「おおお……入る入る!」 ディフェンディングチャンピオンの“圧巻”ベタピンショットが炸裂! ギャラリーからはどよめきと大歓声

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式X(旧ツイッター)が更新。「ヨネックスレディス」初日の9番パー4で、川岸史果(かわぎし・ふみか)が放ったスーパーショットが動画で公開されました。

「ん〜〜〜〜〜!!!!」「見事なショット!」

◆国内女子プロゴルフ <ヨネックスレディス 5月31日〜6月2日 ヨネックスカントリークラブ(新潟県)  6339ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。川岸史果の“スーパーショット”動画がアップされました。

ディフェンディングチャンピオンの川岸史果(写真は23年) 写真:Getty Images
ディフェンディングチャンピオンの川岸史果(写真は23年) 写真:Getty Images

 5月31日に開幕した国内女子ツアー「ヨネックスレディス」。川岸が初日の9番パー4の第2打で放ったショットに注目が集まっています。

 昨年大会を制したディフェンディングチャンピオンでもある川岸。今年は地元・新潟出身でホステスプロの若林舞衣子、2019年大会の覇者・上田桃子と同組で回り、直前の8番でボギーを叩いて迎えた9番。鮮やかな“ベタピンショット”を披露しました。

 Xには実際の動画がアップ。ティーショットでしっかりとフェアウェイを捉え、豪快なスイングで放った2打目、ボールはグリーンに着弾し、そのままピンそばまで近づく華麗な一打が収められています。

 打球の行方を追っていたギャラリーからは、カップまでわずか数十センチのところまでボールが到達すると「おおお……入る入る!」と期待の声が。アナウンサーは「ん〜〜〜〜〜!!!!」「見事なショット!」と川岸の精密なコントロールに感嘆の声を漏らしていました。

 川岸はその後のパットを難なく沈め、この日初めてのバーディーを奪取してハーフターン。後半は2つスコアを伸ばして初日の戦いを終え、5バーディー、3ボギーの「70」で回り、21位タイでホールアウトしています。

川岸 史果(かわぎし・ふみか)

1994年生まれ、神奈川県出身。プロゴルファーの父・川岸良兼、母・喜多麻子の次女として生まれ、10歳からゴルフを始める。16年に4度目の挑戦でようやくプロテスト合格を果たす。17年「マンシングウェアレディス」でツアー初優勝。27ホールの短縮競技となった23年「リシャール・ミル ヨネックスレディス」で6年ぶりの2勝目を挙げた。加賀電子所属。

【動画】「ん〜〜〜〜〜!!!!」 アナウンサーも思わず“感嘆”の声を漏らした川岸史果の超絶スーパーショット! これが実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

ディフェンディングチャンピオンの川岸史果(写真は23年) 写真:Getty Images
1 2

最新記事