「生まれ変わってもまた父と母の娘に」 木戸愛が公開した元プロレスラーの“亡き父”との親子ショットに感動の声相次ぐ

プロゴルファーの木戸愛(きど・めぐみ)が6月16日の“父の日”に自身のインスタグラムを更新。昨年12月に73歳で亡くなった元プロレスラーの父・修(おさむ)さんとの2ショット写真を公開しました。

「強い気持ちで頑張ります」

 女子プロゴルファーの木戸愛が6月16日の“父の日”に自身のインスタグラムを更新し、亡き父への思いをつづりました。

「いぶし銀」と呼ばれた元プロレスラーの木戸修を父に持つ木戸愛 写真:Getty Images
「いぶし銀」と呼ばれた元プロレスラーの木戸修を父に持つ木戸愛 写真:Getty Images

 14日から3日間の日程で開催され、通算13アンダーをマークした岩井明愛の逆転優勝で幕を閉じた「ニチレイレディス」。

 木戸は最終日に「69」をマークして通算5アンダーの21位タイでフィニッシュ。今大会終了後に実施された第1回リランキングを14位で突破し、中盤戦の出場権を手にする結果となりました。

 今後のさらなる活躍にも期待がかかる中、木戸は試合後にアップした投稿で「父の日」と書き出し、1枚の写真を公開。そこには、昨年の12月11日に73歳で亡くなった元プロレスラーの父・修さんと街中で手をつなぐ愛らしい親子の姿が。

 投稿には「生まれ変わっても、また父と母の娘に生まれたいです」と愛する両親へのメッセージが添えられ、「いつも本当にありがとうございます」と感謝の思いとともに「強い気持ちで頑張ります」と意気込みが語られています。

 この投稿には「いい写真だなあ」「本当にすてきな1枚」「天国に祈りが届きますように」「この背中見ただけで涙」「お父さん喜んでいますね」など、ゴルフファンだけでなく父の勇姿を知るプロレスファンからも多くのコメントが届き、木戸が披露した“絵になる”親子ショットに大きな注目が集まっています。

木戸 愛(きど・めぐみ)

1989年12月26日生まれ、神奈川県出身。172センチの恵まれた身長を生かしたダイナミックなゴルフで多くのファンを魅了。2012年「サマンサタバサレディース」で念願の初優勝を果たす。所属はフリー。

【別カット&コメント全文】「この背中見ただけで涙」とプロレスファンからもコメント…木戸愛が披露した亡き父との“親子”ショット これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

「いぶし銀」と呼ばれた元プロレスラーの木戸修を父に持つ木戸愛 写真:Getty Images
1 2

最新記事