こぼしても安心? 小祝さくらが“エプロン”姿でメロン半玉をパクリ…ファンからは「豪快な食べ方だなぁ」と驚きの声

プロゴルファー・小祝さくら(こいわい・さくら)のスタッフが運営するインスタグラムが更新。小祝のエプロン姿が披露されました。

「こんなにエプロンが似合う女子プロゴルファーがほかにいるだろうか」

 女子プロゴルファー・小祝さくらのスタッフが運営するインスタグラムが更新。小祝のプライベートショットが公開されました。

小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より

 6月9日に最終ラウンドが行われ、大里桃子の3年ぶりとなる優勝で幕を閉じた「宮里藍 サントリーレディス」。

 小祝は通算5アンダーの13位タイでフィニッシュし、今大会終了時のメルセデス・ランキングで3位をキープ。海外メジャーの今季最終戦「AIG女子オープン(全英女子)」への切符を手にしました。

 そんな中、試合から一夜明けた10日の投稿では「食べこぼし対策エプロン」とコメントが添えられ、桜柄のエプロン姿の小祝が半分にカットされたメロンを頬張るオフショットが公開。

 訪れた店は同じプロゴルファーの上田桃子や藤田さいきも行きつけで、小祝も過去に何度か足を運んだ様子をインスタグラムにアップしている神戸のお好み焼き店「てんこもり」のようです。

「てんこもりさんが新しいエプロンを用意してくれました」「いつもありがとうございます」「どれだけこぼしても安心だわ」と、投稿には店員が小祝にエプロンを着せる様子を収めた動画のほか、自身のサインを手にした小祝と店員の2ショット写真がアップ。

 この投稿には「こんなにエプロンが似合う女子プロゴルファーがほかにいるだろうか」「メロンおいしそう」「豪快な食べ方だなぁ」「小祝プロはエプロン必須なんですね」などのコメントがファンから届き、小祝のかわいらしい魅力に注目が集まっています。

小祝 さくら(こいわい・さくら)

1998年4月15日生まれ、北海道出身。98年度生まれの“黄金世代”の1人として2017年にプロ入り。19年「サマンサタバサガールズコレクション・レディース」で初優勝。24年「ヤマハレディースオープン葛城」で勝利を挙げ、ツアー通算10勝目を手にした。ニトリ所属。

【別カット&動画】「小祝プロはエプロン必須なんですね」エプロン姿でメロン半玉を豪快にパクパクする小祝さくら これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(2枚)

画像ギャラリー

小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
小祝さくらのスタッフのインスタグラム(@sakurakoiwai_staff_official)より
1 2

最新記事