信じられん…初V狙う桑木志帆が魅せた“目を疑う”イーグルフィニッシュに観客大熱狂 「素晴らしいー!」

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式X(旧ツイッター)が更新。「ヨネックスレディス」初日の18番パー5で、桑木志帆(くわき・しほ)が決めたイーグルパットが動画で公開されました。

「ロングパットを沈めてガッツポーズ」

◆国内女子プロゴルフ <ヨネックスレディス 5月31日〜6月2日 ヨネックスカントリークラブ(新潟県)  6339ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。桑木志帆の“超ロングパット”が動画でアップされました。

ノーボギーのゴルフを披露した桑木志帆(写真は23年) 写真:Getty Images
ノーボギーのゴルフを披露した桑木志帆(写真は23年) 写真:Getty Images

 5月31日に開幕した国内女子ツアー「ヨネックスレディス」。桑木が初日の18番パー5の第3打で魅せたパッティングに注目が集まっています。

 前週「リゾートトラストレディス」では、今シーズン自己ベストの11アンダー・3位タイの成績を残し、好調を維持する桑木。初優勝に向け大きな期待がかかる中、初日の最終ホールを圧巻のイーグルで締めくくりました。

 Xには「ロングパットを沈めてガッツポーズ」とコメントが添えられた実際の映像がアップ。前半で2つのバーディーを奪ったものの、後半でスコアを伸ばせず迎えた18番、2オンに成功しカップまで距離を残す中、右へ打ち出したボールは半円を描くように大きくフック。ボールは吸い込まれるようにピン方向へ転がり、ラインを完璧に読んでそのままカップイン。見事なイーグルパットとなりました。

 桑木のパッティングを見守っていたアナウンサーは「しっかり打ってきた! 来るのか? どうか!?」と大興奮。カップインの瞬間に「来ましたーーイーグルーーーーー!」と大盛り上がりで桑木の一打を褒め称えました。ギャラリーからは大きな拍手と歓声が上がり、解説者も「素晴らしいー! ナイスイーグル」と感心しきりの様子。

 桑木はこの日、1イーグル、2バーディーの「68」をマークし、4アンダーの4位タイでホールアウト。「ノーボギーのゴルフでした」と好調に滑り出した初日のプレーを振り返り、ガッツポーズを決めた桑木を映して動画は締めくくられています。

桑木 志帆(くわき・しほ)

2003年生まれ、岡山県出身。21年6月に実施されたプロテストに合格してプロ入り。同年の新人戦「加賀電子カップ」で優勝を挙げている。2023シーズンは「ブリヂストンレディス」(3位タイ)、「北海道meijiカップ」(2位)、「CAT Ladies」(3位)、「TOTOジャパンクラシック」(2位タイ)などの活躍。「資生堂レディスオープン」ではプレーオフに進出するなど、初優勝に最も近い選手のひとり。23年のメルセデス・ランクは10位。大和ハウス工業所属。

【動画】「来ましたーーーイーグルーーーーー!」 超ロングパットを沈めた桑木志帆の“圧巻”イーグルフィニッシュ これが実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

ノーボギーのゴルフを披露した桑木志帆(写真は23年) 写真:Getty Images
1 2

最新記事