「怒りの一打ですね」 菅沼菜々が雨中の“起死回生”バウンスバック! ホールインワン寸前のミラクルショットに会場どよめき

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式X(旧ツイッター)が更新。「アース・モンダミンカップ」2日目の9番パー3で、菅沼菜々(すがぬま・なな)が放ったスーパーショットが動画で公開されました。

「すぐさまバウンスバック! 」

◆国内女子プロゴルフ<アース・モンダミンカップ 6月20〜23日 カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県) 6688ヤード・パー72>

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のX(旧ツイッター)が更新。菅沼菜々の“スーパーショット”動画がアップされました。

2日目の9番パー3でナイスショットを放った菅沼菜々 写真:Getty Images
2日目の9番パー3でナイスショットを放った菅沼菜々 写真:Getty Images

 6月20日に開幕した国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」。菅沼が2日目の9番パー3で放ったティーショットに注目が集まっています。

 前週の「ニチレイレディス」で4週ぶりの予選落ちを喫した菅沼。巻き返しが期待される今大会で、放送席もどよめく鮮やかな一打を披露しました。

 スタートから雨模様の第2ラウンド。天候の影響もあってか序盤からスコアを落とし、直前の8番でもボギーを叩いて迎えた9番。

 ここで嫌な流れを断ち切りたい菅沼は、うっぷんを晴らすかのように力強いスイングでティーショットを放ち、ボールは大きな弧を描いてグリーンに着弾。ドンピシャな距離感で、ピンそばにピタリとつける起死回生のスーパーショットとなりました。

 Xには「すぐさまバウンスバック! 菅沼菜々が9番で見事なティーショットからバーディーを獲得」とコメントが添えられた実際の映像がアップ。打球の行方を見守っていたアナウンサーも「おお〜ナイスショット! すごい!」と驚きを隠せない様子でした。

 また、解説者が「怒りの一打ですね」と評すると、「なるほど、8番でボギーを打ってしまった自分に対する…」と続けるアナウンサー。珍しくシリアスな表情を浮かべる菅沼を映したこの動画には、「菜々ちゃん雨の中お疲れさまです! 笑顔を忘れずに頑張って」「な〜ちゃんの笑顔は最強だからね!」などとファンから温かい声援も寄せられました。

 この日初めてのバーディーを奪った菅沼は前半を「39」で回り、通算2オーバーの暫定85位タイ。その後、競技は降雨によるコースコンディション不良のため11時7分から中断に入ったものの、回復が見込めず翌日への順延が決定しました。

 第2ラウンドは明朝7時の再開が予定されています。

菅沼 菜々(すがぬま・なな)

2000年2月10日生まれ、東京都出身。18年プロテスト合格。20-21年シーズンは賞金ランキング47位で初のシードを獲得。22年シーズンはメルセデス・ランキング8位と躍進。23年「NEC軽井沢72ゴルフ」では、神谷そらとのプレーオフを制して悲願の初優勝を挙げる。あいおいニッセイ同和損保所属。

【動画】「8番でボギーを打ってしまった自分に対する…」 菅沼菜々が放ったピンそばズドンの“怒りの一打” これが実際の映像です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

2日目の9番パー3でナイスショットを放った菅沼菜々 写真:Getty Images
1 2

最新記事