ルーキー・清本美波が魅せた“スゴ技”に称賛の嵐! 華麗なクラブさばきで珍企画に挑戦…愛称は「ミパミパ」?

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式インスタグラムが更新。清本美波(きよもと・みなみ)が“リフティングチャレンジ”に挑む動画が公開されました。

リラックスの秘訣は「今日のご飯何食べようか」

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式インスタグラムが更新。昨年のプロテストをトップで合格した清本美波のオフムービーがアップされました。

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式インスタグラム(@jlpga_official)より
日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式インスタグラム(@jlpga_official)より

 5月29日に投稿された動画は、クラブとボールを手にリフティングをしながらスタッフからの質問に答えるチャレンジ企画。

「頭と手先を同時に使いながら…」「果たして何問答えられるでしょうか?」と、動画には前週の「リゾートトラスト レディス」でレギュラーツアー初の予選通過を果たしたルーキーの清本が登場し、照れくさそうな表情を浮かべながらリフティングをスタートさせました。

「ゴルフを始めたきっかけは?」という質問に対し、「父の影響」としながら「うまい子がいたから勝ちたかった」と負けず嫌いな一面も見せています。また、清本自身が影響を受けたと感じるゴルファーに「タイガー・ウッズ」の名前を挙げ、自身のプレースタイルについては「攻める」と一言で表現。

 一方、強気なプレーを見せる清本でも緊張は少なからずするようで、リラックスしたいときは「今日のご飯何食べようか」と考えているようです。さらに、ファンから“ミパミパ”の愛称で呼ばれていることをうれしそうに明かしています。

 チャレンジの結果、清本は合計16個の質問に回答。終了後にはリフティングと質問への回答を同時に行う難しさについて、苦笑いを浮かべながら「大変です」とコメントを残して締めくくりました。

 この投稿にファンからは「嫌な顔せずに対応していたところにプロ意識を感じました」「ミパミパすっご~~~い」「アマチュア、ファンにはありがたい企画です」「落とさないところがやっぱりすごいですね」などの声が数多く寄せられています。

清本 美波(きよもと・みなみ)

2005年8月29日生まれ、愛知県一宮市出身。6歳からゴルフを始め、21年のJLPGAツアー「樋口久子 三菱電機レディス」でローエストアマチュアを獲得。23年のプロテストでは初挑戦ながら2位に5打差をつけてトップ合格。同期は馬場咲希、高木優奈ら。目標とするプロゴルファーはタイガー・ウッズ。

【動画】「落とさないところがやっぱりすごい」 清本美波が挑んだ“一問一答リフティング”ルーキーの初々しい姿に大反響! これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式インスタグラム(@jlpga_official)より
1 2

最新記事