パリ五輪を狙う山下美夢有が“決戦の地”に早くも到着…試合後即移動の過密スケジュールに「もう渡米したの?」と驚きの声

女子プロゴルファーの山下美夢有(やました・みゆう)が自身のインスタグラムを更新。次戦の海外メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」出場のため、アメリカに到着したことを報告しました。

「アメリカ上陸しました」

 女子プロゴルファーの山下美夢有が自身のインスタグラムを更新。貴重なプライベートショットを公開しました。

パリ五輪出場を懸けた最終決戦に挑む山下美夢有 写真:Getty Images
パリ五輪出場を懸けた最終決戦に挑む山下美夢有 写真:Getty Images

 6月14日から16日まで開催され、通算13アンダーをマークした岩井明愛の逆転優勝で幕を閉じた「ニチレイレディス」。

 首位と4打差の10位タイで最終日を迎えたディフェンディングチャンピオンの山下は、スタートからいきなり3連続バーディーを奪う追い上げを見せるも、惜しくも及ばず通算10アンダーでフィニッシュ。大会連覇とはならなかったものの、5位タイと好成績を収めて3日間の戦いを終えました。

 そんな中、山下は最新の投稿で「アメリカ上陸しました」とコメントを添えた1枚の写真を公開。

 次戦の海外メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」出場のため試合後にすぐ渡米した模様で、投稿には滞在先と思われる広々とした部屋の中央でメガネ姿のラフな装いの山下が、ソファに腰掛けてサムズアップを決めているプライベートショットが披露されています。

 し烈な五輪代表争いの渦中にいる山下は、今大会での上位フィニッシュが必須。出場権は今大会終了後の24日時点の世界ランキングを基にした五輪ランキングで決まるため、上位2人の出場が見込まれている日本勢の中で山下は、現状で笹生優花(6位)、古江彩佳(20位)、畑岡奈紗(21位)に次ぐ4番手(22位)。獲得ポイントの配分が大きいメジャーでの成績次第では、逆転での出場権を手にする可能性も十分に残されています。

 長距離の移動も伴うタイトなスケジュールでの試合が続く中、パリ五輪に向けた最終決戦に挑む山下の近況が伝えられたこの投稿に、ファンからは「もう渡米したの?」「日本から応援してます」「五輪出場を決めてください」「リラックスしてね」「今週はアメリカで大暴れ」などのコメントが寄せられました。

山下 美夢有(やました・みゆう)

2001年生まれ、大阪府出身。2019年のプロテストに合格。21年の「KKT杯バンテリンレディスオープン」でツアー初勝利。22年シーズンは5勝を挙げ、史上最年少21歳103日での年間女王を達成。続く23年も公式戦「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」連覇を含む5勝を挙げ、2年連続賞金女王の偉業を達成。ツアー通算11勝。加賀電子所属。

【写真】超豪華な広々リビングでくつろぐ“メガネ姿”の山下美夢有…最終決戦に向けたリラックスモード全開のオフショット これが実際の投稿です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

パリ五輪出場を懸けた最終決戦に挑む山下美夢有 写真:Getty Images
1 2

最新記事