的状況からカムバックした感動のバーディー これが実際の映像です

【写真】日本と変わらぬ“セクシークイーン”ぶり! 韓国ツアーでのアン・シネ

画像ギャラリー

以前、韓国ツアーに出場した際のアン・シネ 写真:KLPGA提供
以前、韓国ツアーに出場した際のアン・シネ 写真:KLPGA提供
以前、韓国ツアーに出場した際のアン・シネ 写真:KLPGA提供
以前、韓国ツアーに出場した際のアン・シネ 写真:KLPGA提供
18番バーディーパットをねじ込み、ギリギリで予選通過を決めたアン・シネ 写真:Getty Images
1 2

最新記事